SACD Import

"Lieder : F-Dieskau(Br)G.Moore, K.Engel(P)(4SACD Hybrid)"

Schubert (1797-1828)
User Review :5.0
★
★
★
★
★
(1)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
9559692
Number of Discs
:
4
Format
:
SACD
Other
:
Limited, Hybrid Disc,Import

Product Description

EMI Signature Series
シューベルト:歌曲集
フィッシャー=ディースカウ


膨大なレパートリーを持ち、そのすべてを徹底的に解釈し尽くし、完璧な発声で克明に歌いあげたフィッシャー=ディースカウは、ドイツ歌曲史上に巨大な足跡を残した歌い手として有名な存在。精力的におこなわれたリサイタルのほか、大量のレコーディングも残しており、さらに声楽大作やオペラ、古楽でも大活躍し、一時は指揮までおこなっていたというのですから、その才能はまさに偉大というほかありません。
 今回登場する4枚組のSACDボックス・セットには、フィッシャー=ディースカウが1950年代後半にEMIで制作したシューベルトのオリジナル・アルバムが4枚収録されています。当時のフィッシャー=ディースカウは30代の若さで、声も艶やかな美声でしたが、それを最新のリマスターを経たSACDサウンドで味わえるのがこのお買得セットです。(HMV)

【収録情報】
Disc1
1. さすらい人の月に寄せる歌 D.870
2. ヴィルデマン山地を超えて D.884
3. 孤独な男 D.800
4. 消滅 D.807
5. 十字軍 D.932
6. 墓掘人の郷愁 D.842
7. はなだいこん D.752
8. 白鳥の歌 D.957〜『春のあこがれ』
9. ひめごと D.719
10. やすみない愛 D.138
11. 白鳥の歌 D.957〜『愛の便り』
12. 夕映えの中で D.799
13. 白鳥の歌 D.957〜『別れ』

Disc2
1. 無限なるものに D.291
2. 星 D.939
3. 音楽に寄す D.547
4. 憂い D.772
5. 白鳥の歌 D.957〜『戦士の予感』
6. 小人 D.771
7. さすらい人 D.489
8. 春の思い D.686
9. 白鳥の歌 D.957〜『鳩の便り』
10. シルヴィアに D.891
11. 春に D.882
12. ブルックの丘にて D.853

Disc3
1. 宴府から来た群れ D.583
2. シラーの一節 「ギリシャの神々」 D.677
3. 期待 D.159
4. あこがれ D.52
5. 海に潜る若者 D.77

Disc4
1. 白鳥の歌 D.957〜『セレナード』
2. アリンデ D.907
3. 恋人のそばに D.162
4. ノルマンの歌 D.846
5. 白鳥の歌 D.957〜『遠い国で』
6. 白鳥の歌 D.957〜『わが家』
7. 捕らわれの狩人の歌 D.843
8. 老年の歌 D.778
9. 魔王 D.328
10. 夜の曲 D.672

 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ:Disc1,2,4)
 カール・エンゲル(ピアノ:Disc3)

 録音時期:1955年5月(Disc1)、1957年9月(Disc2)、1959年1月(Disc3)、1958年5月(Disc4)
 録音方式:モノラル(Disc1,2,4)、ステレオ(Disc3)、セッション
 SACD Hybrid
 2011年最新リマスター音源

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
フィッシャー=ディースカウの若々しい声が...

投稿日:2012/04/11 (水)

フィッシャー=ディースカウの若々しい声が艶やかに深々と響く。ピアノの音がやや後方に下がっているが、モノラルのハンデを全く感じさせないいい録音・マスタリングだ。しかも4枚組で国内盤1枚より安いという超お買い得盤。対訳はいらない人は取りあえず買っておくべし。

むろ さん | 東京都 | 不明

10

Introduction Individuals/organizations

Individuals/organizations Page

Schubert (1797-1828)

Austrian composer Franz Schubert (1797-1828) embodied the popular conception of the Romantic artist, single-mindedly devoted to his art, laboring in poverty and relative obscurity, whose genius was acknowledged only after his early death. Schubert's music is notable for its emotional depth, memorable melodies, and his profound sensitivity to the texts he set. He was exceptionally prolific during h

See More Detailed Profile

Choral and Vocal Items / Tickets Information

  • Schwanewilms / Strauss: Four Last Songs Soon after their first performance in 1950, within months of the composer's death, Richard Strauss's Four Last Songs became one of his most enduringly popular works. ローチケHMV|2012/06/22
  • Damrau / Schubertiade 2006 German Edition. It seems that no rung is too high on Diana Damrau‘s career ladder: after being made a Bavarian Kammersangerin... ローチケHMV|2008/01/29

Recommend Items