TOP > Music CD・DVD > Classical > Wagner (1813-1883)

Wagner (1813-1883)

CD "Tannhauser : Konwitschny / Staatskapelle Berlin, Hopf, Grummer, F-Dieskau, Frick, Schech, Wunderlich, etc (1960 Stereo)(3CD)"

"Tannhauser : Konwitschny / Staatskapelle Berlin, Hopf, Grummer, F-Dieskau, Frick, Schech, Wunderlich, etc (1960 Stereo)(3CD)"

Customer Reviews

Do you want to write a review?

Write you own review

Showing 1 - 9 of 9 items

  • ★★★★☆ 

    カラスの息子  |  島根県  |  不明  |  09/October/2015

    遥か昔、大学時代より聴き続けてきた演奏。現代のスマートな音づくりに慣れた耳には、なんとも懐かしい低音の充実した響き。職人気質のコンヴィチュニーの指揮は、同時期に録音されたローエングリンを指揮したケンペとは対照的に、劇場で積み上げられてきたものだと感じる。この演奏の素晴らしさも、一抹の物足りなさもそこにあると思う。歌手についても、新しいスタイルと古いスタイルが混然となり、ローエングリンの充実ぶりを想うと一長一短と思う。グリュンマー、ディースカウ、ヴンダーリッヒ、フリックは新しい時代のスタイルであり、ホップやシェッヒには時代遅れの古めかしさをどうしても感じてしまう。ローエングリンのように、ジェス・トーマスかヴィントガッセン、ルードヴィッヒが使えなったものか。ただいずれにしても今は得るべくもない、ドイツの古き良き時代の記録として、これからも聴き続けていくことだろう。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★☆ 

    Sagittarius  |  神奈川県  |  不明  |  11/September/2015

    ベルリン‣ドイツ国立歌劇場 (Deutsche Staatsoper Berlin) の1960年、ベルリンの壁が作られる前で、東西の歌手が入り乱れての録音。中ではフィッシャー=ディースカウの若々しく伸びと深みのある歌唱が群を抜いて素晴らしい。端役ではあるが若きフリッツ・ヴンダーリッヒがヴァルター・フォン・デア・フォーゲルヴァイデを素晴らしい声で歌っていて重唱の中でも耳を引く。グリュンマーのエリーザベトは手堅い。ハンス・ホップのタンホイザーは評価が分かれるところだろう。美声ではないし、あまり聞き易い声でもない。年を取ったタンホイザーのように聞こえる。しかし、その渋い声は逆に悩める男、タンホイザーのある面を表現するのに有利に働いているかも知れない。マリアンネ・シェヒも美声ではないし、聞き易くなく、しばしば批判されてきたが、歌唱の内容自体は手堅く、役をこなしていて存在感もある。 この録音の素晴らしさの一角は合唱のすばらしさだと思う(テノール約1名が突出して聞こえてしまう箇所があるのはご愛嬌だが…)。オーケストラは、弦に問題があり、当時のベルリンが置かれた政治的不安定さの影響を受け、メンバーにかなり出入りがあったようで、コンヴィチュニーの指揮の下であっても音の厚みやアンサンブルの面で問題なしとはしない。一方、管楽器では未だ名手を保持していたようで、例えば1幕の第3場の狩のホルンの合奏の厚みがあり勇壮で抜けの良い響きは、この時代のホルン‣パートがベルリン・フィルを凌駕するレベルにあった事を示唆している。 スタジオ録音なので、うまくいった実演のような白熱の盛り上がりはないが、タンホイザーと言うオペラをじっくり聞く為の良い音源であると言える。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    ワグネリアン中級  |  東京都  |  不明  |  21/January/2014

    ベルリン州立歌劇場の古き良き時代の貴重な遺産。なんとも言えないしぶい響きが素晴らしさを際立たせる。

    1 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    ぽっちゃま  |  東京都  |  不明  |  11/May/2013

    こんな素晴らしい演奏が(録音も)あるとは知らなかった。現在の指揮者のタンホイザーは、何枚となく購入して聞いているが、これまでのは何だったの?というくらい感動しました。このような充実した演奏を生で聞いてみたいが、今は役者がそろわないか。

    6 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★☆ 

    フォアグラ  |  愛知県  |  不明  |  17/April/2013

    歌手についてはこれがベスト盤。グリュンマーのエリーザベト、フィッシャー= ディースカウのウォルフラムは本当に素晴らしい。ホップのタイトルロールも悪くない。問題はコンヴィチュニーの指揮と独唱歌手をクローズアップした録音。第2幕大詰めは独唱、オケ、合唱が一体となって大きなクライマックスを迎える。ソニーから出たセル盤では古い録音にもかかわらず圧倒的な感動を与えてくれるのに対し、当盤ではコンヴィチュニーの悠然としすぎた音楽運びと、オケ、合唱が奥に追いやられるために盛り上がりがもうひとつ。

    1 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    和愚音裡庵主人  |  西宮市  |  不明  |  13/December/2008

    今では考えられない、オール・ドイツ・キャストの名録音。私の愛聴の全曲です。マエストロのしっかりとした表現力が、文字通り純ドイツ風の音楽を実感させてくれます。ハンス・ポップフのタイトル・ロールも結構なものですし、F=ディースカウはバイロイトでも持ち役だったもの。じっくりと楽しむワーグナーは、かくあるべし、と今なお思います。

    1 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    マーコロリン  |  所沢  |  不明  |  09/August/2008

    いいや、コンヴィチュニーの指揮は威厳と力量感に満ちている。  重々しいところばかりでなくと軽やかなリズムも生き生きとしている。歌劇場でばっちり鍛えてきた人の指揮はやはり安定感が違うし、しかも ルーティンな職人仕事に陥っておらず、この指揮者ならではのいぶし銀の輝きがある。  それにしても、タイトルロールをヴンダーリッヒとしているひとがいるのは何故?

    1 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    rosenkavalier aus sachsen  |  岡山市  |  不明  |  26/December/2007

    オケの音色、コンヴィチュニーの指揮、声楽陣、すべて最高。この演奏を超えるのは至難の業。特にグリュンマー、ヴンダーリヒ、フィディがいい!一度聴いてみられたら。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    hide0812  |  横浜  |  不明  |  28/July/2007

    グリュンマーのエルザ、ヴンダーリッヒのタンホイザー、シェッヒのヴェーヌスそしてディースカウの「夕星の歌」、これ以上なにを望みましょう!

    0 people agree with this review

    Agree with this review

Showing 1 - 9 of 9 items