Mozart (1756-1791)
New Items Available

Mozart (1756-1791)

Mozart (1756-1791) | Free delivery on orders over 2,500 Yen on "l-tike HMV" (within Japan)! l-tike HMV is a world class entertainment website which provides CD, DVD, Blu-ray, Games and Goods, Books, Comics and Magazines. Ponta Point available for both sites! Special campaigns and limited novelty with multiple payment & delivery options for our customer’s satisfaction!

Mozart (1756-1791) Profile

Wolfgang Amadeus Mozart was not only one of the greatest composers of the Classical period, but one of the greatest of all time. Surprisingly, he is not identified with radical formal or harmonic innovations, or with the profound kind of symbolism heard in some of Bach's works. Mozart's best music has a natural flow and irresistible charm, and can express humor, joy or sorrow with both conviction ...

Tickets Information of Mozart (1756-1791)

No Tickets available of Mozart (1756-1791) for now. Add Mozart (1756-1791) into
Favorites
and we will send the latest information.

Masterpiece/Best sellers of Mozart (1756-1791)

Product List of Mozart (1756-1791)

Product List

Narrow the Items

Search products of Mozart (1756-1791) with format.

Showing 1 - 10 of 4907 items

See All Items

Related Items to Mozart (1756-1791)

Mozart (1756-1791) Customer Reviews

5840Reviews

Read all customer reviews (5840)

  • レコードがまだLPだった時代、モーツァルトのファン...

    Posted Date:2016/07/13

    レコードがまだLPだった時代、モーツァルトのファンはノートにケッヘル番号を記入し、自作の作品カタログを作成し、所有している作品に印をつけながらコレクションを増していった。〜なんて経験の有る方結構いるんじゃないでしょうか。時代はアナログからデジタル、そしてネット社会になった。その結果モーツァルトの作品においてはベーレンライター社刊行の新モーツァルト全集の楽譜ならば、その気になれば「誰でも無料で断片を含んだ全作品の閲覧」が可能です。つまりモーツァルトの情報は指数関数的に増加しましたが、肝心の音源が時代の流れについて行けない状態です。ブリリアントレーベルのモーツァルト大全集は重宝し今も愛用していますが、惜しむらくは欠落作品が多い事。今回この全集登場でやっと情報供給過多の現状に若干追いつけるのかな?といった印象です。音源はモノラルを含め「寄せ集め」なのは企画の性格上、止むを得ないのかも知れません。バッハ大全集なるBOX企画が少なくとも3種類流通しているのに対し、モーツァルトの方はやっと2つめ。(過去には数種あった)この企画に期待するのは「未完成作品」の収録数がどれだけ多いか、に尽きます。期待を込めて星5つ

    最後の一閃 . |50year

    2
  •  とても落ち着いた響きの、充実の名演。  小さいけ...

    Posted Date:2016/06/26

     とても落ち着いた響きの、充実の名演。  小さいけれど、実は大きなサプライズが一つ。このCDをプレーヤーにかけると、トラック表示が「7」となる。6楽章の曲だったはずだがなと思って、ライナー表紙、バックインレイ、帯を見ても、収録曲は「K.563」のみで、HMVのHPのこのCDの「収録情報」を見ても同様である。6楽章まで聞き終えて、トラック7が始まると、聴いたことがないメロディーが流れ始めて、曲の途中で終わってしまった。ライナーの中をよく見ると、未完の「K.562e」を補筆せずにそのまま録音したとあった。このCDを実際に買った人への秘密のプレゼントということだとすると、ここに書いてしまって良いのかどうか迷ってしまうが、K.563のCDなら既に持っているけれど、K.562eが聴けるなら買ってみようという方もおられるかもしれないので、ご紹介してしまいます。

    hyogepi .

    2
  • 「コジ」でも書いたんですが、デスピーナをやってたヤ...

    Posted Date:2016/07/26

    「コジ」でも書いたんですが、デスピーナをやってたヤンコヴァという歌手がいっぺんに気に入ってしまって、いそいそと聴き始めました。レポレッロで好印象だったピサローニも好演だと思いましたが、フィガロ役のプラチェツカは「機知に富んだ」感じがなくて、伯爵と入替えたほうが良かったんじゃないか?という気も・・・・  ただ、ドン・ジョバンニやコジに比べたら、演出は馴染めませんでした。 時代的にはあり得ないストーリーだったかもしれませんが、それでも、封建領主と使用人という関係がなければこのドラマの面白みがないと思うんです。 部屋の位置関係も説明的すぎて「貴族の館」になってないんですよね。それと、歌手に演技をさせ過ぎだと思いました。その分を歌に回してほしかったなあ、と思います。  というわけで、ついつい愚痴を並べてしまいましたが、お色気もありで、面白いフィガロであることは間違いないと思います。そういう風に観ることができるのも、80年のベーム来日公演のDVDがあるからかなと思いますが、10年前のネトレプコの時のも気持ちに余裕があればこういう風に楽しめたのかも、と思います。 エッティンガーという指揮者は初めてでしたが、ウィーン・フィルのフィガロですから、誰が振っても間違いないでしょう。

    TOCHIPAPA .

    0

You have already voted

Thankyou.

%%message%%