Miles Davis

CD Kind Of Blue

Kind Of Blue

Customer Reviews

Do you want to write a review?

Write you own review

Showing 1 - 15 of 48 items

  • ★★★★★ 

    nk  |  東京都  |  不明  |  19/November/2017

    このアルバムで特筆すべきことは、全体を通して感じられる「静寂感」である。初めから終わりまで静かなムードが漂っているのである。落ち着いた演奏であると言っても良い。この静寂感はそれまでのマイルスの録音ではほとんど感じられなかった稀有のものだ。とにかく速いテンポの曲がない。また、チェンバースのベースソロがないこともこのアルバムの特徴の一つであると言える。あのコルトレーンですらも「やりすぎ感」は全く感じられず、いい意味での最小限のソロを美しく展開していると言える。ビル・エヴァンスのピアノが他の奏者の演奏を上手くフォローしており、静寂感を醸し出す一役を担っていることも見逃せない。ジミー・コブのドラムスも極めてストイックで落ち着き感がある。こういった過去に見られなかった、ジャズにおいては極めて珍しい静寂感が聴く者にこのアルバムを神格化させたと言っても過言ではないと思う。1958年の「マイルストーンズ」の1曲目のドクター・ジャックルは速いテンポの曲であり、チェンバースのベースソロもあり、コルトレーンとアダレイのソロが交差する場面も見られ、良い意味での派手さが持ち味の曲で、ちょっと悪く言えば落ちつきがないようにも感じられる。タイトル曲のマイルストーンズも速いテンポである。後年にリリースされた「サムディ・マイ・プリンス・ウィル・カム」においても、プフランシングやテオは速めのテンポであり、いずれのアルバムも「カインド・オブ・ブルー」とは一線を画していると言える。ボーナストラックに別テイクの素晴らしい「フラメンコ・スケッチ」が加えられたことを私は素直に喜びたい。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    jey  |  埼玉県  |  不明  |  31/December/2014

    どう考えても名盤中の名盤です。ジャズベストファイブでこれを外すことが出来るでしょうか???ジャズに関心を持った方是非迷わずこれを聞いてください

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    あおQ  |  福岡県  |  不明  |  08/October/2012

    完全な構築美、ただただその美しさに圧倒される。全音楽ファン必携。聴く時と場所を選ばない文句なしの名盤です。

    3 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    t-bowie.walker  |  東京都  |  不明  |  27/August/2012

    本作の評価について「菊地成孔」氏のジャズ講座での言を要約すると、「あらゆる意味で怪物的」「いまだに全世界で年間40万枚以上売れ続けているとされる、セール的に最も高い作品」「近い将来にはモダンジャズの代名詞となるだろう」「夜の都会の音楽の究極の形」「モードジャズへの変革を実現」「無重力または夢、浮遊した感覚に基づくクールな透明感」「マイルス美学の極点」ということになる…。まだ本作を知らない方は、急いで体験した方がいい。でなければ、JAZZに関わることを即刻、止めるべきだよ(断言)。

    3 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    AHA  |  福岡県  |  不明  |  09/September/2010

    共演者は、キャノンボールアダレイ、コルトレーン、ポールチェンバース、 ジミーコブ、ビルエバンス、ウイントンケリーです。(アルバム購入?を迷ったら共演者で選べとどこかで見た記憶があります)これだけのメンバーです。これ以上の説明は不要かと思われます。とにかく良いです。特にキャノンボールとコルトレーンとの共演作は少なく、私も最初に聴いたのがこのアルバムです。数回あるいは数十回聴くと初めての人も良さがわかるのでは。ジャズというよりポピュラーですかね、範疇的には。

    2 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★☆ 

    Gグリーン  |  福岡県  |  不明  |  27/August/2010

    名盤で、入門書にも推薦・必聴の一枚とされています。ただし、初心者には向き不向きがあります。コントロールされ(過ぎ)ていて、いわゆるSwing感がないので、退屈に感じる人もいるでしょう。バップを経由して、フリー、フュージョンに至る流れの中でのマイルストーンとして聞きたいかな。

