シュパーニ/C.P.E.バッハ:鍵盤独奏曲全集 第36集


ご購入はこちら

名手グリンゴルツが完璧に再現したストラヴィンスキーの音世界

SACDハイブリッド盤。グリンゴルツによるストラヴィンスキーのヴァイオリン・アルバム第2弾。第1弾はストラヴィンスキーのオリジナルおよび彼自身の編曲を集めていましたが、第2弾はオーケストラを伴うものや、バレエ音楽からドゥシュキンと共作した『ディヴェルティメント』や『イタリア組曲』、ドゥシュキン編曲による『タンゴ』も収められた、まさに完全版。『ディヴェルティメント』はチャイコフスキー、『イタリア組曲』は伝ペルゴレージが原作ゆえ、旋律的な魅力にも不足はありません。
 ストラヴィンスキーは弦楽器を「あまりに人声を連想させる」として好まず、つややかに歌う要素を極力排除した独特の音世界を作っています。グリンゴルツの技巧でストラヴィンスキーが思い描いた音響を再現してくれます。(輸入元情報)

【収録情報】
ストラヴィンスキー:
1. パストラール(ヴァイオリンと4本の木管のための)
2. 「妖精の口づけ」〜バラード
3. イタリア組曲(全6曲)
4. ディヴェルティメント
5. 「ミューズを率いるアポロン」〜アポロンのヴァリアシオン
6. ヴァイオリン協奏曲ニ長調
7. 無伴奏ヴァイオリンのためのエレジー
8. タンゴ(ドゥシュキン編曲)


 イリヤ・グリンゴルツ(ヴァイオリン)
 ペーテル・ラウル(ピアノ:2-4,8)
 ディーマ・スロボデニュク指揮、ガリシア交響楽団(1,5,6)

 録音時期:2016年2月(2-4,8) 2017年4月(1,5,6)
 録音場所:イギリス、サフォーク、ポットン・ホール(2-4,8) スペイン、コルーニャ歌劇場(1,5,6)
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND
36件中 1-36件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて