CD Import

Giulini: Carlo Maria Giulini Dg & Sony Recordings

User Review :5.0
★
★
★
★
★
(2)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
DN0025
Number of Discs
:
64
Label
:
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description


カルロ・マリア・ジュリーニ 〜ドイツ・グラモフォン&ソニー・レコーディングス(64CD)

ジュリーニがドイツ・グラモフォンとソニー・クラシカルにレコーディングしたコンサート・レパートリー音源を集めた大型ボックスが韓国ユニバーサルから登場。
 世界初CD化となるアイネムの51分を超えるカンタータ『あとから生まれるひとびとに』も収録しています。
 美麗な紙ボックス仕様で豪華ブックレット(韓・英・日)を封入、内袋入りの各ディスクは、それぞれオリジナル・デザインが印刷された紙ジャケットに収納されています。

【収録情報】
Disc1
・モーツァルト:交響曲第40番 ト短調 K.550
・モーツァルト:交響曲第41番 ハ長調 K.551 『ジュピター』
 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団

Producer: Erik Smith
Recording Engineer: Kenneth Wilkinson
Recording: October 1965, Kingsway Hall, London

Disc2
・リスト:ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調
・リスト:ピアノ協奏曲第2番 イ長調
・リスト:ヴェネツァとナポリ(巡礼の年 第2年)
 ラザール・ベルマン(ピアノ)
 ウィーン交響楽団

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Werner Mayer
Recording Engineer: Günter Hermanns(1-9), Hans-Peter Schweigmann(10-12)
Recording: June 1976, Simmeringer Hof, Wien, May 1977, Herkulessaal, München

Disc3
・ムソルグスキー:展覧会の絵(管弦楽版編曲:ラヴェル)
・プロコフィエフ:古典的交響曲 ニ長調op.25
 シカゴ交響楽団

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Klaus Scheibe
Recording Engineer: Volker Martin, Klaus Behrens
Recording: April 1976, Medinah Temple, Chicago

Disc4,5
・マーラー:交響曲第9番 ニ長調
 シカゴ交響楽団

・アイネム:カンタータ『あとから生まれるひとびとに』op.42
 ユリア・ハマリ(メゾ・ソプラノ)
 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
 ウィーン楽友協会合唱団
 ウィーン交響楽団

Producer: Günther Breest (Mahler)
Recording Supervision: Klaus Scheibe (Mahler)
Recording Engineer: Volker Martin, Klaus Behrens (Mahler)
Recording: April 1976, Medinah Temple, Chicago (Mahler), November 1975, Wien(Einem)

Disc6
・ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調op.95 『新世界から』
 シカゴ交響楽団

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Cord Garben
Recording Engineer: Hans-Peter Schweigmann
Recording: April 1977, Orchestra Hall, Chicago

Disc7
・シューベルト:交響曲第9番 ハ長調 D.944 『ザ・グレート』
 シカゴ交響楽団

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Cord Garben
Recording Engineer: Hans-Peter Schweigmann
Recording: April 1977, Orchestra Hall, Chicago

Disc8
・ドヴォルザーク:交響曲第8番 ト長調op.88

 シカゴ交響楽団

Producer: Cord Garben
Recording Supervision: Cord Garben
Recording Engineer: Hans-Peter Schweigmann
Recording: March 1978, Orchestra Hall, Chicago

Disc9
・シューベルト:交響曲第4番 ハ短調 D.417 『悲劇的』
・シューベルト:交響曲第8番 ロ短調 D.759 『未完成』
 シカゴ交響楽団

Producer: Cord Garben
Recording Supervision: Cord Garben
Recording Engineer: Hans-Peter Schweigmann
Recording: March 1978, Orchestra Hall, Chicago

Disc10
・ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 op.55 『英雄』
 ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Hans-Peter Schweigmann
Recording: November 1978, Shrine Auditorium, Los Angeles

Disc11
・ショパン:ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 op.11
 クリスティアン・ツィメルマン(ピアノ)
 ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Günther Breest, Wolfgang Stengel
Recording Supervision: Hans-Peter Schweigmann
Recording Engineer: Klaus Behrens, Jobst Eberhardt
Recording: Live, November 1978, Music Center, Los Angeles

Disc12
・ショパン:ピアノ協奏曲第2番 へ短調 op.21
・ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗な大ポロネーズ 変ホ長調op.22
 クリスティアン・ツィメルマン(ピアノ)
 ロサンジェルス・フィルハーモニー

Producer: Hanno Rinke
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Hans-Peter Schweigmann
Recording: November 1979, Shrine Auditorium, Los Angeles

