CD Import

Enoch Arden, Lieder Transcriptions by Walter Gieseking : Gerhard Oppitz(P)Dietrich Fischer-Dieskau(Narr)

Strauss, Richard (1864-1949)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
HC16048
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description

オピッツの真骨頂。
リヒャルト・シュトラウスの決定盤登場!


リヒャルト・シュトラウスの歌曲で演奏者がフィッシャー=ディースカウ、といっても歌っていないという贅沢なディスク。ここに収められたリヒャルト・シュトラウスの5つの歌曲は大ピアニストのギーゼキングがピアノ独奏用に編曲したもので、オピッツがひとりで演じています。ギーゼキングの編曲はピアニスティックで美しいものの、『セレナード』以外はほとんど演奏されないので、全5曲のオピッツによる録音が現れたのは大歓迎と申せましょう。オピッツは歌心満点な美演を繰り広げます。
 フィッシャー=ディースカウは『イノック・アーデン』で朗読を務めています。テニスンの詩の独訳による朗読とピアノのための50分に及ぶ大作。フィッシャー=ディースカウは2003年にケーリングと同曲をDGに録音していますが、やはりオピッツはピアニストとしての格が違います。リヒャルト・シュトラウスならではの描写をオーケストラ的な表現力で再現。フィッシャー=ディースカウも若々しい美声と役者ぶりが魅力です。(販売元情報)

【収録情報】
リヒャルト・シュトラウス:
1. セレナード Op.17-2(ギーゼキング編)
2. 帰郷 Op.15-5(ギーゼキング編)
3. 懐かしい幻影 Op.48-1(ギーゼキング編)
4. 冬の霊感 Op.48-4(ギーゼキング編)
5. 悪天候 Op.69-5(ギーゼキング編)
6. イノック・アーデン Op.38


 ゲルハルト・オピッツ(ピアノ)
 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(朗読:6)

 録音時期:1993年12月28日
 録音場所:ケルン、WDRザール1
 録音方式:ステレオ(セッション)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Introduction Individuals/organizations

Individuals/organizations Page

Strauss, Richard (1864-1949)

Richard Strauss (1864-1949) was one of the major composers and conductors of the first half of the 20th century. Although his early operas Salome and Elektra incorporated elements of modernism, his aesthetic and musical language were essentially lyrical and post-Romantic, and remained so until the end of his life. Over his long and productive career he primarily worked in large orchestral forms su

See More Detailed Profile

Instrumental Music Items / Tickets Information

  • Badura-Skoda / Schubert: Sonata No. 21 (3 Performances) Even at a very advanced age, the great pianist Paul Badura-Skoda is always good for a surprise: His new CD recording with GENUIN is perhaps one of the most unusual recordings, one of the most daring tonal experiments seen in recent years. ローチケHMV|2013/01/18
  • Valentina Lisitsa / Live at the Royal Albert Hall Born in Kiev, Ukraine, Valentina began playing the piano at the age of three and performed her first solo recital just one year later. ローチケHMV|2012/06/29

Recommend Items