Mozart (1756-1791)
New Items Available

Mozart (1756-1791)

Mozart (1756-1791) | Free delivery on orders over 2,500 Yen on "l-tike HMV" (within Japan)! l-tike HMV is a world class entertainment website which provides CD, DVD, Blu-ray, Games and Goods, Books, Comics and Magazines. Ponta Point available for both sites! Special campaigns and limited novelty with multiple payment & delivery options for our customer’s satisfaction!

Mozart (1756-1791) Profile

Wolfgang Amadeus Mozart was not only one of the greatest composers of the Classical period, but one of the greatest of all time. Surprisingly, he is not identified with radical formal or harmonic innovations, or with the profound kind of symbolism heard in some of Bach's works. Mozart's best music has a natural flow and irresistible charm, and can express humor, joy or sorrow with both conviction ...

Tickets Information of Mozart (1756-1791)

No Tickets available of Mozart (1756-1791) for now. Add Mozart (1756-1791) into
Favorites
and we will send the latest information.

Masterpiece/Best sellers of Mozart (1756-1791)

Product List of Mozart (1756-1791)

Product List

Narrow the Items

Search products of Mozart (1756-1791) with format.

Showing 1 - 10 of 4914 items

See All Items

Related Items to Mozart (1756-1791)

Mozart (1756-1791) Customer Reviews

5810Reviews

Read all customer reviews (5810)

  • ピアノ・ソナタ全集の掉尾を飾るアルバム。ソナタが素...

    Posted Date:2016/04/08

    ピアノ・ソナタ全集の掉尾を飾るアルバム。ソナタが素晴らしいのは予想通りだが、意外な聴きものが「サリエリの主題による6つの変奏曲」だった。こんなにもロマンティックな味付けが濃いモーツァルトは近頃珍しい。変幻自在なアーティキュレーションで変奏を重ねる毎にガラリと表情が変化する。それが実に自然なのである。程度の差はあれ同じことがソナタの変奏曲楽章にも見て取れる。こんなものを聴かされると、そろそろディアベッリ変奏曲あたりを録音してほしくなるのが人情だ。旧ソ連出身のアファナーシェフが言うことに、自由を求めて西側に亡命したけれど、西側は西側で商業主義に振り回されて真に自分のやりたい音楽ができない、ソ連は不自由ではあったが、純粋に芸術面を考えると悪いことばかりではなかった云々。その果てに彼は片田舎にひきこもることになる。音楽ばかりではなく美術においても同じような事情がある。20世紀の商業主義に毒されてしまった西側に比べ、ロシア革命が起きて以降交流が絶たれた東側には古き良き伝統が温存されていた。その一つが19世紀的なロマンティシズムではないか。メジューエワがピアノを学んだのは、まだ旧ソ連が崩壊する前のことだった。少し年長のキーシンや、米国ニューイングランド地方にひきこもってしまったフェルツマンの演奏にも古風なロマンティシズムが見え隠れする。そこにわれわれが魅了されるのだとしたら歴史の皮肉である。

    QBE . |50year

    2
  • レクイエムですが、ジャケットにはステレオと記載され...

    Posted Date:2016/02/04

    レクイエムですが、ジャケットにはステレオと記載されていますが、モノとステレオどちらでしょうか?

    もっちゃん . |50year

    0
  • 予想通りのすこぶるマニエリスティックな録音で、前作...

    Posted Date:2015/12/13

    予想通りのすこぶるマニエリスティックな録音で、前作の『魔笛』と比べてもさらに奔放。普通の『後宮』が聴きたい人には薦めないが、面白いことこの上ない。まずセリフがかなり書き足されている。そしてヤーコプス先生の考証(これはかなりファンタジーだと思うが、だからこそ良いのだ)に従って、セリフ部分の伴奏に随所でフォルテピアノが加わってくるばかりでなく、そこには鍵盤楽器作品のみならず(もちろんかの「トルコ行進曲」も打楽器付きで出てくるが)『ツァイーデ』から『フリーメーソンのための葬送音楽』まで様々なモーツァルト作品が引用されている。音楽パートも非常に演劇性の強い作りで、コンスタンツェの大アリア「ありとあらゆる拷問が」の途中にセリムのセリフが挟まれたり、ペドリッロのロマンツェなどは「おい、もう時間がないぞ」というベルモンテのセリフが挟まれた後、終わりの部分は猛スピードで駆け出したりする。純粋に音楽だけが聴きたい人は怒り出しそうだが、これはこういう録音だと思ってもらうしかない。譜面通りの演奏では全くつまらない、最後の「ヴォードヴィル」も華々しい旋律装飾が行われている。しかし、ヤーコプスの指揮自体は意外にストレートでまとも。『魔笛』以来の手兵であるベルリン古楽アカデミーのうまさにも舌を巻く。 歌手陣は若手中心だが、技術的に高度であるばかりか、キャラクターの表現もみな的確だ。特に気に入ったのはノルウェーのソプラノ、マリ・エリクスメンのおきゃんなブロンデとユリアン・プレガルディエン(あのクリストフの息子)のナイーヴなペドリッロ。オスミンのイヴァシチェンコはいくら何でも声が若すぎるが、本気でブロンデと結婚しようとしているわけだから、この役、中年オジサンでなくてもいいかも、と思い直した。これら若い歌手陣に対し、セリム役に歳をとった非常にアクの強い俳優を当てているのもこの盤の特徴。それだけに終盤での善人への変身はちょっと嘘っぽいが。

    村井 翔 .

    0

You have already voted

Thankyou.

%%message%%