TOP > Music CD・DVD > Classical > Mozart (1756-1791)

Mozart (1756-1791)

CD Complete Symphonies : Alessandro Arigoni / Orchestra Filarmonica Italiana (10CD)

Complete Symphonies : Alessandro Arigoni / Orchestra Filarmonica Italiana (10CD)

Customer Reviews

Do you want to write a review?

Write you own review

Showing 1 - 15 of 72 items

  • ★★★★☆ 

    せごびあ  |  愛知県  |  不明  |  11/February/2018

    あまり難しく考えず普通に演奏するとこうなるのだろう、ということがよくわかります。上等なアマチュアオケをプロ指揮者が指導するという企画にはうってつけの状態という感じです。よって何気なく聞く分にはなんら支障はありませんし、聴き終えても音楽による新しい感動体験による充足感が得られるわけでもありません。この演奏を聴いたのちに歴史的巨匠たちの演奏はもとより中堅どころの演奏を聴くなどすれば、なるほどよく語っているなぁとしっかり理解することが出来ます。ですからこの盤でモーツァルトを好きになった方が多いようですから、そういう方々はこれをきっかけに少々値段は上がりますが別の演奏を聴いてみると、よりいっそうモーツァルトを好きになることが出来るでしょう。まぁ、この値段でこの音質で交響曲全集が聴け、モーツァルトファンが増える一助になっているのですから十分でしょう。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    餡入り堂夏  |  兵庫県  |  不明  |  30/September/2017

    ゆったりと明るい。  今持っている全集は、マッケラスさんのもの。全体にテンポが速くてキビキビしているとも言えるが、曲によっては物足りない。もう少し余裕も欲しいと感じることがある。  このアリゴーニさんのは全体的にテンポはゆっくり。そこがいい。ピリオド楽器のように刺激的な音は少なく、ゆったりと聴ける。  音色の明るさも初期・中期のモーツァルトにはぴったりな感じがして嬉しい。弦の音が綺麗だなあと思う。  後期に関しては力不足なんて意見もあるかと思うけれど、後期の6大交響曲はすでに多くの名演を所持しているので私の場合問題はない。とは言っても、この値段だから甘くしているのでなく、聞いていれば十分に楽しめるし存在価値はある。  40番の第1楽章のゆっくり。とっても気に入った。何だろう、じんわりと染み込むような感じすらある。これにハマると他の演奏が聞けなくなるかもしれない。  現代楽器だからこその心地よさが詰まっている、おすすめの全集だ。

    1 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    伊豆のクラシック&鉄道マニア  |  静岡県  |  不明  |  31/May/2017

    当方、モーツァルト交響曲全集を9種所有しておりますが当該セットは最も聴く頻度の高い全集であり、安価な割りには珠玉のボックスでした。癒し系で満たされます。

    1 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    ぴあの好き  |  京都府  |  不明  |  02/November/2016

    色々と厳しい意見もあるようですが、私は積極的な評価します。弦はよく歌い、管は良く鳴り、ディパにィーも小気味よく、また音響もよく、テンポもせかせかせず、こんなモーツアルトがあっても良いではありませんか。

    3 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★☆☆☆ 

    トニーさん  |  三重県  |  不明  |  04/October/2014

    う〜ん、初期の曲はなんとか聴けますが、後期になるにつれてオケのショボさが前面に出てきて苦痛になってきます。 特に30番台後半からの曲が、指揮者の勉強不足なのか、対位法の処理がすこぶるまずいというか、何を聴かせたいのかが伝わってこないのが残念。

    3 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★☆ 

    新録  |  神奈川県  |  不明  |  31/August/2010

    小編成モダン・オケによる演奏ながら、ベーム盤もびっくりなスローなテンポ感が逆に新鮮でした。    皆さんが言う通り、確かにアンサンブルや弦の精度などは下手っくそで、こんなCDは珍しいのではないでしょうか(笑)  録音も、DDDとはなっていまずがちょっとイマイチ。  やはり「安かろう」のクオリティであることは否めません。     しかし、初期の曲などを手軽に聴くにはいい全集だと思います。初めに書いたように、個性的ですし。初期の曲に対して、こんなアプローチをしているものはそうそう無いのでは?  モーツァルトの成長や充実の軌跡を楽しむことが出来、満足でした。

    4 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★☆☆ 

    京都のタケさん  |  京都府  |  不明  |  28/July/2010

    再投稿ですw え〜と、いろんな聴き方があるのは、いいと思うのですが、やはり、この全集の位置づけは知ってもらいたいと思い、書きました。 演奏レベルで言うと、今、流通しているモーツァルト全集の中では、最下位に近いのは間違いありません。 わかる人が聞けば、アンサンブルヤワヤワだし、小編成だから何とかなってる印象ですw 聴きやすい演奏と、たいしたことない演奏とは違うことだけは、知っておいてください。 いい演奏だと、もっと、深い感動や、発見があります。 ただ、このCDで、初期交響曲などが、たくさんの人に楽しんでもらえるってことは、すばらしいと思います^^

