CD Import

Helene Grimaud: The Complete Warner Classics Recordings

User Review :5.0
★
★
★
★
★

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
2564622737
Number of Discs
:
6
Label
:
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description


グリモー/ワーナー・クラシックス・ボックス(6CD)

フランスのピアニスト、エレーヌ・グリモーが20代半ばから30代初めだった1995年から2001年にかけてワーナー・クラシックスで制作した6枚のアルバムをまとめたお買得ボックス。
 13歳でパリ音楽院への入学を許可され、ジャック・ルヴィエの教えを受けて、15歳で同音楽院を首席で卒業するという、まさに特別な天才少女だった彼女に注目した当時のDENONが制作した最初のアルバムとなったラフマニノフ作品集が、フランスでディスク大賞を受賞するなど高い評価を獲得、その後、22歳までに同レーベルで計5枚のアルバムを制作することになります。
 ワーナー・クラシックスへの録音はその3年後の1995年に始まり、協奏曲アルバム5枚と、得意のブラームスのソロ・アルバムを1枚制作しています。
 その後、2002年にはドイツ・グラモフォンと専属契約を結び現在に至っています。

【若きグリモーの果敢な演奏】
ワーナー時代のグリモーは、フレッシュなDENON時代の魅力とはまた違ったダイナミックな表現もおこなうようになります。
 ザンデルリングとのブラームスのピアノ協奏曲第1番では指揮者と同じ路線で重厚ながら深い抒情を聴かせ、ジンマンとのシューマンとリヒャルト・シュトラウスでは躍動感のあるアプローチで初期ロマン派の味わいを醸し出します。
 同じくジンマンと組んだラヴェルとガーシュウィンでは、響きのクリアーさとリズムの良さにより、ジャズのイディオムも導入された楽曲のキャラクターを鮮やかに描き出しています。
 マズアとのベートーヴェン、アシュケナージとのラフマニノフも、それぞれの作品にふさわしい指揮者との共演といえるもので、適材適所、メジャーならではの贅沢なキャスティングが聴き応えある内容に繋がっています。
 一方、ブラームスのソロ作品では、作曲者晩年のロマンティックで美しい音楽を、豊かな情感に彩られた魅力的なものとして聴かせています。
 参考までにかつてのジャケット画像を表示しておきます。(HMV)

【収録情報】

Disc1
● シューマン:ピアノ協奏曲イ短調 Op.54
● R.シュトラウス:『ブルレスケ』

 エレーヌ・グリモー(ピアノ)
 ベルリン・ドイツ交響楽団
 デイヴィッド・ジンマン(指揮)

 録音時期:1995年(デジタル)

Disc2
● ブラームス:幻想曲集 Op.116
● ブラームス:3つの間奏曲 Op.117
● ブラームス:6つのピアノ小品 Op.118
● ブラームス:4つのピアノ小品 Op.119

 エレーヌ・グリモー(ピアノ)

 録音時期:1995年(デジタル)

Disc3
● ガーシュウィン:ピアノ協奏曲ヘ調
● ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調

 エレーヌ・グリモー(ピアノ)
 ボルティモア交響楽団
 デイヴィッド・ジンマン(指揮)

 録音時期:1997年(デジタル)

Disc4
● ブラームス:ピアノ協奏曲第1番ニ短調Op.15

 エレーヌ・グリモー(ピアノ)
 ベルリン・シュターツカペレ
 クルト・ザンデルリンク(指揮)

 録音時期:1997年

Disc5
● ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調 Op.58
● ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番ホ長調 Op.109
● ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番変イ長調 Op.110

 エレーヌ・グリモー(ピアノ)
 ニューヨーク・フィルハーモニック
 クルト・マズア(指揮)

 録音時期:1999年

Disc6
● ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調 Op.18
● ラフマニノフ:前奏曲嬰ト短調 Op.32-12
● ラフマニノフ:練習曲集『音の絵』Op.33-1, 2, 9

 エレーヌ・グリモー(ピアノ)
 フィルハーモニア管弦楽団
 ヴラディミール・アシュケナージ(指揮)

 録音時期:2000&2001年

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
15
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
以前コンサートに行って以来、好きになった...

投稿日:2016/06/05 (日)

以前コンサートに行って以来、好きになったピアニスト。大変な美人だが、実力も素晴らしい。ベートーベンのソナタ第30番における時折声を上げながら魂を絞り出すかのような演奏はとても引き込まれた。ブラームスのソロの曲も力強さのと繊細な美しさが同居している。ラフマニノフのソロも本当に素晴らしい。ザンデリング指揮のベルリン交響楽団と組んだブラームスの協奏曲第1番はDG盤よりこちらの方が個人的には好みである。マズア指揮のベートーベンの協奏曲もなかなか良い。

saitaman さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
まず感じたことは、とても美しいピアノであ...

投稿日:2016/01/20 (水)

まず感じたことは、とても美しいピアノであること。そして、演奏そのものも全曲がすばらしかった。特にブラームスは印象に残った。逆に、ラフマニノフはオケの伴奏によりスケールの大きさを求めたかった。これはアシュケナージの指揮に原因があるのであろうが。さりとて、全体的には聴き終えて満足した。

古渡 弁蔵 さん | 北海道 | 不明

3
★
★
★
★
★
なんと歯切れがよく爽快な演奏を聴かせてく...

投稿日:2015/06/10 (水)

なんと歯切れがよく爽快な演奏を聴かせてくれるのであろうか。ピアコンはブラームスもベトヴェンもラフマニノフも、まぁ素晴らしい。シューマンに至っては高校生の時に初めてその曲を聴いたときの感動が蘇り、しみじみしてしまった。「この人の演奏をもっと聴きたい」そう思わせる珠玉のセットだ。

爺さん さん | 千葉県 | 不明

1

Instrumental Music Items / Tickets Information

  • Badura-Skoda / Schubert: Sonata No. 21 (3 Performances) Even at a very advanced age, the great pianist Paul Badura-Skoda is always good for a surprise: His new CD recording with GENUIN is perhaps one of the most unusual recordings, one of the most daring tonal experiments seen in recent years. ローチケHMV|2013/01/18

Recommend Items

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト