CD Import

"Le Nozze di Figaro : Fricsay / Berlin Radio Symphony Orchestra, Capecchi, Seefried, F-Dieskau, Stader, etc (1960 Stereo)(3CD)"

Mozart (1756-1791)

User Review :5.0
★
★
★
★
★
(6)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
4806557
Number of Discs
:
3
:
Australia
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description

モーツァルト:『フィガロの結婚』(3CD)
カペッキ、シュターダー、ゼーフリート、F=ディースカウ
フリッチャイ&ベルリン放送交響楽団


フリッチャイ最後のオペラ録音。フェレンツ・フリッチャイ[1914-1963]は、古典派から現代作品まで幅広いレパートリーの持ち主でしたが、特にバルトークとモーツァルトに関しては自ら本も書くなど、情熱的に取り組んでおり、世評にも高いものがありました。
 この『フィガロの結婚』もかつて名盤として知られたものでしたが、長らく廃盤で入手できなかったので、今回の復活は歓迎されるところです。

【フリッチャイの晩年】
フリッチャイは1957年に白血病になり、胃と腸の大手術を受けるなどして1年間療養したうえで現場復帰していますが、病状の悪化により、1961年12月に指揮活動を中断し、治療に専念するものの、1963年2月に48歳の若さで亡くなっています。
 そのため、フリッチャイの遺した録音は白血病前と後で大きく芸風が異なっているのが特徴で、エネルギッシュでシャープだった健康なときの演奏に対し、白血病発症以降は、まだ若いのに晩年のような雰囲気さえ漂う独特なものとなり、その陰影を大切にしたスタイルには深い魅力が備わっていることが多かったようです。

【澄んだ『フィガロの結婚』】
この『フィガロの結婚』は、白血病発症後の録音ですが、治療が功を奏して健康状態が良好だった時期にステレオ方式でセッション録音されたもので、モーツァルトらしい軽やかさとしなやかさ、弾むリズムは維持しながらも、細部まで見通せるよう声部バランスを整えた上で示される透明感と旋律美には実に見事なものがありました。
 歌手陣もカペッキ、シュターダー、フィッシャー=ディースカウ、ゼーフリート、テッパーと、フリッチャイとおおなじみの有名どころが顔を揃えており、フリッチャイの描く『フィガロの結婚』をシリアスに描き出しています。(HMV)

【収録情報】
・モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』全曲

 レナート・カペッキ(フィガロ)
 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(アルマヴィーヴァ伯爵)
 マリア・シュターダー(伯爵夫人)
 イルムガルト・ゼーフリート(スザンナ)
 ヘルタ・テッパー(ケルビーノ)
 イヴァン・サルディ(バルトロ)
 リリアン・ベニングセン(マルチェリーナ)
 パウル・クーエン(バジリオ)、他
 RIAS室内合唱団
 ベルリン放送交響楽団
 フェレンツ・フリッチャイ(指揮)

 録音時期:1960年9月
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

Track List   

Disc   1

  • 01. Overture
  • 02. "Cinque... dieci... venti..."
  • 03. "Cosa stai misurando"
  • 04. "Se a caso Madama la notte ti chiama"
  • 05. "Or bene, ascolta, e taci"
  • 06. "Se vuol ballare, signor Contino"
  • 07. "Ed aspettaste il giorno fissato a le sue nozze"
  • 08. "La vendetta, oh, la vendetta"
  • 09. "Tutto anchor no ho perso"
  • 10. "Via resti servita, madama brillante"
  • 11. "Va la, vecchia pedante" - "Susannetta, sei tu?"
  • 12. "Non so piu cosa son, cosa faccio"
  • 13. "Ah, son perduto!"
  • 14. "Cosa sento! tosto andate"
  • 15. "Basilio, in traccia tosto"
  • 16. Giovani liete, fiori spargete
  • 17. Cos'e questa commedia? (Conte, Figaro, Susanna)
  • 18. Giovani liete, fiori spargete
  • 19. "Evviva!"
  • 20. "Non piu andrai"
  • 21. "Porgi amor"
  • 22. "Vieni, cara Susanna" - "Quanto duolmi, Susanna"
  • 23. Quanto duolmi, Susanna (Contessa, Susanna, Cherubino)
  • 24. "Voi che sapete"

