James Taylor
Tickets Available New Items Available

James Taylor

James Taylor | Free delivery on orders over 2,500 Yen on "l-tike HMV" (within Japan)! l-tike HMV is a world class entertainment website which provides CD, DVD, Blu-ray, Games and Goods, Books, Comics and Magazines. Ponta Point available for both sites! Special campaigns and limited novelty with multiple payment & delivery options for our customer’s satisfaction!

James Taylor Profile

When people use the term singer/songwriter (often modified by the word sensitive) in praise or in criticism, they're thinking of James Taylor. In the early '70s, when he appeared with his introspective songs, acoustic guitar, and calm, understated singing style, he mirrored a generation's emotional exhaustion after tumultuous times. Just as Bing Crosby's reassuring voice brought the country out of...

Tickets Information of James Taylor

All Tickets Lists

Masterpiece/Best sellers of James Taylor

Product List of James Taylor

Product List

Narrow the Items

Search products of James Taylor with format.

Showing 1 - 10 of 115 items

See All Items

Related Items to James Taylor

James Taylor Customer Reviews

34Reviews

Read all customer reviews (34)

  • これはですね 買いのアルバムですよ。JTの「Knock ...

    Posted Date:2011/05/05

    これはですね 買いのアルバムですよ。JTの「Knock On Wood 」なんてなかなか聞けませんもんね。

    nonkipapa .

    0
  • タイトル,このジャームスのスマイル,そして前編を流...

    Posted Date:2007/12/03

    タイトル,このジャームスのスマイル,そして前編を流れる優しいメロディー…AORという枠ではとらえきれない,深い海のようなアルバム。

    mi .

    1
  • 最近、個人的に求めていた音楽(演奏)でした。BGM...

    Posted Date:2009/07/05

    最近、個人的に求めていた音楽(演奏)でした。BGMに近い、と言った感じ。床屋で髭剃りをしてもらっている間、目を閉じて天井のBOSEから、 流れてくる音とすれば、ピッタリとするAORじゃないでしょうか。こういった抑制を効かせたJTも良い! 同時期のケニーランキン”アフターローゼス”でも、時のAOR寄りなプロダクションで没個性とされていた向きも あるかもしれませんが、シチュエーションによっては2人のこんなスタイルもありと思います。アーティストの作品に対峙するのもしんどい時があるので。(絶叫shoutやゴリゴリギター弾きまくりは時にtoo much!!) 椅子の肘掛けの先に指が勝手に小躍りしてリズムを取りたくなる様なのって、いいですよね。 作品の評価に戻ると、M9からM10の流れがいい雰囲気!チェロやヴィオラで始まり、2曲目でstringsのアレンジ(指揮はArif Marden)が施されている。かの名曲に弦楽部を挿入するなんて!と大袈裟に思われがちですが、そのアレンジに比して訥々と歌うJTの妙が良い。 また、M5ではいかにもアメリカを感じさせるTRUCKの歌物(カントリーの定番題材ですな、やっぱり放浪ですか)があり、ラストのM12では、牢獄から自由を希求する歌がある。(呪縛からの開放って、ハンク・ウイリアムスの’ I saw the light ’ だし、dylanの ’ I shall be released ’ と共通の認識がそこにある) 面白いのはM1で カンパニー(やっぱレコード会社ですかね)を皮肉っているあたりはNeil Youngの 『This note’s for you』とシンクロして、2人の同種の志向性が伺えて楽しい。 そう言えば、かの御大の『Hawks&Doves』ジャケットって、きわめてシンプルでJTのこの『Flag』と似ている。そう考えるとこの作品って、JTの ’ show the flag ’を表明しているとも取れなくもない。JTの自国を愛する気持ちが、そして市井の人々の様々な悲哀を感じ取って歌に込めている感じが伝わってくる。 ちなみに、『Flag』のアルバム裏はイメージビューでは分からないですが、寒色系の青ツートンが施されたデザインとなっています。(表=暖色系、裏=寒色、明と暗、人間の哀切が感じられますなぁー)

    yoshiyy .

    0

You have already voted

Thankyou.

%%message%%