UNISON SQUARE GARDEN
Tickets Available New Items Available

UNISON SQUARE GARDEN

UNISON SQUARE GARDEN | Free delivery on orders over 2,500 Yen on "l-tike HMV" (within Japan)! l-tike HMV is a world class entertainment website which provides CD, DVD, Blu-ray, Games and Goods, Books, Comics and Magazines. Ponta Point available for both sites! Special campaigns and limited novelty with multiple payment & delivery options for our customer’s satisfaction!

UNISON SQUARE GARDEN Profile

Tickets Information of UNISON SQUARE GARDEN

All Tickets Lists

Masterpiece/Best sellers of UNISON SQUARE GARDEN

Product List of UNISON SQUARE GARDEN

Product List

Narrow the Items

Search products of UNISON SQUARE GARDEN with format.

  • All(0)

Showing 1 - 10 of 27 items

See All Items

Related Items to UNISON SQUARE GARDEN

UNISON SQUARE GARDEN Customer Reviews

10Reviews

Read all customer reviews (10)

  • アルバム「Populus Populus」以降、それぞれどこか突...

    Posted Date:2016/07/10

    アルバム「Populus Populus」以降、それぞれどこか突き抜けたアルバムを作ってきた。 そんな彼らの6枚目のアルバム「Dr.Izzy」では解剖が大きなテーマになっている。 ユニゾンには一体どんな要素が存在していたのか、それが一曲一曲解剖されていくことで、改めて気づかされることになる。 まずはライブを彷彿とさせる曲と曲の繋がりだ。 彼らのアルバムはとにかく最初3曲の繋がりが凄まじいのだが、今回もそれは健在。 混沌とした雰囲気を漂わせる「エアリアルエイリアン」のいつもと違う雰囲気に耳を傾けていると、次第に流れてくる耳に馴染むメロディがアルバムの始まりを予感させ、「アトラクションがはじまる(they call it ”No.6”)」のキャッチーさで一気に高まったテンションは、「シュガーソングとビターステップ」で早くも頂点に到達する。 そしてここからはユニゾンが魅せる音楽の表現力を楽しませてくれる。 「マイノリティ・リポート(darling, I love you)」のどことなく歌謡曲のようなドラマチックな展開で新鮮に聞かせたかと思えば、「オトノバ中間試験」のユニゾンらしさ全開のキャッチーさで魅せつつ、「マジョリティ・リポート(darling, I love you)」では往年の名曲のタイトルと自分たちのバンド名を並べて自虐的に歌う詩が耳から離れなくなる。 スカのようなリズムで聴かせる「BUSTER DICE MISERY」のクセになるメロディ展開がたまらないと思っていると、「パンデミックサドンデス」の一聴しただけで耳に残るキャッチーさに惹きこまれ、「8月、昼中の流れ星と飛行機雲」の優しいメロディがひと時の癒しを与えてくれる。 その落ち着いた気持ちを「フライデイノベルズ」の軽快なテンポが再度高め、「mix juiceのいうとおり」のお洒落でワクワクするような展開が包み込むような余韻を残しつつ、「Cheap Cheap Endroll」が強烈なインパクトを最後の最後に残していく。 ここまで聴いて改めて振り返ってみると、ユニゾンって本当に面白いバンドだなと思う。 らしさに固定概念を設けることなく次々と攻めてきているのに、どれもユニゾンの良さであることが自然とわかってしまう。 円熟味を帯びた演奏、表現力を増した歌声、遊び心ある歌詞、そして自信。 それらが高度に絡み合うことで生まれた名盤だ。

    micarosu . |30year

    4
  • その名曲ぶりに、驚かずにはいられない。 聴き始め...

    Posted Date:2015/06/03

    その名曲ぶりに、驚かずにはいられない。 聴き始めた瞬間から踊りだしたくなるだけでなくリズムに、優雅でおしゃれなサウンドが作る音空間。 これだけでもずっと聴いていたいくらいだが、キャッチーなメロディに甘くて苦い人生を楽しくも力強く想いを込めたメッセージを乗せ、高揚感たっぷりに歌い上げる斉藤さんの歌声を聴いたら、そこには忘れられない音楽の姿が広がっていることだろう。 彼らがこれだけおしゃれな楽曲を出すことに驚く人もいるかもしれないが、アルバムではこういった楽曲は時々あった。 だが、この楽曲はそれらを遥かに凌駕する、UNISON SQUARE GARDEN至上最高におしゃれで、最高に踊れる名曲。 この音楽の魅力に身をゆだねてみてほしい。

    micarosu . |30year

    5
  • アルバムを聴いてまず思ったのは、”おかえり”という...

    Posted Date:2014/09/07

    アルバムを聴いてまず思ったのは、”おかえり”という言葉だった。 「Populus Populus」、「CIDER ROAD」とポップさが前面に出たアルバムが続いていたが、今回はそれよりも前の彼らの音に近い。 その音というのは、余計な音が少なく、ギター、ベース、ドラムという彼ら3人の音で構成されているということだ。 でも以前よりも圧倒的に音が洗練されていて、この音だけでも最高と言える。 そして3人の音で構成されているということは、同時にライブ感が前面に出ているということでもある。 そのライブ感はアルバムの始まりから全開だ。 「サイレンスインザスパイ」の攻撃的なサウンドで一気に惹きこんだかと思えば、間髪いれずに「シューゲイザースピーカー」、「桜のあと(all quartets lead to the?)」と畳みかけ、聴き手の心をキャッチして離さない。 その後も彼ららしいキャッチーなメロディはそのままに、時にハードに時に軽快なロックで攻め立てる。 中でも「天国と地獄」の変則的で攻撃的なメロディとサウンドには度肝を抜かれた。 「harmonized finale」という繊細な曲の後ということで印象が強いのもあるが、この変則的なメロディの上にロックとキャッチーさを絶妙なラインで乗せるなんてことは簡単にはできない。 作詞作曲の田淵さんのセンスはもちろんだけど、それを可能にした演奏と歌声も素晴らしいの一言だ。 こんな強烈な一曲をアルバム後半に潜ませているわけだから、アルバムを聴き進めるのが本当に楽しく、最後の「黄昏インザスパイ」まで一気に聴いてしまっている。 そして、聴き終えたときの満足感は過去最高と言っていい。 それこそ一本のライブを全力で見終わった感覚に近いかもしれない。 それくらい密度の濃いアルバム。 彼らの進化は留まることを知らない。

    micarosu . |20year

    4

You have already voted

Thankyou.

%%message%%