CD

Mendelssohn, Grieg: Violin Sonata, Stravinsky, Sibelius : Jang Yoojin(Vn)Kae Ozawa(P)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
OVCL00641
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
CD

Product Description

第6回仙台国際音楽コンクール ヴァイオリン部門優勝
チャン・ユジン(ヴァイオリン)


第6回仙台国際音楽コンクール覇者、若き俊英入魂の秀演

「知・情・意のバランスが非常によく取れたヴァイオリニスト。ガダニーニによる美しい音色も魅力だが、作曲家の内面の声を音楽にすることが出来る可能性を持った演奏家である。それは弦楽四重奏団のメンバーとして活動している経験から来るものかもしれない。音楽をよく聴き、それを表現する。それが自然に出来る演奏家はなかなか居ないと思うし、ユジンはそれが出来る演奏家である。今後の活躍にも期待したい。」〜片桐卓也〜(メーカー資料より)

【収録情報】
● メンデルスゾーン:ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調 (1838)
● ストラヴィンスキー:ディヴェルティメント
● グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ第2番ト長調 op.13
● シベリウス:6つの小品 op.79から第1曲『思い出』/第5曲『牧歌的舞曲』/第6曲『子守歌』


 チャン・ユジン(ヴァイオリン)
 小澤佳永(ピアノ)

 録音時期:2017年6月28,29日
 録音場所:日立システムズホール仙台(仙台市青少年文化センター)
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

【チャン・ユジン JANG Yoojin】
第6回仙台国際音楽コンクールヴァイオリン部門優勝。9歳からKBS交響楽団、ソウル・フィルなどと共演を重ね、11歳で初リサイタル。繊細な解釈に加え、「炎のヴィルトゥオーゾ」とも称される演奏スタイルで賞賛を受けてきた。
2007年にイヴァン・フィッシャー指揮ブダペスト祝祭管弦楽団とチャイコフスキーを共演して注目を浴びる。2009年にソウルで紀尾井シンフォニエッタ東京と共演、スペインのエクスレマドゥーラ管弦楽団との共演も絶賛を博し、再招聘を受けた。
2004年メニューイン・コンクール第3位、2009年ソウル国際音楽コンクール第4位、マイケル・ヒル国際ヴァイオリン・コンクール第2位および聴衆賞、委嘱作品ベスト・パフォーマンス賞。2013年には宗次エンジェル・ヴァイオリン・コンクールに優勝し、ストラディヴァリウスの銘器「レインヴィル」を2年間貸与された。2014年インディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクール第5位、2015年チャイコフスキー国際コンクールセミファイナリスト。
2016年、仙台国際音楽コンクールで優勝、ファイナルで演奏したストラヴィンスキーとメンデルスゾーンの協奏曲は聴衆に大きな感動を与えた。現在、日本各地で優勝記念リサイタルや主要オーケストラとのコンサートに登場している。
韓国国立芸術大学を首席で卒業、ボストン・ニューイングランド音楽院でミリアム・フリードに師事。(メーカー資料より)

Track List   

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Chamber Music Items Information

Recommend Items