CD Import

Maurizio Pollini : Complete Recordings on Deutsche Grammophon (55CD+3DVD)

User Review :5.0
★
★
★
★
★
(2)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
4796315
Number of Discs
:
55
Format
:
CD
Other
:
+3DVDs, Limited,Import

Product Description

The lasting and exclusive relationship between Maurizio Pollini and Deutsche Grammophon began in 1971, eleven years after the pianists victory in the 1960 International Chopin Competition in Warsaw at the age of eighteen. With the exception of the Chopin works he set down immediately thereafter, Pollinis entire recording career has been with DG. - During the course of this amazing collaboration, Pollini has produced an abundance of albums which continue to be viewed as benchmarks from Bach, Schumann and Schubert to Chopin and the modernists, and his beloved Beethoven sonatas (in 2014, Pollini completed the first Beethoven cycle since Barenboims in the early 80s), and great concerto recordings with Abbado, Bohm and Thielemann. - Celebrating his 75th birthday in 2017, this luxurious 55CD set presents Pollinis complete recordings on Deutsche Grammophon with their original covers, including the first ever release of Prokofievs Third Piano Concerto with the NHK Symphony Orchestra under Maxim Shostakovich (recorded in Tokyo in 1974). - Also included are 3 bonus DVDs: great concerto recordings Bohm and Abbado as well as Bruno Monsaingeons acclaimed documentary film de main de maitre (2015). This set is accompanied by a 200-page booklet featuring new liner notes by the longtime Pollini companion Paolo Petazzi, an extensive additional text by Pollinis foremost producer for DG, Christopher Alder and numerous rare photographs. 55CD/3DVD.

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ポリーニのグラモフォンの録音は、多くの作...

投稿日:2017/11/15 (水)

ポリーニのグラモフォンの録音は、多くの作品を単品で集めてきた。その結果、特にショパンの録音は、これがポリーニの演奏かと疑われたくなるような録音であった。ポリーニの演奏会は、初来日の東京厚生年金会館の「シューベルトのさすらい人幻想曲」や、東京文化会館の第二回目の来日演奏会など、魅力に溢れたコンサートを聴いてきた。若い頃はポリーニがもっとも好きなピアニストであった。しかし、グラモフォンの録音に出会うようになってから、この録音には馴染めない。全ての演奏がベートーヴェンの作品のごとく録音されている。これは憶測でしかないが、今回の録音全集もそのような録音ではないかと思う。そう言いながら、本来のポリーニの演奏であることを期待して、購入を決めた。まだ手元に届いてはいないが、本来のポリーニの演奏であることを期待したい。

ゲゲゲアサ さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
私はポリーニのキャリア初期からの長年のフ...

投稿日:2016/10/01 (土)

私はポリーニのキャリア初期からの長年のファンです。 そのため、大半の音源はレコードやCDで所有して味わってきました。 また何度か来日公演で、その圧倒的なピアニズムにも接してこました。 こうしてDGから全ての録音が纏められるとは、とても感慨深いものです。 ほぼ録音年代順並べられたこの企画は、ベートーヴェンやショパンなどをまとめて聴こうとする場合には、やや不便ではありますがポリーニの足跡をたどっていこうと言う聴き方ではとても都合がいいです。 じっくり時間を掛けて、この奇跡的な天才ピアニストの芸術に改めてどっぷりと浸かりたいです。 個人的には付録DVD「巨匠の手から」に一部ですが納められているシュトックハウゼンとブーレーズの作品での演奏姿を早く見たいところです。

れいにゃ さん | 静岡県 | 不明

4

Recommend Items