Disc13
・ブリテン:テノール、ホルンと弦楽のためのセレナードop.31
・ブリテン:イリュミナシオンop.18
 ロバート・ティアー(テノール)
 デイル・クレヴェンジャー(ホルン) (1-8)
 シカゴ交響楽団 (op.31)
 フィルハーモニア管弦楽団(op.18)

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Cord Garben
Recording Engineer: Hans-Peter Schweigmann
Recording: April 1977, Orchestra Hall, Chicago (op.31), September 1978, London (op.18)

Disc14
・ドビュッシー:海〜管弦楽のための3つの交響的素描
・ラヴェル:マ・メール・ロワ
・ラヴェル:スペイン狂詩曲
 ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Hanno Rinke
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Hans-Peter Schweigmann
Recording: November 1979, Shrine Auditorium, Los Angeles

Disc15
・ベートーヴェン:交響曲第6番 へ長調 op.68 『田園』
 ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Hanno Rinke
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Hans-Peter Schweigmann
Recording: November 1979, Shrine Auditorium, Los Angeles

Disc16
・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 op.15
 アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(ピアノ)
 ウィーン交響楽団

Producer: Karl Faust
Recording Supervision: Cord Garben
Recording Engineer: Klaus Hiemann
Recording: September 1979, Musikverein Grosser Saal, Wien

Disc17
:ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 op.73 『皇帝』
 アルトゥーロ・ベネテッディ・ミケランジェリ(ピアノ)
 ウィーン交響楽団

Producer: Karl Faust
Recording Supervision: Cord Garben
Recording Engineer: Klaus Hiemann
Recording: Live, 1 February 1979, Musikverein Grosser Saal, Wien

Disc18
・オペラ・アリア集  プラシド・ドミンゴ(テノール)
 ロジェ・ワーグナー合唱団
 ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Hans-Peter Schweigmann
Recording: November 1980, Shrine Auditorium, Los Angeles

Disc19
・チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 op.74 『悲愴』
 ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Hans-Peter Schweigmann
Recording: November 1980, Shrine Auditorium, Los Angeles

Disc20
・ブラームス:交響曲第2番 ニ長調op.73
 ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Hans-Peter Schweigmann
Recording: November 1980, Shrine Auditorium, Los Angeles

Disc21
・シューマン:交響曲第3番 変ホ長調op.97 『ライン』
・シューマン:マンフレッド序曲op.115 13:35
 ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Hans-Peter Schweigmann
Recording: December 1980, Shrine Auditorium, Los Angeles

Disc22
・ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調op.67
 ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Hans-Peter Schweigmann
Recording: November 1982, Royce Hall, Los Angeles

Disc23
・ブラームス:交響曲第1番 ハ短調op.68
 ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Hans-Peter Schweigmann
Recording: November 1981, Royce Hall, Los Angeles

Disc24
・ロッシーニ:スターバト・マーテル
 カーティア・リッチャレッリ(ソプラノT)
 ルチア・ヴァレンティーニ・テッラーニ(ソプラノU)
 ダルマシオ・ゴンザレス(テノール)
 ルッジェーロ・ライモンディ(バス)
 フィルハーモニー合唱団
 フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Hans-Peter Schweigmann
Recording: August 1981, Watford Town Hall, London

Disc25
・マーラー:大地の歌
 ブリギッテ・ファスベンダー(メゾ・ソプラノ)
 フランシスコ・アライサ(テノール)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Klaus Scheibe
Recording: February 1984, Philharmonie, Berlin

Disc26,27
・ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調(1890, ノヴァーク版)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Klaus Scheibe
Recording: May 1984, Musikverein Grosser Saal, Wien

Disc28
・フォーレ:レクィイエムop.48
・ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ 7:00
 キャスリーン・バトル(ソプラノ)
 アンドレアス・シュミット(バリトン)
 フィルハーモニア合唱団
 フィルハーモニア管弦楽団

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Klaus Scheibe
Recording: March 1986, Watford Town Hall, London

Disc29
・フランク:交響曲 ニ短調
・フランク:交響詩『プシュケ』
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

Producer : Günther Breest
Recording Supervision : Hans Weber
Recording Engineer : Klaus Scheibe
Recording : February 1986, Philharmonie, Berlin

Disc30
・ブルックナー:交響曲第7番 ホ長調
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Klaus Scheibe
Recording: June 1986, Musikverein Grosser Saal, Wien

Disc31
・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 ハ短調op.37
 アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(ピアノ)
 ウィーン交響楽団

Producer: Karl Faust
Recording Supervision: Cord Garben
Recording Engineer: Klaus Hiemann
Recording: Live, February 1979, Musikverein Grosser Saal, Wien

Disc32
・モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488
・モーツァルト:ピアノ・ソナタ 変ロ長調 K.333(315c)
 ウラディミール・ホロヴィッツ(ピアノ)
 スカラ座フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Thomas Frost
Recording Engineer: Wolf-Dieter Karwatky
Recording: March 1987, Teatro Abanella, Milano

