CD Import

Parsifal : Georg Solti / Vienna Philharmonic, F-Dieskau, Hotter, Frick, Kollo, Ludwig, Kelemen, etc (1971-72 Stereo)(4CD)(+blu-ray Audio)

Wagner (1813-1883)

User Review :4.5
★
★
★
★
★
(3)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
4832510
Number of Discs
:
4
Label
:
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description

伝説のショルティ/ワーグナー:オペラ録音
豪華な配役で味わうスリリングな感動体験


CD4枚組+ブルーレイ・オーディオ・ディスク、豪華ハードカバー、詳細なオペラ解説書付き。クンドリにクリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)、パルジファルにルネ・コロ(テノール)、アンフォルタスにディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)、花の乙女たちにルチア・ポップ(ソプラノ)、キリ・テ・カナワ(ソプラノ)が起用されるという豪華な配役です。

「粒ぞろいの配役がここでの強みである。ルートヴィヒはしっかりと温かくクンドリを歌い、声の誇張に頼ることなく、すべての苦しみの感情、敵に対して爆発させる激しい感情を自らのものにしている・・・フィッシャー=ディースカウは期待通り、アンフォルタスの激しく苦悩する魂と心を表現している」〜『グラモフォン』誌、1986年〜
「ショルティの歌手陣はほとんど力強くではなく、彼らの一人ひとりは細部に丁寧に光を当てて、言葉を強調する。そして、複雑な音のバランスは特に「聖金曜日の音楽」で美しくとらえられている」〜『ペンギン・ガイド(クラシック音楽)』〜

●豪華オリジナル・ハードカバー仕様。
●ブックレット、あらすじ付き(英語・ドイツ語・フランス語)。
●CD+ハイフィデリティ・ピュア・オーディオ・ブルーレイ・ディスク、24ビット・オーディオのオペラ全曲盤。
●元デッカ・エンジニアのパスカル・バーンによるオリジナル・アナログ音源からの96kHz/24bitオーディオ・リマスタリング。(輸入元情報)

【収録情報】
● ワーグナー:『パルジファル』全曲


 パルジファル/ルネ・コロ(テノール)
 クンドリ/クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)
 アンフォルタス/ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
 グルネマンツ/ゴットロープ・フリック(バス)
 グリングゾル/ゾルターン・ケレメン(バス)
 ティトゥレル/ハンス・ホッター(バス)
 第1の聖杯騎士/ロバート・ティアー(テノール)
 第2の聖杯騎士/ヘルベルト・ラクナー(バス)
 第1の小姓/ロートラウト・ハンスマン(ソプラノ)
 第2の小姓/マルガ・シムル(コントラルト)
 第3の小姓/ハインツ・ツェドニック(テノール)
 第4の小姓/エーヴァルト・アイヒベルガー(バリトン)
 アルト独唱/ビルギット・フィンニラ(アルト)
(花の乙女たち)
 ルチア・ポップ、アリソン・ハーゲン、アン・ハウエルズ、キリ・テ・カナワ(ソプラノ)
 ジリアン・ナイト、マルガリータ・リローヴァ(メゾ・ソプラノ)
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 サー・ゲオルグ・ショルティ(指揮)

 録音時期:1971年12月〜1972年6月
 録音場所:ウィーン、ゾフィエンザール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
『パルジファル』という作品はワーグナーの...

投稿日:2017/12/15 (金)

『パルジファル』という作品はワーグナーの芸術の総決算であることがよくわかった。 歌詞がなくとも、音楽を聴いているだけで、なんとなくどういう場面なのか人物の関係性が想像できる。 ワーグナー入門には実はこの『パルジファル』が一番いいのかもしれない。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

1
★
★
★
★
★
私が初めて聴いた「パルジファル」がこの演...

投稿日:2010/03/25 (木)

私が初めて聴いた「パルジファル」がこの演奏でした。 LP時代です。それから何十年が経ったでしょうか、このCDを購入して聴きました。 そして驚きました、その水準の高さに〜。 グルネマンツのフリックさん、クリングゾールのケレメンさん、クンドリーのルートヴィヒさん、そしてパルジファルのルネ・コロさん、いずれも素晴らしいですよ。 それに、豪華なのは、花の乙女たちです。2幕でルチア・ポップさんとキリ・テ・カナワさんの歌声が聞こえてくると、ゾクッとします。 今でも十分に決定盤の1つではないでしょうか〜。

Emmanuel Kent さん | 大阪府 | 不明

7
★
★
★
★
☆
全体的には、すばらしい演奏と思います。特...

投稿日:2007/12/26 (水)

全体的には、すばらしい演奏と思います。特に、フリック、ルードヴィヒ、ホッターなど素晴らしいですね。コロの歌唱は未だに好きになれないが、他の歌手の素晴らしさからすれば些細な事。WPの音色もGUTです。

rosenkavalier aus sachsen さん | 岡山市 | 不明

1

Recommend Items