Special Features Related to This Product

Tags related to this item

DVD

Nhk Futari/Kokuriko Zaka.Chichi To Ko No Sanbyaku Nichi Sensou-Miyazaki Hayao*miyazaki Goro-

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
VWDZ8156
Number of Discs
:
1
:
2 (Japan)
Format
:
DVD

Content Description

巨匠・宮崎駿監督と、その息子で同じくアニメーション映画監督の宮崎吾朗。
衝突しながらも映画『コクリコ坂から』の制作に情熱を燃やす“ふたり”(父と子)の絆を描いたメイキング・ドキュメンタリー

本作『NHK ふたり/コクリコ坂・父と子の300日戦争〜宮崎 駿×宮崎吾朗〜』は2人の人物の絆を描く新しいドキュメンタリー番組として、2011年7月の『コクリコ坂から』の劇場公開に併せて製作され、2011年8月にNHKで放送されました。
今回が初のDVD/ブルーレイディスク化となります。
2011年7月16日に公開された映画『コクリコ坂から』は1963年の横浜を舞台に、親子2世代にわたる青春を描いています。
企画・脚本を担当したのは巨匠・宮崎駿。監督はその長男、宮崎吾朗。
2011年の邦画1 の成績を残したこの作品は、ふたりにとって初めての合作です。
その制作現場に10ヶ月にわたりカメラが密着しました。
6年前、反対を押し切って『ゲド戦記』を監督した息子を父・駿監督は認めていませんでした。
一貫してアニメーションの世界を追求してきた父にとって、全く別の道を歩んできた息子がいきなり監督をやることは許しがたいことでした。
「アニメーションを作ってみたい」という気持ちを持ち続けていた息子と、父の気持ちはすれ違ったままでした。
そして始まった今回の映画作り。ヒロイン・海のキャラクター設定をめぐっての様々な葛藤。
70歳にしてなお映画への情熱をたぎらせる父と、偉大な父と比較される宿命を背負いながら挑戦を続ける息子は、映画制作を通して幾度も衝突します。
逼迫したスケジュールのなか、3月11日、東日本大震災が発生。
混乱する現場を一喝した駿監督の思いと、映画を完成させるべくスタッフを束ねて走りきることを選んだ吾朗監督の決意とは――

「この映画が この事態に 多くの人たちに 何かの支えになってくれたらうれしいなと思います」(宮崎駿)
「僕らが今できるのは映画を作りつづけることだけだろう」(宮崎吾朗)
本作は、ぶつかりあい、反発しながらも、「映画を作る」という同じ仕事に向かって情熱を燃やす「ふたり」
−父と子の関係を、親子2世代の物語として描かれた映画『コクリコ坂から』を通して見つめる“メイキング・ドキュメンタリー”です。

【クレジット】
語り:石田ゆり子
写真:近藤篤 編集:野島邦光 音響効果:三澤恵美子 映像デザイン:山口高志
音声:緒方慎一郎 映像技術:川上智子 撮影・ディレクター:荒川格 制作統括:有吉伸人

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Items of Same Cast Member

Recommend Items

l-tike HMV Recommend