Disc33
・ブラームス:ドイツ・レクィエムop.45
 バーバラ・ボニー(ソプラノ)
 アンドレアス・シュミット(バリトン)
 ルドルフ・シュルツ(オルガン)
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Klaus Scheibe
Recording: Live, June 1987, Musikverein Grosser Saal, Wien

Disc34,35
・ヴェルディ:レクィエム
 シャロン・スウィート(ソプラノ)
 フローレンス・クィヴァー(アルト)
 ヴィンソン・コール(テノール)
 サイモン・エステス(バス)
 エルンスト・ゼンフ合唱団
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

Executive Producer: Günther Breest, Claudia Hamann
Recording Supervision: Werner Mayer
Recording Engineer: Ulrich Vette
Recording: April 1989, Jesus-Christus-Kirche, Berlin

Disc36
・ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調 (ノヴァーク版)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Günther Breest
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Klaus Hiemann
Recording: Live, June 1988, Musikverein Grosser Saal, Wien

Disc37
・ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調op.125 『合唱』
 ユリア・ヴァランディ(ソプラノ)
 ヤルト・ヴァン・ネス(メゾ・ソプラノ)
 キース・ルイス(テノール)
 サイモン・エステス(バス)
 エルンスト・ゼンフ合唱団
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Günther Breest, Andreas Holschneider
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Gregor Zielinsky
Recording: February 1989, February, 1990, Philharmonie, Berlin

Disc38
・ブラームス:交響曲第4番 ホ短調op.98
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Andreas Holschneider
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Hans-Peter Schweigmann
Recording: May 1989, Musikverein Grosser Saal, Wien

Disc39
・ブラームス:交響曲第3番 ヘ長調op.90
・ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲op.56a
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Andreas Holschneider
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Günter Hermanns
Recording: May 1990, Musikverein Grosser Saal, Wien

Disc40
・ブラームス:交響曲第1番 ハ短調op.68
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Andreas Holschneider, Ewald Markl
Recording Supervision: Hans Weber
Recording Engineer: Günter Hermanns
Recording: April 1991, Musikverein Grosser Saal, Wien

Disc41
・ブラームス:交響曲第2番 ニ長調op.73
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: Andreas Holschneider, Ewald Markl
Recording Supervision: Werner Mayer
Recording Engineer: Günter Hermanns
Recording: April 1991, Musikverein Grosser Saal, Wien

Disc42
・シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調op.54
・シューマン:ノヴェレッテ op.21
 アルトゥール・ルービンシュタイン(ピアノ)
 シカゴ交響楽団

Producer: Max Wilcox
Recording: 8 March 1967, Orchestra Hall, Chicago, 24 April 1965, RCA Italiana Studios, Roma

Disc43
・モーツァルト:レクィエム ニ短調 K.626
 リン・ドーソン(ソプラノ)
 ヤルト・ヴァン・ネス(アルト)
 キース・ルイス(テノール)
 サイモン・エンテス(バス)
 フィルハーモニア合唱団
 フィルハーモニア管弦楽団

Producer: David Mottley
Recording Engineer: Michael Sheady
Recording: 19-21 April 1989, Walthamstow Assembly Hall, London

Disc44
・ムソルグスキー:展覧会の絵(管弦楽版編曲:ラヴェル)
・ストラヴィンスキー:組曲『火の鳥』
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

Producer: David Mottley
Recording Engineer: Michael Sheady, Andreas Neubronner
Recording: 17, 19 February 1990, Jesus-Christus-Kirche, Berlin, 23, 24 November 1989, Concertgebouw, Amsterdam

Disc45
・ヴィヴァルディ:クレド ホ短調 RV.591
・ヴェルディ:聖歌四篇
 シャロン・スウィート(ソプラノ)
 エルンスト・ゼンフ合唱団
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: David Mottley
Recording Engineer: Sid McLauchlan
Recording: 16 February 1991, Jesus-Christus-Kirche, Berlin, Live, 7-8 September 1990, Philharmonie, Berlin

Disc46
・ドヴォルザーク:交響曲第8番 ト長調op.88
・ラヴェル:組曲『マ・メール・ロア』
 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
 ロサンジェルス・フィルハーモニー

Producer: David Mottley, Hanno Rinke
Recording Engineer: Sid McLauchlan, Hans Weber
Recording: 13, 14 December 1990, Concertgebouw, Amsterdam, 15, 16 November 1979, Shrine Auditorium, Los Angeles

Disc47
・モーツァルト:交響曲第40番 ト短調 K.550
・モーツァルト:交響曲第41番 ハ長調 K.551 『ジュピター』
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: David Mottley
Recording Engineer: Sid McLauchlan
Recording: 24-26 May 1991, Jesus-Christus-Kirche, Berlin