    2 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★☆ 

    moritan  |  愛知県  |  不明  |  28/June/2010

    これぞモーツァルトという感じです。 ○○のモーツァルトという、指揮者・オーケストラによって異なる、きらびやかな演奏ではなく、作曲家・演奏家としてのモーツァルトが演奏したのはこんな感じではなかったか、と感じさせるさわやかな演奏です。 作曲家の指示に従った編成で行っているまじめさを感じさせます。 今、CPーAudioに取り組んでいるので、HardーDiskに取り込んでゆったりした気分でモーツアルトを楽しんでいます。

    3 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    バックロードホーン  |  新潟県  |  不明  |  01/May/2010

    イタリアの美的感性のすばらしさが分かります。勢いだけの演奏でなく、音の響かせ方や旋律の対話がすばらしい大人の演奏で、絶妙なバランスから生じるモーツアルトの世界が無限に広がっています。若い演奏家に聞いてもらいたいです。

    6 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    goodone  |  群馬県  |  不明  |  18/February/2010

    何せ、安いのでダメ元で買いました。 唯一、知っている、10枚目の最後に入ってるJUPITERから聴いて見ました。 交響曲=大編成のイメージとは違う演奏でした、「おゃ!やはり!三流の演奏か」と最初は思ったのですが、少し聴いて入るうちに、心地よい気分に、なって来るではないですか、1枚目から掛け直して聴いてしまいました。 経費削減の為に小編成にしたのではなく、音適に目的を持って録音された 様に思えます。 JAZZ狂の私としては、ビッグバンドも良いがコンボも良いね、といった感じです。 パソコンに取り込んで、一日中、ジュークボックスの様に、家の中に流しています。 62才にしてクラシック元年に成りそうです。 それにしてもMOZARTは、すごいです、250年経っても人の心を掴む、 天才とは彼の為に有ると、つく々思いました。 MOZARTに感謝です。 最後に、絶対買い得、買うべきです、一家に1BOX!! HMV様、こんなに安く有難う、感謝の一筆です。

    5 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

     |  福岡県  |  不明  |  07/November/2009

    「この曲は、このような演奏じゃないと・・・」といった、決まりはないと思う。確かに、現代の演奏からすると、遅いかもしれない。しかし、当時の人が聴けば、現代の演奏は、速すぎると感じるかもしれないのだから。様々な演奏があるから、クラッシックは楽しいし、また、飽きない。この演奏は、まるで、ディヴェルティメントやセレナードを聴いている感じすらする。ディンパニや管楽器が鳴って、はじめて「交響曲だ」と意識する。当時、宮廷・サロンでは、このような演奏だったのかもしれない、と思ってしまう。小春日和の午後、紅茶を飲みながら・・・。

    13 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    SH  |  九州  |  不明  |  01/March/2009

    ほんわかとした和めるモーツァルト。弦がふくよか。みなさんいわれるようなイタリア感もあるのか。心地よさがあります。

    5 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★☆ 

    mayu  |  大阪  |  不明  |  24/August/2008

    確かに全体的にスローテンポで軽快さは余り無いし、小編成ゆえ重厚であるべき所がもの足りないが、食事中に流すと何とも言えないゆったり感が有り、そういう使い方をすれば非常に価値が有る。 普段、流しっぱなしにするも良し。 録音も弦の伸びがとても良く気持ち良い。 音楽と真剣に向き合って聴きたい方にはダメでしょう。 他の版を選ぶべき。 しかし全集がこんな価格で買えるのだから、1度買って「こういう演奏もある」と認識するのもお勧めしたい。

    3 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    ぴょんすけ  |  Japan  |  不明  |  12/July/2008

    このセットの印象を例えるなら、夏の夕方、近くの公園で開催されるファミリーコンサート。芝生の上に家族みんなで寝転がりながら流れる音楽に酔いそうになっていると、イタリアからの招待オケだとか。颯爽としたアリゴーニ指揮の風を感じるような屈託の無い、誰でも受け入れられる演奏に子供からおじいちゃんおばあちゃんまでみんな笑顔!。楽章ごとに拍手が起きる。あ〜楽し。版とかリピートとか細かい問題を気にしてると絶対に楽しめないよね。

    4 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★☆ 

    レエル  |  不明  |  14/June/2008

    演奏は脆弱な体躯で細部描写を欠き、全体が霧で包まれているようだが、オケが奏でる限られた空間としての屋内を、広大な自然との接点として抽象的に捉えれた演奏と受け入れれば、演奏をより味わい深いものにしてくれる。コンポジションとしての極めつけは38?40番にトドメを刺す、アーノンクールやノリントンのそれとは対局にあるが、外見は平明平淡さを装いながら、その奥に深い精神性や実証性が伺える。

    2 people agree with this review

    Agree with this review

Showing 1 - 15 of 72 items