Keith Jarrett

Keith Jarrett

Keith Jarrett | Free delivery on orders over 2,500 Yen on "l-tike HMV" (within Japan)! l-tike HMV is a world class entertainment website which provides CD, DVD, Blu-ray, Games and Goods, Books, Comics and Magazines. Ponta Point available for both sites! Special campaigns and limited novelty with multiple payment & delivery options for our customer’s satisfaction!

Keith Jarrett Profile

Pianist, composer, and bandleader Keith Jarrett is one of the most prolific, innovative, and iconoclastic musicians to emerge from the late 20th century. As a pianist (though that is by no means the only instrument he plays) he literally changed the conversation in jazz by introducing an entirely new aesthetic regarding solo improvisation in concert. Though capable of playing in a wide variety of ...

Tickets Information of Keith Jarrett

No Tickets available of Keith Jarrett for now. Add Keith Jarrett into
Favorites
and we will send the latest information.

Masterpiece/Best sellers of Keith Jarrett

Product List of Keith Jarrett

Product List

Narrow the Items

Search products of Keith Jarrett with format.

Showing 1 - 10 of 115 items

See All Items

Related Items to Keith Jarrett

Keith Jarrett Customer Reviews

234Reviews

Read all customer reviews (234)

  • jazzファンのみならず、広く音楽ファンにその名を知ら...

    Posted Date:2014/01/30

    jazzファンのみならず、広く音楽ファンにその名を知られたピアニスト Keith Jarrett作曲の「Ritual」を、指揮者として有名なDennis Russell Davies(ECMではGiya Kancheli、Arvo Partなどの作品を録音しています)が演奏した1977年の作品。なるほど、Keithらしさを感じさせる曲調です。Keithはもちろんimprovisationを得意とする演奏家であるわけですが、その即興パートも記譜できるのでしょうか?。だとしたら、キースのガツンとくる感触はありませんが、上品なアドリブの香りが漂うようなピアノソロを、このアルバムでは楽しむことが出来ると思います。また、キース独特の唸り声?がない分、classical musicとして聴くこともできるのでは?。といいますか、プロデューサー Manfred Eicherの意図は、キースの作品をclassicalなものとして、音楽を愛する者たちに聴かせることにあったのではと思える節があります。全体に奇を衒うことなくスムースに流れていく構成で、32分ちょっとという簡潔さも、曲の印象を際立たせていると思います。

    hiro . |60year

    1
  • ピアノソロのなかでなぜかミュンヘンだけがCD化されず...

    Posted Date:2013/11/19

    ピアノソロのなかでなぜかミュンヘンだけがCD化されず、やっと出たかという気持ち。70年代の瑞々しさが残る、逆に言えばここらまでかなキースのソロは。

    聖オーガスティン . |50year

    1
  • 「Somewhere」は、2009年7月11日スイス、ルツェルンで...

    Posted Date:2014/03/31

    「Somewhere」は、2009年7月11日スイス、ルツェルンでのライヴ録音。ECMは、録音からリリースまでの期間が長いケースが多々あるのですが、この4年間のタイムラグは何を物語るのでしょうか?プロデューサーManfred Eicherの、もしくは、Keith Jarrett本人の気持ちが熟すのを待つ時間なのでしょうか? 冒頭は、Jarrettのピアノソロから、Miles Davisの「Solar」へ。「Solar」は、過去にも「Tribute」でBill Evansに捧げる曲として演奏されたことがあります。ピアノの音と共にJarrettの声が高く響くということは、演奏がのっている証拠のようで、曲も自在に展開していきます。 2曲目「 Stars Fell On Alabama」は、このトリオを聴き続けて良かったと実感できる素晴らしいバラード。 続く「Between the Devil and the Deep Blue Sea」は、軽快な曲調で、4ビートの良さを改めて思い知らされます。10年程前にこの目で観ることが出来たライブの様子を思い出しました。 4曲目「Somewhere/Everywhere」は、この日最大の山場でしょうか?先ず、「West Side Story」からの「Somewhere」。スローなバラードが切々と演奏されます。Gary Peacockの小川のせせらぎを思わせるベースソロは相変わらずの絶品。後半はJarrettのオリジナル「Everywhere」で、ゴスペル調の広がり、雄大なスケール感は、正にKeith Jarrettにしか表現できない世界。20分にもおよぶ熱演で、観客の興奮度も頂点に達したかのよう。 5曲目も「West Side Story」からの「Tonight」で、3人が堰を切ったようなスピード感あふれる演奏を披露。Jack DeJohnetteのドラムソロは「カッコいい」の一言。明快にくっきりと奏でられるお馴染みのテーマは、熱狂する観客へのサービスか? ラストの「I Thought About You」は、ラブソングをしんみりと奏でてくれます。特にPeacockの語りかけるようなベースソロが、グッと胸に迫ってきます。 好きなミュージシャンの新作を聴く際の心持ちとして、変化を楽しむ(期待する)場合と、変わらないことを善しとする場合があると思います。 Keith Jarrett率いるStandards trioの新作に接する際は、やはり後者ということになるのでしょうか? 全世界のジャズファンを熱狂させた「Standards Vol.1」がリリースされたのが1983年なので、このジャズ史に名を刻むピアノトリオは、30年の長きにわたり、第一線で活躍し、傑作群を我々に届けてくれたことになります。 新たなリリースに関しては、その演奏内容が予定調和的だと片付けてしまう人もいると思います。しかし、私は、気の合う友達のいつまでも変わらない部分に惹かれるのと同じ感覚を、このトリオの作品に抱いてしまいます。 揺るぎない信念のもとに演奏を続けるレジェンド達の、いつまでも変わらないことへの感謝を込めて、聴き込みたいと思います。

    hiro . |60year

    0

You have already voted

Thankyou.

%%message%%