Disc48
・モーツァルト:交響曲第39番 変ホ長調 K.543
・モーツァルト:協奏交響曲 変ホ長調 K.297B
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: David Mottley
Recording Engineer: Sid McLauchlan
Recording: 19, 20 March 1992, 14, 15 February 1991, Jesus-Christus-Kirche, Berlin

Disc49
・ベートーヴェン:交響曲第1番 ハ長調op.21
・ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調op.92
 スカラ座フィルハーモニー管弦楽団

Producer: David Mottley
Recording Engineer: Marcus Herzog
Recording: 8 December 1991, 27 September 1991, Teatro Abanella, Milano
Disc50
・ベートーヴェン:交響曲第2番 ニ長調op.36
・ベートーヴェン:交響曲第8番 ヘ長調op.93
 スカラ座フィルハーモニー管弦楽団

Producer: David Mottley
Recording Engineer: Sid McLauchlan
Recording: 8-11 December 1991, 20-22 September 1992, Teatro Abanella, Milano

Disc51
・シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調op.54
・シューマン:アラベスク op.18
・シューベルト:ます(編曲:リスト)
・シューベルト:魔王(編曲:リスト)
・グリーグ:謝肉祭〜人々の生活の情景op.19-3
・グリーグ:君を愛すop.41-3
・リスト:ウィーンの夜会 第6番
 エフゲニー・キーシン(ピアノ)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: David Mottley
Recording Engineer: Sid McLauchlan
Recording: Live, 21-26 May 1992, Musikverein Grosser Saal, Wien, 26-28 October 1992, Sophiensaal, Wien

Disc52
・ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調op.61
・ベートーヴェン:ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス第1番 ト長調op.40
・ベートーヴェン:ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス第2番 ヘ長調op.50
 サルヴァトーレ・アッカルド(ヴァイオリン)
 スカラ座フィルハーモニー管弦楽団

Producer: David Mottley
Recording Engineer: Marcus Herzog
Recording: 10-13 December 1992, Teatro Abanella, Milano

Disc53
・シューベルト:交響曲第9番 ハ長調 D.944 『ザ・グレート』
 バイエルン放送交響楽団

Producer: David Mottley, Wolfram Graul
Recording Engineer: Peter Urban
Recording: Live, 27, 28 February 1993, Herkulessaal, München

Disc54
・ベートーヴェン:序曲『コリオラン』 op.62
・ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調op.68 『田園』
・ベートーヴェン:『エグモント』序曲 op.84
 スカラ座フィルハーモニー管弦楽団

Producer: David Mottley
Recording Engineer: Sid McLauchlan, Marcus Herzog
Recording: 17 November 1992, 27-28 September 1991, 22 September 1992, Teatro Abanella, Milano

Disc55
・ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調op.55 『英雄』
 スカラ座フィルハーモニー管弦楽団

Producer: David Mottley
Recording Engineer: Marcus Herzog
Recording: 15-17 November 1992, Teatro Abanella, Milano

Disc56
・ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調op.67
・ベートーヴェン:交響曲第4番 変ロ長調op.60
 スカラ座フィルハーモニー管弦楽団

Producer: David Mottley
Recording Engineer: Marcus Herzog
Recording: 17-20 October 1993, Teatro Abanella, Milano

Disc57,58
・ドヴォルザーク:交響曲第7番 ニ短調op.70
・ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調op.95 『新世界から』
 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

Producer: David Mottley
Recording Engineer: Sid McLauchlan
Recording: 7, 8 May 1992, Concertgebouw, Amsterdam

Disc59
・フランク:交響曲 ニ短調
・フランク:ピアノと管弦楽のための交響的変奏曲
 ポール・クロスリー(ピアノ)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

Producer: David Mottley
Recording: 12 June 1993, 11 June 1993, Musikverein Grosser Saal, Wien

Disc60
・ドビュッシー:海〜管弦楽のための3つの交響的素描
・ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
・ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
・ラヴェル:組曲『マ・メール・ロワ』
 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

Producer: David Mottley
Recording Engineer: Marcus Herzog, Andreas Neubronner
Recording: 23-25 February 1994, 23, 24 November 1989, Concertgebouw, Amsterdam

Disc61
・シューベルト:交響曲第8番 ロ短調 D.759 『未完成』
・シューベルト:交響曲第4番 ハ短調 D.417 『悲劇的』
 バイエルン放送交響楽団

Producer: David Mottley
Recording Supervision: Bernhard Albercht, Wolfram Graul
Recording Engineer: Peter Jutte, Peter Urban
Recording: 24-28 April 1995, 27, 28 February 1993, Herkulessaal, München

