Vaughan Williams (1872-1958)
New Items Available

Vaughan Williams (1872-1958)

Vaughan Williams (1872-1958) | Free delivery on orders over 2,500 Yen on "l-tike HMV" (within Japan)! l-tike HMV is a world class entertainment website which provides CD, DVD, Blu-ray, Games and Goods, Books, Comics and Magazines. Ponta Point available for both sites! Special campaigns and limited novelty with multiple payment & delivery options for our customer’s satisfaction!

Vaughan Williams (1872-1958) Profile

Ralph Vaughan Williams (1872-1958) was a central figure in the renaissance of English music that occurred in the first part of the 20th century. Using long, smooth lines and modal tonalities derived from folk sources, he deftly fashioned a unique style in the post-Romantic vein. At the core of his output are his nine symphonies and other orchestral compositions, such as his Fantasia on a theme of ...

Tickets Information of Vaughan Williams (1872-1958)

No Tickets available of Vaughan Williams (1872-1958) for now. Add Vaughan Williams (1872-1958) into
Favorites
and we will send the latest information.

Masterpiece/Best sellers of Vaughan Williams (1872-1958)

Product List of Vaughan Williams (1872-1958)

Product List

Narrow the Items

Search products of Vaughan Williams (1872-1958) with format.

Showing 1 - 10 of 207 items

See All Items

Related Items to Vaughan Williams (1872-1958)

Vaughan Williams (1872-1958) Customer Reviews

171Reviews

Read all customer reviews (171)

  • ヴォーン・ウィリアムズ傑作誕生の決定的瞬間を作曲か...

    Posted Date:2016/04/26

    ヴォーン・ウィリアムズ傑作誕生の決定的瞬間を作曲から百年を経て漸く迎えた 交響管弦楽として傑出した作品であることを証明した演奏がこれだ バロックヴァイオリニストの雄マンゼが指揮台に立った意味がここにあった 何しろ音楽表現の振り幅が大きい 遠近深浅の間隔が広い ロンドン交響曲がこれほど豊かに鳴り響いたことはない これはバロック奏法が生かされていることと無縁ではない 弦は極力ヴィブラートを控えている すると音に力感が出て伸びやかに響く マンゼはロンドンの風景や情景を雄弁にそして微細に描写したのではない 音構成の構造物として交響曲を展開した結果 RVWが感得し心傾けた”ロンドン”が自ずと姿を現した それは愛すべき都市であり人間そのものだった そしてベートーヴェンの「第8」に匹敵する傑作第8交響曲も決して添え物ではない見事な演奏を聴かせるマンゼの次回作が待ち遠しい 衷心より推薦する   

    風信子 . |60year

    0
  • イギリス民謡大好き、シベリウスに焦がれ、田園作曲家...

    Posted Date:2015/09/13

    イギリス民謡大好き、シベリウスに焦がれ、田園作曲家と目されていたヴォーン・ウイリアムズ。が、従軍経験もある、交響曲4番は作風の転機となった作品。不穏で厳しい音が響き出す。2次大戦中に書かれた6番につながる。「ドナ・ノビス・パーチェム」は、”我らに平和を与え給え”のラテン語。  聖書、詩人、演説で使われた言葉、庶民の手紙などを歌にしているオラトリオ。さしずめ、ジョン・レノン、ヨーコ・オノの、「Give Peace A Chance」の、20世紀前半のクラシック版、と、言ったら言い過ぎかな。ブリテンの「War Requiem」程、深刻でなく抒情的、希望がある。最後に祈りを込めて穏やかな「揚げひばり」。  スパーノは、2015年のセイジ・オザワ・松本フェスティヴァルでも指揮を小澤さんと分かち合ったアメリカの俊英。演奏もアメリカからの視点が覗える処があるが、RVWのこの3作品を並べて発表してくれた意気、企画力や良し。合唱も鍛えられてます。  音楽が、愛と平和、苦悩や悲しみ、生や自然の喜びや不思議と感謝、美しさ、現実の醜さ、葛藤、憤り、夢と希望、人間の独自性を表わさなかったら、何になる?

    sunny .

    0
  • 発注後「入手困難」の回答が続いて何ヶ月も待たされた...

    Posted Date:2015/10/15

    発注後「入手困難」の回答が続いて何ヶ月も待たされたのでハレ管弦楽団のオフィスに直注したら安価で送ってくれた。この交響曲の鎮魂曲としての性格を明瞭に打ち出した名演。終楽章の歌詞の無いソプラノボイスは通常かすかに遠くから聞こえてくる趣きで歌われるが、このサラの歌唱は夕暮れの空いっぱいに悼みと祈りを響かせて胸をうたれる。

    doghkikuo . |60year

    1

You have already voted

Thankyou.

%%message%%