SHM-CD

Exile On Main Street (Papersleeve)

Rolling Stones

User Review :5.0
★
★
★
★
★

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
UICY94572
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
SHM-CD
Other
:
Limited (First Edition), Paper Sleeve, Remaster

Product Description

「ダイスをころがせ」「ハッピー」「ロックス・オフ」他、ストーンズ特有のルーズでアーシーなフィーリングが絶妙の度合いで発揮されたRSレーベル第2弾。2枚組LPとして発表された当時の“ラフで散漫”との評価から一転、現在ではストーンズ最高傑作との評価が確立されている。1972年5月12日発表。英国1位、米国1位

● 米国制作2010年リマスター音源
● 英国初回盤LPを再現した特殊見開き紙ジャケット仕様(インナースリーヴ×2+ポストカード×12+シリアル・ナンバー入りレーベル・カード封入)
● 日本初回盤LPの意匠を再現した巻き帯付属
● 解説・歌詞・対訳付

Track List   

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
82
★
★
★
★
☆
 
7
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
ルーツとしてのR&Bに敬意を払いつつ、「ベ...

投稿日:2017/09/18 (月)

ルーツとしてのR&Bに敬意を払いつつ、「ベガーズ・バンケット」の頃から彼らは音楽にとても独自なアプローチをするようになったと思います。その完成形がこのアルバム。ストーンズの「型」が定着したと思っています。彼らの演奏は技術を聞かせようとか、スマートになろうとか全く考えていません。どちらかと言えば演奏者のエゴを否定し、声と演奏の積み上げを塊のように組織して「ノリ」をつくりだす手法です。いわゆるポピュラー音楽の洗練とも無縁で、武骨で野蛮なまま、がちゃがちゃっとした感触を聴かせる音楽です。 アレンジがまた独特というか、ノリが生まれるまでピアノだろうがサックスだろうがぶつけられるだけぶつけてきます。(だからミック・テイラーは耐えられなかったとも考えられます。)どう聴いてもスタジオ・ライブに聴こえるこのアルバム。制作過程はメンバー個々の演奏を積み上げ積み上げしていったようで、つくづく不思議な音づくりをする人たちです。 1.Rocks Off から5.Tumbling Dice あたりまでが、その魔術的ノリにユーザーを惹き入れる部分です。わたしが好きなのが12.Ventilator Blues からの流れ。ほとんどワンフレーズの繰り返しだけの曲が盛り上がること盛り上がること。そして14.Let It Loose 、17.Shine A Light と疲労感あるバラードを重ねてきます。がちゃがちゃっとした感触が整理されて、美しさを感じさせるのがこの部分です。ミック・テイラーのギターはここで活きてくるんですね。いっしょに滅びていこう。でもしっかり前を向いて。そんな感じでしょうか。ストーンズのカタルシスに比較できるバンドをちょっと思いつきません。クリームでは重すぎるし、トラフィックでは綺麗すぎるし。18.Soul Survivor まで来ると終わってしまうのが名残惜しくなってくるアルバムです。

tasuke さん | 新潟県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
40年前の作品とは思えない音。リマスターに...

投稿日:2013/01/30 (水)

40年前の作品とは思えない音。リマスターによりミックのヴォーカルもキース&ミック・テイラーのギターも輝きが増している。また、ニッキー・ホプキンスやイアン・スチュアートの弾くピアノのサウンドがきれい。 曲について言うと、”Tumbling Dice”や”Rocks Off”もいいが、”Torn And Frayed”(7曲目)は隠れた名曲だろう。 全体の雰囲気は、ビートルズのホワイトアルバムにも通じるものがあり、収録曲の中には駄作もあるが、それはそれでアルバムの一要素であり、楽しめる。発表当初は賛否両論だったと聞いていましたが、40年経って再評価されてよかったね!

yossy-k さん | 兵庫県 | 不明

2
★
★
★
★
★
スト−ズの最高傑作!全てがカッコイイ!是...

投稿日:2012/08/19 (日)

スト−ズの最高傑作!全てがカッコイイ!是非聴くべし!

pekopapa さん | 埼玉県 | 不明

0

Introduction Individuals/organizations

Individuals/organizations Page

Rolling Stones

By the time the Rolling Stones began calling themselves the World's Greatest Rock & Roll Band in the late '60s, they had already staked out an impressive claim on the title. As the self-consciously dangerous alternative to the bouncy Merseybeat of the Beatles in the British Invasion, the Stones had pioneered the gritty, hard-driving blues-based rock & roll that came to define hard rock. With his p

See More Detailed Profile

Similar Individuals/organizations

Recommend Items