Disc62,63
・バッハ:ロ短調ミサ BWV.232
 ルート・ツィーザク(ソプラノ)
 ロバータ・アレクサンダー(ソプラノ)
 ヤルド・ファン・ネス(アルト)
 キース・ルイス(テノール)
 デイヴィッド・ウィルソン=ジョンソン(バス)
 バイエルン放送合唱団
 バイエルン放送交響楽団

Producer: David Mottley
Recording Supervision: Wolfram Graul
Recording Engineer: Peter Jutte
Recording: Live, 2, 3 June 1994, Herkulessaal, München

Disc64
・シューベルト:ミサ曲第6番 変ホ長調 D.950
 ルート・ツィーザク(ソプラノ)
 ヤルト・ヴァン・ネス(メゾ・ソプラノ)
 ヘルベルト・リッペルト(テノール)
 ヴォルフガング・ヒュンテン(テノール)
 アンドレアス・シュミット(バリトン)
 バイエルン放送合唱団
 バイエルン放送交響楽団

Producer: David Mottley
Recording Supervision: Bernhard Albrecht
Recording Engineer: Peter Jutte
Recording: Live, 24-28 April 1995, Herkulessaal, München

 カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮)

【ジュリーニ・プロフィール】
美しい名前と洗練された容姿、そしてヒューマンな人格の持ち主だった稀有の名指揮者、カルロ・マリア・ジュリーニは、1914年5月9日、南イタリアのヴェローナ近郊、バルレッタという都市に、北イタリア出身の裕福な両親の息子として誕生しました。
 ジュリーニは5歳のときに旅回りのヴァイオリン弾きに魅せられ、父親にねだってヴァイオリンの学習を始めます。地元の音楽学校に学んだ後、1930年にローマの聖チェチーリア音楽院に入学、ヴィオラと作曲を専攻。在学中から同音楽院管弦楽団のヴィオラ奏者も務め、ブルーノ・ワルターオットー・クレンペラーヴィルヘルム・フルトヴェングラーといった名指揮者たちのもとでの演奏を経験。卒業後、聖チェチーリア国立アカデミーで指揮法をベルナルディーノ・モリナーリに師事し、指揮者への道を志すこととなります。

【1940年代】
 第二次世界大戦中の1942年、ローマで知り合った実業家の娘、マルチェッラ・デ・ジローラミと結婚。その後、イタリア陸軍に従軍し、パルチザン掃討のためクロアチアに赴きますが、そこでの経験が彼を平和主義者に変え、強固な反ファシストの考えのもと、ローマに戻ったのちに軍隊から離脱、ポスターなどで手配されるものの、妻の叔父の家にある秘密の部屋に9ヶ月間潜伏して終戦を迎えます。
 その後、ローマが開放された1944年6月、記念演奏会で聖チェチーリア音楽院管弦楽団を指揮してデビュー。ブラームスの交響曲第4番ほかを指揮した公演は大成功を収め、プレヴィターリの後任として、ローマ・イタリア放送交響楽団の指揮者に起用されます。
 1946年、ローマ・イタリア放送交響楽団の音楽監督に就任。
 1949年、7月にマリピエロ、ミヨー、ペトラッシの作品をローマ・イタリア放送交響楽団と演奏。

