TOP > Music CD・DVD > Classical > Mozart (1756-1791)

Mozart (1756-1791)

CD "Le Nozze di Figaro : Fricsay / Berlin Radio Symphony Orchestra, Capecchi, Seefried, F-Dieskau, Stader, etc (1960 Stereo)(3CD)"

"Le Nozze di Figaro : Fricsay / Berlin Radio Symphony Orchestra, Capecchi, Seefried, F-Dieskau, Stader, etc (1960 Stereo)(3CD)"

Customer Reviews

  • ★★★★★ 
  • ★★★★☆ 
    (0 posts)
  • ★★★☆☆ 
    (0 posts)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 posts)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 posts)

Do you want to write a review?

Write you own review

Showing 1 - 6 of 6 items

  • ★★★★★ 

    座頭  |  兵庫県  |  不明  |  06/March/2017

    以前からフリッチャイのファンでしたが、これは衝撃の名盤です。ベームやクレンペラーと比べても別次元。推進力、繊細さ、コミカルさ、色気、全て文句無し。録音も良質。是非、聴いてください

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    47arie  |  神奈川県  |  不明  |  07/January/2014

    ヘルタ・テッパーのケルビーノが聴きたくて購入しました。評論家のUKさん、MMさん等からは少年のようではないと不評でしたが、私は名唱だと思います。テッパーは何を聴いても上手いし本当に癒されます。今は以前と比較し、探せば色々テッパーの歌声が聴けるCDも手に入るようになってきたので嬉しい限りです。Fディースカウ、シュターダー、ゼーフリートと素晴らしい歌手揃いで、フリッチャイは歌手の選択眼が特に優れていたと思います。

    2 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    燕の巣  |  静岡県  |  不明  |  19/October/2013

    イエス・キリスト教会はカラヤンやベームなどがBPOと70年代半ばまで頻繁に録音で使った場所で有名。その教会が醸しだす豊かな響きが美しい。オケと歌手が一体となった気品に溢れた演奏が本当に素晴らしい。歌詞は付属してないが、別のCDのPDFファイルの伊英対訳で鑑賞。164分間、歌詞とスピーカーに目と耳が釘付け、まさに至福の時を得た。映像全盛の時代、これほど吸引力と魅力に溢れた全曲盤は稀。 rやrrの巻き舌の発音もクリアに聞こえ、rとlの発音の違いが容易に判るほど音質がリアルで、半世紀以上前の録音とは思えない。声楽を学んでる方にも格好の教材だが、それ以上に万人にお薦め出来る名盤。こんな素晴らしい録音が、長らく廃盤だったとは!

    4 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    エステ荘の噴水  |  岩手県  |  不明  |  20/March/2013

    私も投稿している『ドン・ジョバンニ』のレビューに「こちらも復活すべき」と載っていたこともあり今回の再発売盤を早速購入。この録音を聴いたのは初めてだが、大いに感激。小生ベーム等のウィーン風の“穏やかで楽しい”フィガロが体に染み付いており、今更趣味は変えられない。しかしフリッチャイの“劇的でスリリングな”フィガロに完全にKOされてしまった。ガーディナーやクイケンには“耳と頭”が納得した。一方フリッチャイには“感性と心”が共感してしまったのかも。ちなみに、アーノンクールは未だに理解できず。

    4 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    あおば  |  神奈川県  |  不明  |  24/February/2013

    高校生の時、初めて聴いたフィガロがこれ。廉価版のヘリオドール・レーベルの、緑色のボックスに入った3枚物でした。当時のレコード評では、カペッキのフィガロが悪乗り、テッパーのケルビーノにトキメキを感じないと言われていましたが、この2人を除いては好評をもって迎えられていたと記憶しています。今回約30年ぶりに聴きましたが、カペッキ以外の歌手もスタジオ録音とは思えないほど自由に活き活きと歌っているのが印象的。この当時の録音としては歌とオケのバランスが自然なのも好ましいです。全体にライブのような感興に溢れた、素晴らしいフィガロだと思います。特に私の大好きなシュターダ―の伯爵夫人! この人らしい清楚だけど、どこかコケティッシュな色気も感じさせる歌が絶品。ディースカウの伯爵も9年後のベーム盤より声に若々しい艶があって好色家の伯爵にピッタリ。期待以上に嬉しい”再会”でした。

    7 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    けむんぱす  |  茨城県  |  不明  |  28/January/2013

    待望の復活、喜ばしい限りです。シュターダーの伯爵夫人、ぜーフリートのスザンナの素晴らしさはもちろん、私はテッパーの「少年」ケルビーノについ聴き入ってしまいます。J.S.バッハやモーツァルトの宗教曲での数々の名唱、また、バルトークやストラヴィンスキーをも含む様々なオペラでの歌唱と、テッパーの多彩さ、奥深さは底知れぬほどでは。フリッチャイの引き締まった音楽もまたしかり。かくて永年愛聴しています。

    5 people agree with this review

    Agree with this review

Showing 1 - 6 of 6 items