RONDEAU PRODUCTION新譜

4件中 1-4件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • J.S.バッハ:カンタータ集

    バッハはオラトリオと題する作品を3曲書きました。このBWV.11はその中の1曲で昇天祭のためのオラトリオであり「復活したイエスが弟子のもとに40日留まったのち昇天した」という説話に基づいています。作品自体はほとんどの曲が旧作からの転用で構成されていますが、明るさ漲る美しいオラトリオとして成立しています。BWV.37も同じく昇天節の音楽。BWV.34はバッハの最後のカンタータをされる曲ですが、こちらも1727年頃に書かれた『結婚カンタータ』からの転用とされています。
     この3曲を指揮するのはドイツのチェリスト、指揮者フェリックス・コッホ。バロック期の作品に新鮮な解釈を施す彼は、ドイツの古楽界でも注目されており、このバッハでもトランペットとティンパニの音色を際立たせる華麗な演奏を披露しています。(輸入元情報)

    【収録情報】
    J.S.バッハ:
    ● 昇天祭オラトリオ(カンタータ)『神をそのもろもろの国にて頌めよ』 BWV.11
    ● カンタータ『信じて洗礼を受けし者は』 BWV.37
    ● カンタータ『おお永遠の火、おお愛の源よ』 BWV.34


     ヤスミン・ヘルナー(ソプラノ)
     ユリエン・フレイムート(カウンターテナー)
     クリスティアン・ラートゲーバー(テノール)
     クリスティアン・ヴァグナー(バス)
     グーテンベルク室内合唱団
     ノイマイヤー・コンソート
     フェリックス・コッホ(指揮)

     録音時期:2016年4月27-29日
     録音場所:不詳
     録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

  • パシッティ&マイスナー:われらは物乞い

    1517年、マルティン・ルターはローマ教会に抗議してヴィッテンベルク市の教会、ヴィッテンベルクの城内に95ヶ条の論題を打ちつけました。これが宗教改革の始まりとされ、この行動はドイツ社会全体に大きな影響を与えました。2017年はルターが行動を起こしてから500年が経過、ヨーロッパではルターにまつわる多くの記念式典が開催されるとともに、新しい芸術作品も生まれました。このオラトリオもその一つです。
     パシッティはアルゼンチンの血をひくイタリアの現代作曲家ですが、この作品は、ルターの時代に合わせた中世の合唱をはじめ、イタリア・オペラの伝統を踏まえた歌など、バランスの良い作風による曲を組み合わせた耳になじみの良い仕上がりとなっています。この演奏のために素晴らしい歌手たちが集結。ルター役を名バリトン、トレーケルが歌う他、日本の尾崎佑里子さんも活躍しています。(輸入元情報)

    【収録情報】
    ダニエル・パシッティ&クリスティアン・マイスナー:
    ● 『われらは物乞い』〜2017年、マルティン・ルターによる宗教改革500年を記念して


    Disc1
    ・プロローグ
    ・第1曲:ルターの改革発見
    ・第2曲:真の福音のための戦い

    Disc2
    ・第3曲:ローマとの休憩
    ・第4曲:皇帝、帝国、法王の前でのルターの告白
    ・エピローグ

     ローマン・トレーケル(バリトン/ルター)
     尾崎 佑里子(ソプラノ)
     クリスティアン・ロンカリオ(ソプラノ)
     アルトゥ・カタヤ(バリトン)
     ドミニク・バルベリ(バス)
     レフォルメイションズユビロイムス(改革記念日)合唱団&児童合唱団
     ブランデンブルク州立管弦楽団
     ダニエル・パシッティ(指揮)

     録音時期:2017年6月28日
     録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
     録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

  • ヘムシ、アルベルト(1898-1975)

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,581
    会員価格 (税込)
    ¥2,028
    発売日
    2018年05月24日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,678

    ヘムシ:セファルディの民謡集 第1集

    2018年のアルベルト・ヘムシ生誕120年を記念して企画されたアルバム。ヘムシはトルコで生まれましたが、家族のルーツはセファルディでした。セファルディとは、15世紀にスペインがイスラム政権を滅ぼした際に、迫害を避け南欧諸国に移住したユダヤ人たちを示す言葉であり、ヘムシも幼い頃からシナゴーグ(ユダヤの教会)での祈りや、奏でられる音楽に興味を抱きました。音楽の勉強を始めてからは、一時期イタリアに留学しましたが、ユダヤの音楽を学ぶことはできませんでした。故郷に戻ってからはセファルディの民謡を採取、17年以上に渡って230以上の詩と歌を書き留めました。これらは全てメロディのみだったため、ヘムシは幻想的で雰囲気豊かなピアノの伴奏を追加し、作品として成立させました。このシリーズはセファルディ文化を保護するための重要な役割を果たします。(輸入元情報)