【1950年代】
 1950年、ミラノ・イタリア放送交響楽団に移ります。この頃からヨーロッパ各地の音楽祭を中心とした客演活動を盛んにおこなうようになります。
 1951年、ミケランジェリとモーツァルトのピアノ協奏曲で共演、さらにミラノ・イタリア放送交響楽団との演奏会形式オペラ上演では『アッティラ』『二人のフォスカリ』『ブルスキーノ氏』を取り上げています。また、ジュリーニの指揮したハイドンの『月の世界』を聴いたトスカニーニが演奏を絶賛、これを機にトスカニーニから指揮について教えを受けてもいます。
 1952年、スカラ座にデビュー、この年にはジュリーニ初のレコーディング・セッションとなるケルビーニのレクイエムをEMIに録音。
 1953年、フランクフルトで、ヘッセン放送管弦楽団(現フランクフルト放送交響楽団)に客演してグリュミオーのヴァイオリン独奏でメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を指揮。同年12月7日には、スカラ座のシーズン初日でカタラーニの『ワリー』をテバルディの主役で上演し成功を収めます。
 1954年、ヴィクトル・デ・サーバタの後任として、スカラ座首席指揮者に就任し、ロッシーニ『セビーリャの理髪師』『シンデレラ』、ヴェーバー『オイリアンテ』グルック『アルチェステ』などを指揮。
 1955年、セッションでロッシーニ『アルジェのイタリア女』、ペルゴレージの『奥様女中』をEMIに録音。さらにフィルハーモニア管弦楽団を指揮してヴィヴァルディの『四季』をEMIに録音。オペラ上演では、5月28日のマリア・カラスとの『椿姫』が話題になったほか、グラインドボーンに客演した際の『ファルスタッフ』も大評判となります。
 1956年、スカラ座首席指揮者を辞任。フィルハーモニア管弦楽団とのレコーディング・セッションに熱心に取り組み、ビゼーの『子供の遊び』、チャイコフスキーの交響曲第2番『小ロシア』、ストラヴィンスキーの『火の鳥』、ムソルグスキー『禿山の一夜』、ラヴェル『マ・メール・ロワ』、ボッケリーニ:シンフォニア、ハイドン:交響曲第94番『驚愕』などをEMIに録音。オペラ上演では、1月29日、スカラ座でのマリア・カラスとの『椿姫』や、同じくスカラ座で2月16日におこなわれた『セビーリャの理髪師』などがありました。
 1957年、フィルハーモニア管弦楽団を指揮して、名演の誉れ高いフランクの交響曲ニ短調を録音。同じ7月にファリャの『三角帽子』も収録され、9月にはシュタルケルとのシューマンのチェロ協奏曲とサンーサーンスの第1番を録音します。
 1958年、フィルハーモニア管弦楽団を指揮して、シューマンの交響曲第3番『ライン』[マーラー版]&『マンフレッド』、ラヴェルの『ダフニスとクロエ』第2組曲ほかをセッション・レコーディング。オペラ上演では、ロイヤル・オペラ100周年記念上演をヴィスコンティの演出による『ドン・カルロ』で指揮して評判となります。
 1959年、フィルハーモニア管弦楽団を指揮して、『フィガロの結婚』全曲、『ドン・ジョヴァンニ』全曲、チャイコフスキー:交響曲第6番『悲愴』ロッシーニ:序曲集をセッション録音。

【1960年代】
 1960年、フィルハーモニア管弦楽団を指揮して、ブラームスのピアノ協奏曲第1番をセッション録音。ピアノ独奏はクラウディオ・アラウ。また、トリノでは、モーツァルトの40&41番を指揮しています。オペラでは、コヴェントガーデンにて『セビーリャの理髪師』を上演。

 1961年、フィルハーモニア管弦楽団を指揮して、ドヴォルザークの交響曲第9番『新世界より』、ブラームス:ハイドン変奏曲をセッション録音。コンサートでは、同じくフィルハーモニア管と、『悲愴』『展覧会の絵』チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番(ルービンシュタイン)ショパンのピアノ協奏曲第2番(ルービンシュタイン)などを演奏。オペラでは、コヴェントガーデンにてヴェルディの『ファルスタッフ』を上演。
 1962年、フィルハーモニア管弦楽団を指揮して、名高いドビュッシー:海、夜想曲、ブラームスの交響曲第1番、第2番、第3番、ピアノ協奏曲第2番(ピアノ独奏はクラウディオ・アラウ)、悲劇的序曲、ドヴォルザーク:交響曲第8番などをセッション録音。コンサートでは、ブラームスの交響曲第2番とヴェルディ聖歌四篇ほかをとりあげたボストン響への客演がありました。
 1963年、コンセルトヘボウに客演して、ヴェルディの『ファルスタッフ』を演奏会形式上演。フィルハーモニア管弦楽団とのコンサートでは、ヴェルディのレクイエムや、ドヴォルザークの交響曲第8番を演奏。
 1964年、フィルハーモニア管弦楽団を指揮して、ヴェルディのレクイエムをセッション録音し、さらにロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのコンサートでも演奏。また、TV放送コンサートで、モーツァルトの40番と、ムソルグスキーの展覧会の絵、ファリャの三角帽子を演奏。オペラでは、コヴェントガーデンにて、ヴィスコンティ演出によりヴェルディの『トロヴァトーレ』を上演。
 1965年、ニュー・フィルハーモニア管弦楽団を指揮してモーツァルトの交響曲第40&41番を、デッカにセッション録音。オペラではローマで『セビーリャの理髪師』を上演。また、ミラノでは、ハイドンの交響曲第104番とモーツァルトの交響曲第40&41番を指揮しています。
 1966年、ニュー・フィルハーモニア管弦楽団を指揮してラヴェルの『亡き王女のためのパヴァーヌ』と『スペイン狂詩曲』を、EMIにセッション録音。コンサートでは、同じくニュー・フィルハーモニア管とベートーヴェン『ミサ・ソレムニス』、モーツァルトのレクイエムを演奏。オペラでは、ローマとフィレンツェで『リゴレット』を上演しています。
 1967年、シカゴ交響楽団を指揮してシューマンのピアノ協奏曲(ルービンシュタイン)をRCAにセッション録音。コンサートでは、同じくシカゴ交響楽団とドヴォルザーク交響曲第7番、ブラームス交響曲第2番、モーツァルト交響曲第39番、ケルビーニ:レクイエムなどを演奏したほか、ローマで、モーツァルトのグラン・パルティータ、シューベルトの交響曲第4番、ロッシーニのスターバト・マーテルをとりあげています。オペラでは、コヴェントガーデンにてヴェルディの『椿姫』を上演。
 1968年、ニュー・フィルハーモニア管弦楽団を指揮してブラームスの4番、ベートーヴェンの田園、エグモントを、EMIにセッション録音。コンサートでは、セント・ポール大聖堂でのベートーヴェン:ミサ・ソレムニスのほか、エジンバラで、シューベルトのミサ曲第6番交響曲第4番を演奏。この年、シカゴ交響楽団首席客演指揮者に任命されます。
 1969年、シカゴ交響楽団を指揮してブラームスの交響曲第4番、ストラヴィンスキーのペトルーシュカ、火の鳥、ベルリオーズ『ロメオとジュリエット』抜粋をEMIにセッション録音。コンサートでは、ボストン交響楽団に客演して、シューベルトの交響曲第4番、ブラームスの交響曲第4番、ムソルグスキーの展覧会の絵、ハイドンの交響曲第94番などを演奏したほか、ロイヤル・アルバート・ホールで、ブリテン:戦争レクイエムを、ローマでベートーヴェンのミサ・ソレムニスをとりあげています。

