CD Import

Tormato

Yes

Masterpiece

User Review :3.5
★
★
★
★
☆

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
8122.73794
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
CD
Other
:
Studio Recording, Remaster,Import
Credit
:

Chris Squire(Bass),  Chris Squire(Piano),  Chris Squire(Vocals),  Steve Howe(Guitar),  Steve Howe(Guitar (Acoustic)),  Steve Howe(Guitar (Electric)),  Steve Howe(Vocals),  Rick Wakeman(Organ (Hammond)),  Steve Howe(Mandolin),  Rick Wakeman(Harpsichord),  Chris Squire(Bass Pedals),  Rick Wakeman(Polymoog),  Andrew Pryce Jackman(Arranger),  Bill Inglot(Producer),  Brian Lane(Producer),  Geoff Young(Engineer),  Nigel Luby(Engineer),  Rick Wakeman(Arranger),  Yes(Arranger),  Yes(Producer),  Adam Clayton(Composer),  Alan White(Composer),  Andrew Pryce Jackman(Orchestra),  Bill Inglot(Remastering),  Bono (U2)(Composer),  Bono(Composer),  Brett Anderson(Composer),  Brian Kehew(Mixing),  Brian Lane(Executive Producer),  Chris Squire(Composer),  Chris Squire(Group Member),  Dan Hersch(Remastering),  Glenn A. Baker(Photography),  Greg Allen(Art Direction),  Greg Allen(Design),  Hipgnosis(Cover Design),  Hipgnosis(Photography),  Jon Anderson(Composer),  Larry Mullen Jr(Composer),  Neil Zlozower(Photography),  Nikki Squire(Composer),  Rick Wakeman(Composer),  Rick Wakeman(Group Member),  Steve Howe(Composer),  Steve Howe(Group Member),  Edge(Composer),  The Edge(Composer),  Tim Jones(Liner Notes),  April Milek(Project Assistant),  Cory Frye(Editorial Supervision),  Ginger Dettman(Project Assistant),  Karen LeBlanc(Project Assistant),  Leigh Hall(Project Assistant),  Pete Schwier(Assistant),  Peter Woolliscroft(Assistant),  Tim Scanlin(Project Assistant),  David McLees(Reissue Supervisor),  Marc Salata(Product Manager),  Steve Woolard(Reissue Supervisor)

Product Description

The '70s model of Yes recorded Tomato in a morale slump and an impending haze of drink. There are some decent tunes, and Don't Kill the Whale was their last successful single for years; the soaring Onward helps redeem some of the weaker material, like Arriving UFO and Circus of Heaven. Of special interest is the pounding On the Silent Wings of Freedom, which pushes Chris Squire and Alan White to the front of the mix, establishing the kind of aggressive and straightforward rhythms that would propel the band through the '80s. Bass freaks, take note: this tune also marks one of the few appearances of the Dipthong pedal, accounting for Squire's distinctive bow bow bow sound. ~ Paul Collins, Rovi

Track List   

  • 01. Future Times - (A)
  • 02. Rejoice - (B)
  • 03. Don't Kill The Whale
  • 04. Madrigal
  • 05. "Release, Release"
  • 06. Arriving U.F.O.
  • 07. Circus Of Heaven
  • 08. Onward

ボーナス・トラック

  • 09. On The Silent Wings Of Freedom
  • 10. Abilene
  • 11. Money
  • 12. Picasso - (Previously Unreleased)
  • 13. Some Are Born - (Previously Unreleased)
  • 14. You Can Be Saved - (Previously Unreleased)
  • 15. High - (Previously Unreleased)
  • 16. "Days - (Previously Unreleased, Demo)"
  • 17. Countryside - (Previously Unreleased)

シークレット・トラック

  • 18. "Everybody's Song - (Previously Unreleased, Early Demo Of ""Does It Really Happen"")"

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
8
★
★
★
☆
☆
 
4
★
★
☆
☆
☆
 
5
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
☆
イエスファンというほどではない私ですが、...

投稿日:2013/02/01 (金)

イエスファンというほどではない私ですが、この作品はイエスの中で唯一発表当初から聞き続けているアルバムです。”危機”や”こわれもの”は良く出来た作品で、いわゆる傑作として畏敬の念を抱きますが、何十年も聞くことはありません。”90125”も同様です。 本作は軽くてぐにゃぐにゃな作りで、発表当初こそ「やっちゃた」感がありましたが、今振り返ると他のアルバムと違った魅力を持っていることに気付きます。 インスト中心の曲は、先の読めない展開やスピード感を持ち、どこまでも飛翔していくような伸びやかなサウンドで、解放感に溢れています。 マドリガル、UFOの到来、天国のサーカス、オンワード等のポップな曲は、少し子供じみてますが、童心に帰れる楽しい曲です。 特筆すべきは、アルバムを通してメロディーのいい曲が揃っていること。イエスの中では、”危機”と本作が一番ではないでしょうか(ビッグ・ジェネレータ以降のアルバムは殆ど知りませんが…)。 いくら超絶テクを駆使しても、結局メロディーが良くなければ長く聞き続けることはできません。 私のイエスに対するイメージは、”あまり杓子定規に考えずに自由に音楽を楽しんでいるバンド”というイメージです。 このアルバムもその印象通りの作品で、これもまたイエスと思います。 実際、コンサートで見たイエスは、気取らないおじさん達でした。

マジェンタレーン さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
78年、更に意欲的に取り組んだと思われる...

投稿日:2012/01/21 (土)

78年、更に意欲的に取り組んだと思われるプログレッシブな作品。ホワイトは水を得た魚のようなプレイでスクワイア共々とても良いコンビネーションプレイだ、その土台に3人のプレイが駆けまわる楽曲群は躍動感も加味され、テンションの高いまとまりのある聴きやすい内容に仕上がっている。傑作アルバムだと思う。9曲目からのボーナストラックはファンとしては嬉しいが、あくまでも本作と切り離して聞くべき。イエスの作品群の中で本作と「リレイヤー」が好きな人なら恐らくジェントルジャイアントも気に入ってるはずだと思う。

ごっちん さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
イエス結成10週年記念アルバム。以前音楽...

投稿日:2011/05/14 (土)

イエス結成10週年記念アルバム。以前音楽誌でイエスの事を「音楽と言うオモチャ箱を小さな子供がひっくり返したような愛らしさ」と評してる人がいた。それならこのトーマトは正にイエスらしいアルバムかも知れない。久々にチェンバロ登場のM3、アコとエレキ2種類のマンドリンを使い分けたM6、宇宙人の声ギターとダウンピッキングベースのM5、オーケストラと共演したM7。本当に音楽のオモチャ箱。特にクリスはハーモナイザーやオートワウをエフエクトしたベースを弾いててオモチャ感も倍増。楽しいアルバムです。

yesxyz さん | 奈良県 | 不明

2

Introduction Individuals/organizations

Individuals/organizations Page

Yes

Far and away the longest lasting and the most successful of the '70s progressive rock groups, Yes proved to be one of the lingering success stories from that musical genre. The band, founded in 1968, overcame a generational shift in its audience and the departure of its most visible members at key points in its history to reach the end of the century as the definitive progressive rock band. Where

See More Detailed Profile

Yes Items / Tickets Information

  • Yes Papersleeve Reissue Press To celebrate Yes coming to Japan, Limited Manufacture Papersleeve & SHM-CD will be reissued! ローチケHMV|2012/03/08

Similar Individuals/organizations

Recommend Items