CD Import

Kind Of Blue

Miles Davis

User Review :5.0
★
★
★
★
★

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
64935
Number of Discs
:
1
Label
:
Original Release Year
:
1959
Format
:
CD
Other
:
Studio Recording, Remaster,Import

Product Description

Personnel: Miles Davis (trumpet); Julian "Cannonball" Adderley (alto saxophone); John Coltrane (tenor saxophone); Wynton Kelly, Bill Evans (piano); Paul Chambers (double bass); Jimmy Cobb (drums).
Liner Note Authors: Robert Palmer; Nat Hentoff.
Recording information: Columbia 30th Street Studios, New York, New York (03/02/1959); Columbia 30th Street Studios, New York, New York (04/22/1959).
With BIRTH OF THE COOL, Miles Davis distilled a new tonal palette for jazz. As early as 1954, Miles reacted to the escalating chordal complexity of hard bop by fashioning an evocative blues based on a simple scalar pattern ("Swing Spring"). KIND OF BLUE was the ultimate fulfillment of this approach, with Miles providing his collaborators little more than outlines for melodies and simple scales for improvisation. By emphasizing the blues and the improvisor's melodic gifts, KIND OF BLUE precipitated a major stylistic development--modal jazz.
Charles Mingus had experimented with pedal points throughout the 1950s, and the melodic freedom of Ornette Coleman's Atlantic sides was also predicated on freedom from chord changes. But KIND OF BLUE was to prove the most influential, enduring work of its kind. There was just such a vibe about these 1959 sessions--Miles' lyric genius and burgeoning stardom, the innovative voicings and rarefied touch of pianist Bill Evans, the electrifying presence of Coltrane and Cannonball--that some thirty-plus years after its initial release, KIND OF BLUE is still recognized as Davis' point of departure towards jazz's less-explored regions.
Bill Evans' translucent chords and Paul Chambers' famous bass line herald the revolution that is "So What": Davis and Evans' taut, coiled lyricism stands in sharp relief to the saxophonists' labyrinthine elation. The fat, shimmering beat of the classic Evans/Chambers/Cobb rhythm team is an oasis of calm throughout the childish blues "Freddie Freeloader." Often credited to Davis, "Blue In Green" is an Evans masterpiece, in which the rhythmic oasis becomes a smoky mirage for Davis' minor reveries on muted horn. The waltzing "All Blues" is one of the smoothest, most swinging grooves in the history of jazz, while "Flamenco Sketches" reflects Miles fascination with the earthy melodies and brooding metaphors of the Iberian peninsula...a harbinger of his next masterpiece, SKETCHES OF SPAIN. KIND OF BLUE remains Miles Davis' most evocative piece of musical haiku.

Track List   

  • 01. So What
  • 02. Freddie Freeloader
  • 03. Blue In Green
  • 04. All Blues
  • 05. Flamenco Sketches
  • 06. Flamenco Sketches - (Alternate Take)

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
44
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
このアルバムで特筆すべきことは、全体を通...

投稿日:2017/11/19 (日)

このアルバムで特筆すべきことは、全体を通して感じられる「静寂感」である。初めから終わりまで静かなムードが漂っているのである。落ち着いた演奏であると言っても良い。この静寂感はそれまでのマイルスの録音ではほとんど感じられなかった稀有のものだ。とにかく速いテンポの曲がない。また、チェンバースのベースソロがないこともこのアルバムの特徴の一つであると言える。あのコルトレーンですらも「やりすぎ感」は全く感じられず、いい意味での最小限のソロを美しく展開していると言える。ビル・エヴァンスのピアノが他の奏者の演奏を上手くフォローしており、静寂感を醸し出す一役を担っていることも見逃せない。ジミー・コブのドラムスも極めてストイックで落ち着き感がある。こういった過去に見られなかった、ジャズにおいては極めて珍しい静寂感が聴く者にこのアルバムを神格化させたと言っても過言ではないと思う。1958年の「マイルストーンズ」の1曲目のドクター・ジャックルは速いテンポの曲であり、チェンバースのベースソロもあり、コルトレーンとアダレイのソロが交差する場面も見られ、良い意味での派手さが持ち味の曲で、ちょっと悪く言えば落ちつきがないようにも感じられる。タイトル曲のマイルストーンズも速いテンポである。後年にリリースされた「サムディ・マイ・プリンス・ウィル・カム」においても、プフランシングやテオは速めのテンポであり、いずれのアルバムも「カインド・オブ・ブルー」とは一線を画していると言える。ボーナストラックに別テイクの素晴らしい「フラメンコ・スケッチ」が加えられたことを私は素直に喜びたい。

nk さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
どう考えても名盤中の名盤です。ジャズベス...

投稿日:2014/12/31 (水)

どう考えても名盤中の名盤です。ジャズベストファイブでこれを外すことが出来るでしょうか???ジャズに関心を持った方是非迷わずこれを聞いてください

jey さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
完全な構築美、ただただその美しさに圧倒さ...

投稿日:2012/10/08 (月)

完全な構築美、ただただその美しさに圧倒される。全音楽ファン必携。聴く時と場所を選ばない文句なしの名盤です。

あおQ さん | 福岡県 | 不明

3

Modern Jazz Items Information

  • Bill Evans Trio's 4LP The Complete Village Vanguard Recordings repress Concord Music Group presents its vinyl reissue of Bill Evans' The Complete Village Vanguard Recordings, 1961, one of the greatest live jazz recording sessions of all time!! HMV&BOOKS online|7 days ago
  • New Album of John Coltrane!! This is Monument of 2018 Jazz! Featuring the Classic GOLDEN Quartet - John Coltrane, McCoy Tyner, Jimmy Garrison and Elvin Jones!! HMV&BOOKS online|2018/06/12
  • Jazz Images Records Jazz Images is the photo of The JEAN PIERRE LELOIR LP and WILLIAM CLAXTON Collection!! Very rare photo on the artworks of famous Jazz LP!! It's so fabulous:) HMV&BOOKS online|2018/06/12
  • アフルベークのピアノトリオ本命盤7月入荷です! ロブ・アフルベークのピアノトリオ・ファン一番人気作品『Second Opinion』(1992年)の限定再プレス、7月下旬に入荷が決定しました。ブギウギ・ピアノの名手ながら、ここではファンキーなピアニズムをたっぷりと賞味させてくれる。 HMV&BOOKS online|2014/06/11

Recommend Items