【1970年代】
 1970年、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮してベートーヴェンのハ長調ミサを、ロイヤル・オペラを率いてヴェルディの『ドン・カルロ』をEMIにセッション録音。オペラでは、ローマでモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』を演奏会形式で上演。
 1971年、シカゴ交響楽団を指揮してベートーヴェンの交響曲第7番、マーラーの交響曲第1番をEMIにセッション録音。
 1972年、ロンドン交響楽団を指揮してベートーヴェンの交響曲第8番、第9番をEMIにセッション録音。コンサートでは、セント・ポール大聖堂でのバッハ:ロ短調ミサが話題に。
 1973年、ロンドン交響楽団を指揮してブラームスのピアノ協奏曲第1番(ワイセンベルク)をEMIにセッション録音。コンサートでは、チェコ・フィルにベートーヴェンの第九で客演。この年、ウィーン交響楽団の首席客演指揮者に任命されます。
 1974年、ウィーン交響楽団を指揮してブルックナーの交響曲第2番をEMIにセッション録音。ほかにウィーン交響楽団とのセッションとしては、放送用のスタジオ録音で、J.シュトラウスの『皇帝円舞曲』がありました。コンサートでは、ボストン交響楽団に客演して、ブルックナーの交響曲第2番、ヒンデミット:画家マティス、ヴィヴァルディ:四季、ヴェーベルン:パッサカリア、ロッシーニ:スターバト・マーテルを演奏、ニューヨーク・フィルではブルックナーの交響曲第9番、チャイコフスキーの交響曲第2番、モーツァルトの交響曲第38番、ブラームスのピアノ協奏曲第1番(フィルクシュニー)を指揮しています。
 1976年、シカゴ交響楽団を指揮して『展覧会の絵』をドイツ・グラモフォンに録音、以降、シカゴ響とのコンビで、マーラーの交響曲第9番シューベルトの交響曲第9番ドヴォルザークの第9番『新世界より』を相次いでレコーディング、EMIからのブルックナーの交響曲第9番と併せて大きな話題となりました。
 1978年、ロスアンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任、直後に録音したベートーヴェンの交響曲第3番『英雄』は、そのユニークなアプローチで注目を集めました。ロス・フィルとはその後もベートーヴェン『運命』、シューマン『ライン』チャイコフスキー『悲愴』ブラームス:交響曲第1番等を次々とレコーディングしています。
 1979年には9年ぶりのオペラ録音となるヴェルディの『リゴレット』を、ウィーン・フィル、カプッチッリ、ドミンゴなど豪華なメンバーでレコーディング、絶賛を浴びています。

【1980年代】
 1982年、ロス・フィルとのヴェルディ:『ファルスタッフ』で、実際の舞台上演としては十数年ぶりにオペラを指揮、ロスアンジェルスとロンドンで公演をおこなっています。この時期にはロンドン夏の名物「プロムス」にも登場、ブルックナーの交響曲第7番、同じくブルックナーの交響曲第8番で2年連続で指揮台に立っています。
 1984年、夫人の病気のためロスアンジェルス・フィルの音楽監督を辞任、以降はヨーロッパに活動を限定して、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団バイエルン放送交響楽団など選り抜きの名門オーケストラに客演、それらの公演の多くはライヴ収録(または公演前後のセッション)されてドイツ・グラモフォンから、1989年以降はソニーからリリースされています。また、スカラ座フィルを指揮したベートーヴェン交響曲ツィクルスも話題を呼びました。

