CD Import

Violin Sonatas Nos.2, 3, etc : Wallin(Vn)Pontinen(P)

Reger (1873-1916)

User Review :5.0
★
★
★
★
★
(1)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
777445
Number of Discs
:
1
Label
:
Cpo
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description

レーガー:ヴァイオリン作品集
ヴァリーン、ペンティネン


バッハやベートーヴェン、ブラームス、ワーグナーの影響を受けながらも独自の音楽世界を築き上げたドイツ後期ロマン派の作曲家、マックス・レーガー[1873-1916]は、カトリック教徒でありながらプロテスタンの女性と結婚し、カトリック教会から破門された人物でもありました。
 数多くのオルガン曲や、オーケストラ作品で知られるレーガーですが、室内楽も大量に残しており、43年という短い生涯を考えると、その創作エネルギーには驚くほかありません。  伝統的な素材を多く用いながらも、レーガーならではの高度な手法を用いることにより、重厚で奥深い味わいを醸し出すレーガーの作品は、複雑な魅力を備えた世紀末音楽として近年評価が高まりつつあります。  今回のアルバムに収められたのは、ヴァイオリンとピアノのためのソナタ2曲と、ヴァイオリンとピアノのための小品2曲。  ソナタ第2番は18歳の時の作品で、ソナタ第3番は26歳のときに書かれています。どちらも若いときの作品にもかかわらず、すでにレーガー的な厚みのある響きと、甘美さを退けた諧謔的な表情が印象的な音楽に仕上がっているあたりがさすがレーガー。  組み合わせは小品2曲から構成されるOp.81。32歳のときに書かれたこの2つの曲には、「アルバムのページ」と「ロマンス」という名が付けられ、控えめな中にも美しい旋律を聴くことができます。  演奏は、シューマンやブラームス、ヒンデミット、シュニトケ、シェーンベルクなどでも高精度なアンサンブルを聴かせてきたウルフ・ヴァリーンのヴァイオリンと、ローランド・ペンティネンのピアノというスウェーデン・コンビによるものです。(HMV)

【ウルフ・ヴァリーン】
スウェーデン出身のヴァイオリニスト。ヴァリン、ワリンとも。近現代作品を得意とし、最近は指揮活動もおこなって、積極的に知られざる作品の紹介にもあたっています。近年のリリースでは、スウェーデンの作曲家アルゲーン[1920-90]による超巨大無伴奏ヴァイオリン・ソナタ(BIS)や、オネゲルのヴァイオリン・ソナタ集(STRADIVARIUS)シェーンベルク:ヴァイオリンとピアノのための作品全集(BIS)ヒンデミット:ヴァイオリン・ソナタ全集(BIS)、レーガー:ヴァイオリン作品集(CPO)、シュニトケ:ヴァイオリン・ソナタ集(BIS)サン=サーンス:ヴァイオリンとピアノのための作品集(CPO)といったところが注目されています。

【収録情報】
レーガー:
・ヴァイオリン・ソナタ第2番ニ長調 Op.3
・ヴァイオリン・ソナタ第3番イ長調 Op.41
・アルバムのページ Op.87-1
・ロマンス Op.87-2

 ウルフ・ヴァリーン(ヴァイオリン)
 ローランド・ペンティネン(ピアノ)

 録音時期:2008年
 録音方式:デジタル

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ヴァリーン、ペンティネンによるこれは完結...

投稿日:2012/08/15 (水)

ヴァリーン、ペンティネンによるこれは完結編だというのにバラバラな順でしかも散発的な出し方のせい(この録音にせよ2008年のもの)で、よほど彼らを追ってる者にしか(ニュースを読む限りHMVにすら)シリーズ完結がわからなかった(らしい)というシロモノ。「cpoの怠慢企画、ようやくここにきて人知れず終了してましたわw」というところか。演奏水準はいつも通りで彼らの演奏に馴れた耳には取り立てて言うこともなし。曲も残り滓と言っては難だが比較的目立たない2番3番が最後に来てしまったわけだけどこの辺り、企画としてはどうだったかねぇ。売れそうなのから出してゆけば当然の帰結ってことでしょうか。 さて、遂に全集完結に辿りついたわけだが今日現在、全6巻中、1〜4巻は既に廃盤という、何とも悠長すぎる企画でしたな(ヤル気あんのか!cpo!まさか忘れてたんじゃねえだろな?)。ともあれ完結おめでとうさんではあるのですが、今から全巻集めたい人は大変でしょうな。既刊はアマゾンとかじゃプレミアついてますぜ…(結構お高い) と、するうちに安箱で出てきたりせんとも限りませぬが、そういうのもちょっと難しい部類のアイテムでしょうかね・・・ハハハ.

zaionji さん | 京都府 | 不明

1

Introduction Individuals/organizations

Individuals/organizations Page

Reger (1873-1916)

Max Reger (1873-1916) was a post-Romantic composer whose intensely chromatic and highly contrapuntal music was some of the most elaborate of any period. Born in Bavaria, Reger began organ studies at 11 and early on venerated Bach, but four years later he visited Bayreuth, where he was exposed to Wagner's operas. These influences shaped his music, and even though his organ works were often cast as

See More Detailed Profile

Chamber Music Items / Tickets Information

Recommend Items