朴 葵姫/『Harmonia - ハルモニア -』


ご購入はこちら


ギタリストが生み出すハーモニー
ギタリストによるギタリストのための新たな古典


クラシックギター界で群を抜く朴 葵姫(パク・キュヒ)によ約3年ぶりとなるフルアルバムは、ギタリストがギタリストのために書いた作品の小品を取り上げます。ギタリストだから書ける、ギターならではの音と響きとテクニック満載の珠玉の名曲達。今作のために、朴葵姫としては初となる委嘱作品を収録。新たなる古典の誕生を願って、朴 葵姫が尊敬するギタリスト:日本が世界に誇るジャズギター界のレジェンド渡辺香津美氏と、独自のプレイスタイルで唯一無二の存在感を放っている押尾コータロー氏が新曲を書き下ろします。押尾コータローはギタリストへの楽曲提供は初となります。

「Pegasus」天空を翔る天馬をイメージして〜渡辺香津美〜
「Harmonia」ギリシア神話の調和の女神。美しく輝き、心に響く楽曲になればと想いを込めて〜押尾コータロー〜(メーカー資料より)

【収録情報】
1. インヴィテイション〜組曲『夏の庭』より(セルジオ・アサド)
2. ハルモニア(押尾コータロー)
3. ヴァルス・アン・エンジェル(ローラン・ディアンス)
4. リバー・ベッド 〜スリー・リバー・モーメンツより(ケヴィン・カラハン)
5. アンダーカレンツ 〜スリー・リバー・モーメンツより(ケヴィン・カラハン)
6. ヴァルス・アン・スカイ(ローラン・ディアンス)
7. ヴァルセアーナ 〜ギターのための『アクアレル』より(セルジオ・アサド)
8. フォーコ 〜リブラ・ソナチネより第3楽章(ローラン・ディアンス)
9. フェアウェル  〜組曲『夏の庭』より(セルジオ・アサド)
10. サンバースト(アンドリュー・ヨーク)
11. ペガサス(渡辺香津美)
12. ララバイ(アンドリュー・ヨーク)

 委嘱作品(2,11)

 朴 葵姫(ギター)

 録音:2017年12月7-8日、TAGO STUDIO 2018年1月9日、アバコ・スタジオ
 多重録音(1)

【アーティストプロフィール】
1985年韓国仁川生まれ。3歳の時、横浜にてギターを始め、幼少の頃から数々のギターコンクールで入賞。2004年東京音楽大学に入学、05年同年小澤征爾指揮によるオペラ公演に参加。06年9月よりオーストリア・ウィーン国立音楽大学に留学。これまでに、荘村清志、福田進一、アルヴァロ・ピエッリの各氏に師事。05年韓国ギター音楽コンクール優勝、07年ドイツ・ハインツベルグ国際ギターコンクール第1位及び聴衆賞、08年ドイツ・コブレンツ国際ギターコンクール第2位(1位該当者なし)、ベルギー“ギターの春 2008”コンクール第1位(コンクール史上アジア人及び女性として初めて)、リヒテンシュタイン国際ギター・コンクール第1位、09年イタリア・アレッサンドリア国際ギターコンクール第2位及び特別賞(ヤングアーティスト賞)、スペイン・ルイス・ミラン 国際ギターコンクール第1位、10年バリオス国際ギターコンクール第1位、12年アルハンブラ国際ギターコンクール第1位及び聴衆賞など主要ギター・コンクールでの優勝・受賞が続く。
録音は、10年「Sueno スエーニョ〜夢」12年「Sonata Noir」(共にフォンテック)、12年「スペインの旅」、13年「最後のトレモロ」14年「サウダーヂ」(日本コロムビア)をリリース。いずれもクラシックギター界異例のヒットとなり、レコード芸術特選盤となっている。
12年カーネギーホール(ワイルホール)での米国デビューを果たす。
NHK「クラシック倶楽部」及びFMでリサイタルが放送されるなど、ギター界の次代を担う新星として注目と期待を集めている。現在、ヨーロッパ、日本、韓国などで演奏活動を行っており、会場中を惹きつける音楽性と、とりわけ美しいトレモロ奏法の技術の高さは各地で絶賛されている。15年には主要在京オーケストラとの共演も決定。(メーカー資料より)
8件中 1-8件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて