CD Import

Carmina Burana: Jochum / Deutschen Oper.o, Janowitz, Stolze, F-dieskau

Orff (1895-1982)
User Review :5.0
★
★
★
★
★

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
447437
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
CD

Product Description


カール・オルフの出世作《カルミナ・ブラーナ》は、その冒頭部分が映画やテレビCMで使用されたことで、現代作品としては異例なほどの人気作品となりました。1967年に録音されたこのヨッフム盤は数多いこの作品のCD中とりわけ評価の高いもので、プリミティヴな迫力という点ではいまだ他の追随を許さない名盤です。

 ちなみに、ヨッフムにはバイエルン放送交響楽団を指揮した1952年のDG盤もあり、そちらもマニアには人気が高いのですが、今回は、音質等、考慮してステレオ再録音盤をご紹介することに致します。

トラック1《おお、運命の女神よ》
 60分を越える全曲のプロローグにふさわしい壮烈なヴァイタリティに溢れ、一度耳にすれば容易に忘れられません。

トラック2《運命の女神の与えた痛手を》
 野太い合唱と、ピアノ2台を加えた大規模な打楽器群が織り成す壮烈音響が圧巻です。ヨッフムは小細工抜きの剛直きわまる力押しで、作品の原始的活力を赤裸々に表現しています。

トラック3《春の愉しい面ざしが》
 早春の芽吹きを思わせる軽やかな序奏に導かれ、コーラスが古代旋法に基づく神秘的なメロディを歌います。

トラック4《太陽は万物を整え治める》
 バリトン独唱が生命の神秘を優しく歌います。F=ディースカウのデリケートな歌い口が印象的。

トラック5《見よ、今や楽しい》
 コーラスとオケによる生命賛歌。春の訪れを喜ぶ庶民的な活力が聴きもの。

トラック6《踊り》
 オケのみによる間奏曲。民族舞踊に基づく活気あふれる音楽です。

トラック7《森は花さき繁る》

トラック8《小間物屋さん、色紅をください》
 ともに村祭りのひとこまといった趣の陽気な曲。

トラック9《円舞曲》
 緩・急・緩・急の4部構成による対比が聴きどころ

トラック10《たとえこの世界がみな》
 急の部分を引き継いで始まる歓喜の歌。トランペットのファンファーレと爆発的な合唱が、第1部を力強く締めくくります。

トラック11《胸のうちは、抑えようもなく》
 酔漢の酔いに任せた自暴自棄の歌。F=ディースカウ得意の性格表現が光ります。

トラック12《昔は湖に住んでいた》
 酒の肴に供せられる我が身を儚む白鳥の歌。ドイツ最高の性格テノールと謳われたシュトルツェの強烈歌唱が圧巻。

トラック13《わしは院長さまだぞ》
 F=ディースカウも負けず劣らずで、その異様なまでの表現力には目を見晴らされます。

トラック14《酒場に私が居るときにゃ》
 男声合唱の粗暴なパワフルぶりに仰天。オペラの実演で鍛えたコーラスならではの力技が、猥雑な第2部に痛快な幕引き役を果たしています。

トラック15《愛の神はどこもかしこも飛び回る》
 愛らしい少年合唱とソプラノ独唱(乙女)で始まります。

トラック16《昼間も夜も何もかもが》
 バリトン(若者)が愛への憧れを、

トラック17《少女が立っていた》
 では乙女が愛のときめきを歌い上げます。

トラック18《私の胸をめぐっては》
 バリトンが高まる胸の内を吐露、合唱はそんな若者をそそのかすように、

トラック19《もし若者が乙女と一緒に》
トラック20《おいで、おいで》
 と囃し立て、一方、乙女は

トラック21《天秤棒に心をかけて》
 に揺れる思いを託します。この曲はシャルロット・チャーチが取り上げたことでも知られていますが、ヤノヴィッツの美声はまた格別。

トラック22《今こそ愉悦の季節》
 では、いよいよ若者が乙女に求愛。問答を繰り返す二人を、合唱と少年合唱までもが力強くもり立て、乙女はついに若者の愛を受け入れます。