    2 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    KSS  |  新潟県  |  不明  |  04/August/2010

    LP→CD→sbmCD→シングルレイヤーSACD→ブルースペックCDと購入し、今回180g2枚組LP(すでに完売らしい)を購入。これが最高です。 盤色もダークブルーでムード満点です。音質はマスターテープ起因の テープ複写(曲間に次曲の頭が若干聞こえる)があるが アナログの自然な音色が十分楽しめます。オリジナルLPは聞いたことがありませんが学生時代に買ったLPが聞きつくしノイズたっぷり状態なので、この音質で 聴けることが驚きと感動です。 曲についての説明は’今さら・・・’ですネ。

    2 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    雲谷斎  |  埼玉県  |  不明  |  15/May/2010

     昼はクラッシック、夜更けにちょっとだけジャズでスコッチをあおっているじいちゃんなれど、これは正真凄い演奏だわ!それをこともあろうか、NOTというイギリスのレーベル(2CD335)で2枚組592円でせしめてしまった。ごめん!安いけれど、音質は最高(ステレオ)。これ以上買い得なCDがあるとは思えない。世の中すごいことになっているものだ!演奏にも価格にも感服した!

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    teke  |  福岡県  |  不明  |  15/January/2010

    ジャズ界における「究極のアルバム」といわれている。何故ならモードを初めて完成させたからとか。専門的なことはわからないが、素晴らしいことに間違いはない。当時Jazzでは敬遠されていた白人(Bill Evans)を起用したMilesの度量の広さが成功へと導いた作品。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    まあ名盤だけど  |  不明  |  25/December/2008

    ビルエヴァンスは、マイルスにいわれ、曲のスケッチを持ってきた。それをマイルスが指示し、いらないと思う点を削ぎ落としていった。のちのインアサイレントと同じ。エヴァンスが作者であるが、再構築したのはマイルス。まあ…マイルスはこのアルバムを失敗作とし、sowhatしか認めていないのは有名です。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    ますたー  |  川崎市  |  不明  |  02/December/2008

    またですか、、、(^^; Blu-spec CDがSHM-CDと比べてどうなのか?聴いてみなければわかりませんが、最高の音を求めるなら、迷わずSACDを買えば済むのですがね、、、SACDが思ったより普及しないから、苦肉の策で、、、としか思えません。SACDハイブリッド盤の意味は??? DSD録音でない旧作品の高音質化には、マスターテープをそのまま使えるから良いのでしょうが、ソニーのマイルス作品についてはDSD化が済んでるはずでは?ソニーはもっとSACD普及に本腰をいれるべきではないでしょうか。 評価は内容に対してです。

    2 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    koss  |  yokohama  |  不明  |  30/September/2008

    ジャズでもSACDをと、まずこの名盤購入。・・・ジャズこそSACDで聴きたい!素晴らしい

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    Yoshi  |  大阪府 豊中市  |  不明  |  03/August/2008

    最近知りましたが、ブルーイングリーンやフラメンコ・スケッチスの原型はBill Evansのアルバム『Everybody digs Bill Evans』のPeace PieceやSome Other Timeだった。たまたまそのアルバム持っていたので聴いてみるとびっくりでした!やはり、Bill Evansは偉大なアーティストだった。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★☆ 

    きゅうきゅう  |  東京  |  不明  |  20/May/2008

    このSACD5.1マルチCHはひとつだけ欠点がある。ベースの所在が右前から右後ろに向かって伸びてしまっている。後ろから聴こえるところもある。その他の定位、音の明快さはSACDらしさが◎なので、大変残念。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    Yoshi  |  シンガポール  |  不明  |  30/October/2007

    どんなジャンルにもそれぞれ大名盤が存在し、大名盤はジャンルを超えるとも言われますが、このアルバムも正にジャンルを超えた大名盤ではないでしょうか?特に好きな曲は、ブルー・イン・グリーンとフラメンコ・スケッチスです。聞き終わった後は大感動が待ってます。極上のアルバムとは、このようなアルバムのことを言うのでしょうね。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

Showing 1 - 15 of 48 items