Disc   2

  • 01. "Bravo! che bella voce!"
  • 02. "Venite... inginocchiatevi..."
  • 03. "Quante buffonerie!"
  • 04. "Che novita!"
  • 05. "Susanna, or via, sortite"
  • 06. "Dunque, voi non aprite?"
  • 07. "Aprite, presto, aprite"
  • 08. Oh guarda il demonietto! (Susanna)
  • 09. "Tutto e come io lasciai"
  • 10. "Esci, ormai, garzon malnato" - "Susanna!... Signore!"
  • 11. Signore, cos'e quel stupore? (Susanna, Conte, Contessa)
  • 12. Signori di fuori son gia i suonatori (Figaro, Conte, Susanna, Contessa)
  • 13. "Ah! signore" ... "Cosa e stato?" (Antonio, Conte, Susanna, Contessa, Figaro)
  • 14. "Voi signor, che giusto siete"
  • 15. Che imbarazzo e mai questo!
  • 16. Via, fatti core
  • 17. "Crudel! perche finora"
  • 18. "E perche fosti meco"
  • 19. "Hai gia vinta la causa!"
  • 20. "Vedro mentr'io sospiro"
  • 21. "E decisa la lite"
  • 22. "Riconosci in questo amplesso"
  • 23. "Eccovi, o caro amico"
  • 24. "Andiamo, andiam, bel paggio"
  • 25. "E Susanna non vien!"
  • 26. "Dove sono i bei momenti"

SEE ALL TRACKS >

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
以前からフリッチャイのファンでしたが、こ...

投稿日:2017/03/06 (月)

以前からフリッチャイのファンでしたが、これは衝撃の名盤です。ベームやクレンペラーと比べても別次元。推進力、繊細さ、コミカルさ、色気、全て文句無し。録音も良質。是非、聴いてください

座頭 さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ヘルタ・テッパーのケルビーノが聴きたくて...

投稿日:2014/01/07 (火)

ヘルタ・テッパーのケルビーノが聴きたくて購入しました。評論家のUKさん、MMさん等からは少年のようではないと不評でしたが、私は名唱だと思います。テッパーは何を聴いても上手いし本当に癒されます。今は以前と比較し、探せば色々テッパーの歌声が聴けるCDも手に入るようになってきたので嬉しい限りです。Fディースカウ、シュターダー、ゼーフリートと素晴らしい歌手揃いで、フリッチャイは歌手の選択眼が特に優れていたと思います。

47arie さん | 神奈川県 | 不明

2
★
★
★
★
★
イエス・キリスト教会はカラヤンやベームな...

投稿日:2013/10/19 (土)

イエス・キリスト教会はカラヤンやベームなどがBPOと70年代半ばまで頻繁に録音で使った場所で有名。その教会が醸しだす豊かな響きが美しい。オケと歌手が一体となった気品に溢れた演奏が本当に素晴らしい。歌詞は付属してないが、別のCDのPDFファイルの伊英対訳で鑑賞。164分間、歌詞とスピーカーに目と耳が釘付け、まさに至福の時を得た。映像全盛の時代、これほど吸引力と魅力に溢れた全曲盤は稀。 rやrrの巻き舌の発音もクリアに聞こえ、rとlの発音の違いが容易に判るほど音質がリアルで、半世紀以上前の録音とは思えない。声楽を学んでる方にも格好の教材だが、それ以上に万人にお薦め出来る名盤。こんな素晴らしい録音が、長らく廃盤だったとは!

燕の巣 さん | 静岡県 | 不明

4

Recommend Items