トラック23《とてもいとしいお方》
 は乙女の喜びを表すソプラノの超高音が聴きどころ。

トラック24《アヴェ》
 合唱は愛の成就を高らかに祝福します。

トラック25《おお、運命の女神》
 冒頭のナンバーが再び現れ、壮大な愛と命の一大スペクタクルは大団円の内に幕を閉じます。

Track List   

  • 01. Fortune, Empress Of The World: O Fortune
  • 02. Fortune, Empress Of The World: I Bemoan The Wounds Of Fortune
  • 03. I Spring: The Merry Face Of Spring
  • 04. I Spring: The Sun Warms Everything
  • 05. I Spring: Behold, The Pleasant Spring
  • 06. On The Green: Dance
  • 07. On The Green: The Noble Woods Are Burgeoning
  • 08. On The Green: Shopkeeper, Give Me Colour
  • 09. On The Green: Those Who Go Round And Round
  • 10. On The Green: If All The World Were Mine
  • 11. Ii In The Tavern: Burning Inside
  • 12. Ii In The Tavern: Once I Lived On Lakes
  • 13. Ii In The Tavern: I Am The Abbot
  • 14. Ii In The Tavern: When We Are In The Tavern
  • 15. Iii The Court Of Love: Cupid Flies Everywhere
  • 16. Iii The Court Of Love: Day, Night And Everything
  • 17. Iii The Court Of Love: A Girl Stood
  • 18. Iii The Court Of Love: In My Heart
  • 19. Iii The Court Of Love: If A Boy With A Girl
  • 20. Iii The Court Of Love: Come, Come, O Come
  • 21. Iii The Court Of Love: In The Balance
  • 22. Iii The Court Of Love: This Is The Joyful Time
  • 23. Iii The Court Of Love: Sweetest One
  • 24. Blanchefleur And Helen: Hail, Most Beautiful One
  • 25. Fortune, Empress Of The World: O Fortune

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
11
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
45年以上前にこの曲のLPレコードを初めて買...

投稿日:2016/06/09 (木)

45年以上前にこの曲のLPレコードを初めて買って聴いたのがこの演奏です。F=ディースカウ氏の多様な表現に感心した憶えがあります。その後他の演奏も聴きましたが、この盤はベスト3に入ります。ほかにはM.T.トーマス氏指揮の演奏も優れたものであった憶えがあります。

テリーヌ さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
50年を経た現代においても、後にも先にも...

投稿日:2012/09/22 (土)

50年を経た現代においても、後にも先にもカルミナ・ブラーナは ヨッフム盤を置いて他の追随を許さない名盤、 冒頭の部分だけCM等に使われるためにやたら迫力ばかり問われるが、 カール・オルフ自身の監修による録音、歌手・合唱・オケ・指揮 すべてにおいて優れている。

abbadondon さん | 栃木県 | 不明

2
★
★
★
★
★
実に面白い楽曲ではある。初めて聴いたとき...

投稿日:2012/07/25 (水)

実に面白い楽曲ではある。初めて聴いたとき「輪廻」を連想したが、そういった方は多いと思う。「世俗」とはよく言ったもので、歌詞は極めて”世俗”的でユーモアに溢れている。で、やはりこの盤で聴くのが良い。ヨッフムというと、なんとなくじっくり穏やかに音を紡ぐ印象があるが、これはそうではない。骨太で実に颯爽とした素晴らしい演奏である。

爺さん さん | 千葉県 | 不明

4

Introduction Individuals/organizations

Individuals/organizations Page

Orff (1895-1982)

Although his fame rests on the success of a single work, the famous and frequently commercially mutilated Carmina Burana, Carl Orff was in fact a multi-faceted musician and prolific composer who wrote in many styles before developing the primal, driving language which informs his most famous work. In addition to his fame as the creator of Carmina burana, Orff enjoyed international renown as the wo

See More Detailed Profile

Choral and Vocal Items / Tickets Information

  • Damrau / Schubertiade 2006 German Edition. It seems that no rung is too high on Diana Damrau‘s career ladder: after being made a Bavarian Kammersangerin... ローチケHMV|2008/01/29

Recommend Items

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト