Capriccioレーベル

4件中 1-4件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • プッチーニ:『外套』
    ヨハン・ボータ、ヴォルフガンク・コッホ
    ベルトラン・ド・ビリー&ウィーン放送交響楽団


    1918年にメトロポリタン歌劇場で初演されたプッチーニの『三部作』。1幕物の歌劇を3作、一晩で連続して上演するという試みで作曲されましたが(一説にはワーグナーの『指環』をパロディー化するつもりだったとも)、各々のオペラには目立った共通項はなく、現在では単独、または他の作曲家の1幕物歌劇と併せてなど、様々な方法で上演されています。
     この冒頭を飾る『外套』は、荷物船の老船長が部下の若者を手にかけてしまうショッキングな物語。船長の妻を奪う若者を歌うのは2016年にこの世を去ったヨハン・ボータ。輝かしい歌声は全てのアンサンブルを牽引します。2010年までウィーン放送響の首席指揮者を務めたド・ビリーのバランスの取れた音作りも聴きどころです。(販売元情報)

    【収録情報】
    ● プッチーニ:歌劇『外套』全曲


     ルイージ:ヨハン・ボータ(テノール)
     ミケーレ:ヴォルフガンク・コッホ(バリトン)
     ラ・フルゴラ:ハイディ・ブルンナー(ソプラノ)
     ジョルジェッタ:エルザ・ヴァン・デン・ヘーヴァー(ソプラノ)
     イル・ティンカ/流しの歌手/恋人:チャールズ・リード(テノール)
     イル・タルパ:ヤヌシュ・モナルカ(バス)
     恋人:エリザベータ・マリン(ソプラノ)
     ウィーン・ジングアカデミー
     ウィーン放送交響楽団
     ベルトラン・ド・ビリー(指揮)

     録音時期:2010年5月20日
     録音場所:ウィーン、コンツェルトハウス
     録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

  • バッハ、C.P.E.(1714-1788)

    Ponta2倍 送料無料

    価格 (税込)
    ¥3,661
    会員価格 (税込)
    ¥2,736
    発売日
    2018年04月26日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,380

    C.P.E.バッハ:宗教的合唱曲集(5CD)

    2018年に没後230年の記念年を迎える、カール・フィリップ・エマヌエル・バッハの宗教的合唱曲集。J.S.バッハの次男として生まれ、父よりも名付け親テレマンの作曲様式を受け継ぎ、古典派音楽の基礎を築いた人物として知られています。偉大な父を終生尊敬した彼は、父が残したカンタータやオラトリオを更に発展させ、ハンブルクで活躍した時代から亡くなるまでの約20年間に、20曲の受難曲と約70曲のカンタータ、他、様々な合唱作品を書き上げました。
     この5枚組には最高傑作のひとつ『イエスの復活と昇天』をはじめとした選りすぐりの名作が、名手ヘルマン・マックスの演奏を中心に収録されています。全てピリオド・アプローチによる生き生きとした演奏です。(販売元情報)

    【収録情報】
    Disc1
    C.P.E.バッハ:
    ● クロプシュトックの詩による天地創造祭の朝の歌 Wp239 (1784)
    ● 「天は御神の栄光を語り」 Wq249 (1775)
    ● Anbetung dem Erbarmer Wq243 (1784)
    ● 「聖なるかな」 Wq217 (1776)

    Disc2
    ● H.P.ガジーの序論へのカンタータ Wq250 (1785)
    ● Wer ist so wurdig als du Wq222 (1774)
    ● 主よ、生きよ Wq251

    Disc3
    ● マニフィカト Wq215
    ● カンタータ「正しき人は、たとえかりそめに死んでも」 H818 (1774)

    Disc4-5
    ● オラトリオ「イエスの復活と昇天」 Wq240 (1777-78)
    ● 神は主を復活させたまいし Wq244 (1756)

     バルバラ・シュリック(ソプラノ)
     ヨハンナ・コズロヴスキ(ソプラノ)
     ヴィルフリート・ヨッヘンス(テノール)
     ゴットホルト・シュヴァルツ(バス)、他

     ドレスデン室内合唱団(Wq215)
     ラ・スタジオーネ・フランクフルト(Wq215)
     ミヒャエル・シュナイダー(指揮:Wq215)

     ライニッシェ・カントライ
     ダス・クライネ・コンツェルト
     ヘルマン・マックス(指揮)

     録音時期:1984-2000年
     録音場所:ケルン、WDR
     録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

  • フロンメル、ゲルハルト(1906-1984)

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,905
    会員価格 (税込)
    ¥2,116
    発売日
    2018年05月24日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,889

    フロンメル:交響曲第1番、交響的前奏曲

    1906年、カールスルーエで生まれたゲルハルト・フロンメル。一時期はシュトゥットガルトの大学で作曲科の教授を務めていたこともありますが、終生、調性を逸脱することなく後期ロマン派風の作風を変えることがなかったため、激しい時代の変遷についていくことが出来ず、政治的にもファシストと見做され、寂しく生涯を閉じた人です。
     この交響曲第1番は、ブルックナーやワーグナーの影響が顕著な後期ロマン派風の作品。1942年、フルトヴェングラーが指揮するウィーン・フィルハーモニーによって世界初演が行われています。(販売元情報)

    【収録情報】
    フロンメル:
    ● 交響曲第1番ホ長調 Op.13 (1938)
    ● 管弦楽のための交響的前奏曲 Op.23


     イェーナ・フィルハーモニー管弦楽団
     ユルゲン・ブルンス(指揮)

     録音時期:2017年5月16日
     録音場所:ドイツ、イェーナ、Volkshaus Jena
     録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

  • Premiere Portraits/フランツィスカ・リー

    若く才能ある演奏家の初アルバムをリリースするCapriccioレーベルのシリーズ「Premiere Portraits」。今作は韓国の若手、フランツィスカ・リーのリサイタル・アルバムです。ソウルで音楽を学び、大学では学年最高位を獲得、2011年にドイツ学術交流の奨学金を得てドイツに留学し、カールスルーエ音楽大学を卒業。世界中でコンサート活動を行う傍ら、後進の指導にも積極的に取り組んでいます。
     このアルバムでリーはフランスの近現代作品を演奏。流麗な旋律と重層な和声で知られるデュティユー[1916-2013]の『ピアノ・ソナタ』をはじめ、プーランク[1899-1963]、フランセ[1912-1997]と、名ピアニスト、ジャン=フィリップ・コラールの師として知られるピエール・サンカン[1916-2008]の各作品を繊細なタッチで表現しています。(販売元情報)

    【収録情報】
    ● デュティユー:ピアノ・ソナタ (1947-1948)
    ● プーランク:フランス組曲 FP80b (1935)(ブルゴーニュのブランル/パヴァーヌ/小さな軍隊行進曲/嘆き/シャンパーニュのブランル/シシリエンヌ/鐘)
    ● プーランク:メランコリー FP105 (1940)
    ● フランセ:ピアノ・ソナタ (1960)
    ● プーランク:ピアノのための組曲『ナポリ』 FP40 (1922-1925)(舟歌/夜想曲/イタリア奇想曲)
    ● サンカン:トッカータ


     フランツィスカ・リー(ピアノ)

     録音時期:2016年7月26,27日、2017年8月3日
     録音場所:Hochschle fur Musik Karlsruhe-Wolfgang-Rihm-Forum
     録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

チェックした商品をまとめて