    【収録情報】
    ヘムシ:

    ● セファルディの民謡集 Op.7 (Rhodos / Rhodes, 1932)
    1. Yo tomi una muchacha
    2. Durme, durme hermosa donzella
    3. No pasech por la mi sala
    4. Dicho me avian dicho
    5. Mi sposica esta en el bano
    6. Ansi dize la nuestra novia

    ● セファルディの民謡集 Op.8 (Rhodos / Rhodes, 1932)
    7. Como la rosa en la guerta
    8. El rey por muncha madruga
    9. Tres hijas tiene el buen rey
    10. Ah, el novio no quere dienro
    11. Vengax en buen‘hora
    12. Estavase la mora en su bel estar

    ● セファルディの民謡集 Op.13 (Thessaloniki, 1932)
    13. Una hija tiene el rey
    14. Aquel conde y aquel conde
    15. Ya salio de la mar la galana
    16. Aquel rey de Francia
    17. Yo me alevanti un lunes
    18. Ya abaxa la novia

    ● セファルディの民謡集 Op.18 (Thessaloniki, 1932)
    19. Triste esta la infanta
    20. Estavase la galana
    21. Bendicho Su nombre
    22. Quien quiere tomar consejo
    23. Tanto fuites y venites
    24. Mercar vos quiero, la mi mujer

     アシャフ・レヴィチン(バリトン)
     ナーマン・ヴァグナー(ピアノ)

     録音時期:2017年10月9-12日
     録音場所:Groser Sendesaal of the Saarlandischer Rundfunk, Saarbrucken
     録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

  • Organ Classical

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,581
    会員価格 (税込)
    ¥2,028
    発売日
    2018年05月24日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,678

    フランスのオルガン・トランスクリプション集

    「オルガンでオーケストラ作品を演奏する」フランツ・リストをはじめとした様々な作曲家、演奏家が挑戦し続け、多くの成功例を生み出しています。フランスのオルガニストで作曲家でもある、マルセル・デュプレもその一人で、数多くのオーケストラ作品をオルガン用に編曲、原曲の持つ華やかさを余すことなくオルガンに移し替えています。ただし、リストが使用していた88鍵、3ペダルのオルガンでは、20世紀作品の複雑な音色を表現するのは難しかったため、デュプレが考案したのは4段鍵盤と17のペダルを持つ巨大な楽器でした。
     今回のトビアス・フランクが演奏したのは、ルクセンブルク・フィルハーモニーの「カール・シュッケ・オルガン」。2002年に設立されたこのオルガンも4段鍵盤と82ストップをもつ巨大な楽器で、作品が要求する多彩な響きが存分に楽しめます。(輸入元情報)

    【収録情報】
    1. J.S.バッハ:神よ、我ら汝に感謝す BWV.29よりシンフォニア(マルセル・デュプレによる編曲)
    2. J.S.バッハ:フルート・ソナタ BWV.1031よりシチリアーナ(ルイ・ヴィエルヌによる編曲)
    3. メンデルスゾーン:前奏曲 ロ長調 Op.35-6(デュプレによる編曲)
    4. デュカス:魔法使いの弟子(デュプレによる編曲)
    5. フォーレ:『ペレアスとメリザンド』より第2曲『糸を紡ぐ女』(ルイ・ロビヤールによる編曲)
    6. フォーレ:『ペレアスとメリザンド』より第3曲『シシリエンヌ』(ロビヤールによる編曲)
    7. ボロディン:中央アジアの草原にて(デュプレによる編曲)
    8. プロコフィエフ:『ロメオとジュリエット』より『モンターギュー家とキャピュレット家』(ジャン・ポール・ランベールによる編曲)
    9. ドビュッシー:アラベスク第1番(ジャン=レオン・ロケによる編曲)
    10. ドビュッシー:アラベスク第2番(ロケによる編曲)
    11. リスト:バッハのカンタータ『泣き、嘆き、憂い、おののき』の通奏低音による変奏曲(デュプレによる編曲)


     トビアス・フランク(オルガン/カール・シュッケ・オルガン)

     録音時期:2017年9月20,21日
     録音場所:ルクセンブルク・フィルハーモニー
     録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
     世界初録音(3-6,9,10)

チェックした商品をまとめて