【1990年代】
 80年代後半に引き続き、限られた名門オケへの客演活動を継続しますが、夫人の病状の悪化にともなって、その回数を徐々に減らしてゆきます。
 1990年、ウィーン市の名誉ゴールド・メダルと、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の名誉リングを授与されます。
 1991年12月5日、モーツァルト200回忌のための「レクイエム」を、法王ヨハネ・パウロ2世臨席のもとヴァチカンにおいて指揮。
 1994年には、ロシアのサンクトペテルブルグ・フィルハーモニー管弦楽団へ客演、ブラームスの交響曲第2番と第4番を指揮して大成功を収めています。
 1995年、マルチェラ夫人が死去。指揮活動が激減します。
 1998年10月、すべての公的活動からの引退を表明。以後、若い音楽家たちの指導に当たることがあったとされていますが、指揮台に立つことはついにありませんでした。
 2005年6月14日、イタリア北部のブレシアにて逝去。享年91歳でした。

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
20世紀の巨匠指揮者カルロ・マリア・ジュ...

投稿日:2015/04/27 (月)

20世紀の巨匠指揮者カルロ・マリア・ジュリーニ  彼の残した膨大な演奏記録からDGとソニー・ミュージックの集大成がBOXされていたのだが、とても高価すぎてなかなか手が出せなかった。 LP時代はもちろん、実はCDが初めて世に出たころの1982年ころ(だったと思うが)その頃は輸入盤が数少なく月に新譜として数枚程度しか発売されていなかったと思う。 しかも1枚当たりが、なんと3500円〜3800円(4500円もあった)もした高価な時代。 その初期の新譜にジュリーニのCDが登場したので単品で購入した記憶がある。 当時は輸入CDもハノーバー工場が殆どプレスしていて、盤質は今から思うと粗悪なものが多い時代だった。 ピンホール抜けしたものや音切れ、ノイズが混入したディスクなどが販売されていた。 当時はショルティ/VPOのシューベルト「グレート」やドラティ/デドロイトの「ツァラトゥストラ」「春の祭典」などと一緒にジュリーニのDGレーベルも発売されていた。 ロスアンジェルスとのブラームス交響曲第2番 このディスクは、第一楽章で音が一瞬途切れることがあったので交換してもらった。 ロス・フィルとのブラームス交響曲第1番、シューマンの「ライン」「マンフレッド」序曲 シカゴ響とのシューベルト「グレート」「悲劇的」「未完成」 などなど、嬉しくも悲しい悲鳴を上げながら手に入れていたのである。 非接触が売り文句のCDとあって長年、手元に置いていたが、ピンホールが気になり売ってしまったことがあった。 それ以来、ジュリーニの購入を遠ざかってしまったのだが、彼の作り出す重厚な音楽は、コレクションとして非常に重要な位置を示すものであることを思ってきた。 しかし、ばら売りで購入するには手間と時間がかかりすぎるため、やむなく目をつぶってしまったのだった。 つい最近になって、カラヤンやショルティ、アバド、マゼールなどかつての名指揮者たちが残した貴重な芸術の記録をBOX化して発売しだしたではないか。 メーカーの目論見としては、オリジナルLP紙ジャケットを再現した形で持っていなければ損をする商品として購買力を注ぎ込ませてきたのだ。 この戦略には脱帽しかない。 重量と保管場所に苦労した嬉しくも苦しかった財政難と保管に頭を悩ませつつ時代を送ってきた自分にとっては、改めてミニチュアLP時代の再現をコレクションとしてラックに並べる感覚を楽しんでいる。 話がそれてしまったが、ジュリーニは実にどの作品も重みとゆったりとしたテンポでじっくりと作曲家の描いた音符を力強く音型で描き切った指揮者だったように思う。 特にベートーヴェンは、独特な音像世界を描いていて線の太い、格調高い音楽として仕上げている。 統一オケとして完全な全曲録音には至っていないものの、BPOとの第九が含まれているので貴重な遺産だと推奨したい。 HMVさんも時々キャンペーンで価格を下げてくれるので、タイミングを見計らって購入することを皆さんにもお伝えしたい。、

古典派研究 さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
 カラヤン60,70、セルBOXと全て韓...

投稿日:2014/01/12 (日)

 カラヤン60,70、セルBOXと全て韓国版で購入してきたが何故か造りに余裕がある。  もはや安心の韓国版大型BOXである。

ヴェラスケス さん | 鹿児島県 | 不明

5

Recommend Items