New Items Available

Soundtrack

Soundtrack | Free delivery on orders over 2,500 Yen on "l-tike HMV" (within Japan)! l-tike HMV is a world class entertainment website which provides CD, DVD, Blu-ray, Games and Goods, Books, Comics and Magazines. Ponta Point available for both sites! Special campaigns and limited novelty with multiple payment & delivery options for our customer’s satisfaction!

  • Top
  • Profile
  • Ticket
  • Product
  • News
  • Items / Tickets Information
  • Video
  • Review

Tickets Information of Soundtrack

No Tickets available of Soundtrack for now. Add Soundtrack into and we will send the latest information.

Masterpiece/Best sellers of Soundtrack

Product List of Soundtrack

Product List

Narrow the Items

Search products of Soundtrack with format.

Showing 1 - 10 of 9189 items

See All Items

Related Items to Soundtrack

Soundtrack Customer Reviews

944Reviews

Read all customer reviews (944)

  • ’83年発表。元ヒカシューの鍵盤奏者、井上誠のソロで、東宝特撮...

    Posted Date:2014/11/30

    ’83年発表。元ヒカシューの鍵盤奏者、井上誠のソロで、東宝特撮映画の主題曲をシンセサイザー化したもの。第1作がヒットし、『ゴジラ伝説U』(84年)、『ゴジラ伝説V』(84年)の、計3作が作られ、今回のリイシューにあたり、『ゴジラ伝説W』(14年)が加えられた。ヒカシュー一のプログレ博士だった井上誠だが、元々ハマったきっかけというのも、『ゴジラ』の伊福部昭の主題曲に魅せられ、まだレコードが存在しなかった伊福部サウンドを求めてさまよっていたところ、キング・クリムゾン『クリムゾン・キングの宮殿』で共通する世界観に出会ったのが発端だったというから、筋金入りの東宝音楽ファン。ヒカシュー『うわさの人類』収録の「小人のハンス」、「ト・アイスクロン」などの変拍子ですでに傾倒が窺えた伊福部サウンドを、自らがシンセサイズしたトリビュート盤。もともとの企画は、ヒカシューがデビュー時に演奏していた『モスラ』の挿入歌のカバー(「モスラ組曲」)の企画が東芝でお流れになったのを、キングで採用されたというのが顛末だった。本作では伊福部サウンドの特徴であるコトラバスの重厚感をシンセで見事に表現しているが、それがシンセくさい音になっていないのは、冨田勲ばりに手間のかかる音の重ねによる、井上誠の精進の賜物。東宝の協力による、イミュレーターによる怪獣の鳴き声もご愛敬。シリーズを通して、ヒカシューの面々、立花ハジメ、上野耕路らがゲスト参加している。戸川純が歌う「モスラの歌」が圧巻だ。

    madman . |40year

    1
  •  映画のサウンドトラック盤としてリリースされたヒッ...

    Posted Date:2014/01/16

     映画のサウンドトラック盤としてリリースされたヒット曲中心のコンピレーションですが、当時、最大のトピックはタイトル曲が Steely Dan の新譜であったことでした。怪物アルバム『彩』のセッションの流れで作られた楽曲ということで、そのクオリティの高さは楽にK点を超えていて、この曲のシングル盤だけでお腹いっぱい、といった感じでした。  映画のそのものの評価は置いといて、決して甘くも緩くもない、かといって地味過ぎることもない、薬味の効いた玄人好みの選曲が素晴らしくて、AT40とMORが大好きな自分にとっては、痒いところに手の届く、愛すべきオムニバス盤なのです。何といっても、Billy Joel の「素顔のままで」や Boz Scaggs の「Lido Shuffle」に交じって Tom Petty & The Heartbreakers の「Breakdown」が流れてくる音楽専門のFM局というコンセプトがいいですね。  波の数だけ抱きしめながら、何となくクリスタルなミニFM局のAORセレクションもいいのですが、都市の匂いのする硬派でスノッブなFMステーションの渋めのセット・リストもいいものです。  余談ですが、Jリーグの横浜Fマリノスの表記が”横浜FM”というのに過敏に反応してしまうのは、自分だけでしょうか…?

    ねずみ . |50year

    0
  • 祝!1983年映画公開から、ちょうど30周年! ”上...

    Posted Date:2013/09/18

    祝!1983年映画公開から、ちょうど30周年! ”上映30th記念”リリースということではなかったが、偶然?とはいえ 諦めかけていた先の、まさかの29年ぶりの再発売! 東芝EMI最初期コンパクトディスクのレーベルデザインとアートワーク (特に背表紙の赤・黄・緑配色)がほぼ使用され懐かしい。 もしも再発されるとしたら角川事務所サイド主導で行われると思っていただけに意外であり、であれば商業的見地から、再発は難しいだろうと思っていた。 初夏に発売を知り、今夏はそれをにわかに愉しみにしていた。 1984年にCD初版発売(品番CA35-1036)で、購入を後回しにしていたらいつのまにか廃盤になってしまった。 以後再販されず、高価な中古品を入手するしかありませんでしたので、なおのこと嬉しい限り。 当時購入したのはLP「探偵物語・オリジナルサウンド シナリオ」(クリアブルーWAX)でBGM全編の上にまさに台詞が被っていた。 30年ぶりにと針を下ろすとリマスター映像ソフトでの台詞よりも別音源のような高音質あったのは意外だった、余談ですが。 そんな訳で「愛のテーマ」「OH! BOY」を台詞なしフルバージョン高音質で聴く念願が叶いました。 今聴くと、秋川リサ「そうよMambo」が彼女のちょこっと気だるい感じを楽曲に活かされとても心地よい。 「愛のテーマ」はピアノの余韻が当時多感な頃に聴いて印象的で心に刻まれた。。 音質に関しては、リマスターとの記載はありません。元盤CA35-1036を所有してないので憶測ですが、 発売当時の東芝EMI最初期CDは、他レーベルも同様の傾向だった低レベルカッティング(音量)と 平板で硬めの音質であった音とは別物で、単なる焼き直しではなかった。無論、比較自体に無理があるが。 ノイズ感がなく明瞭な音であり、新たに処理が施された現代の音源と思います。 主題歌「探偵物語」を当CDと、小鐵徹氏リマスターのベスト「歌物語」の同曲を比較試聴したところ、 どちらも高音質化されているなかで、サントラ音源は特に誇張感のないアナログ的な鳴り方であり好印象でした。 この永遠の〜シリーズの別タイトルの一部は再々販されてきた為かディスク刻印のマトリクスNo.には旧品番で併記されている。 当シリーズは帯記載にある本来の規格品番、ジャケットに旧品番、ディスクには旧々品番刻印と 1枚に3重品番記載となっているのはご愛嬌。 ※因みに、同時上映「時をかける少女(初版)」サントラ盤は別会社ポニー・キャニオンであり   「永遠のサントラ999」での今回の発売にはありません。 「GOLDEN☆BEST」シリーズ同様に、各社共同にて埋もれたサントラ銘盤たちをパッケージメディアが現行品であるうち、 続々とリリースして頂きたいです。出すなら、まさに「今でしょ!」 レーベル各社に期待します! 自分にとっては正に、青春の一頁の一枚です。

    健志 . |40year

    0

You have already voted

Thankyou.

%%message%%