CD

Future This

Big Pink

Song Samples

User Review :4.0
★
★
★
★
☆
(2)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
BGJ10139
Number of Discs
:
1
Format
:
CD
Other
:
3BonusTracks

Product Description

名門4ADから鮮烈なデビューを飾った二人組による2年ぶりのセカンド。アデルなどを手がけるポール・エプワースをプロデューサーに迎えた本作は、これまでのシューゲイザー的アプローチは大きく後退、突き抜けたメロディとエレクトロなサウンドがフィーチャーされ、訴求力がグンと上がった。(く)(CDジャーナル データベースより)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
レビューが少ないので書き込みます,人気が無い...

投稿日:2012/06/16 (土)

レビューが少ないので書き込みます,人気が無いのかな? この2ndも1st同様にエレクトリックで、 robbieのボーカルも透明感が有りなかなか良いです。 私的には1stの様にもっと,歪んだギターを入れてほしかった。 3rdも期待出来ると思います。

x_nabe さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
'12年発表。しっかり書けてるんだ、この人ら...

投稿日:2012/01/21 (土)

'12年発表。しっかり書けてるんだ、この人らの楽曲は。で、デビュー時はデカダンなシューゲ感がクールだったけど、この2作目ではエレクトロを駆使しながら、もっとポップな場所で勝負しようとしてる。プロデュースがP・エプワース、ミキシングがA・モウルダーというメジャー感で、アリーナでの大合唱が目に浮かぶ…けど。イヤ味を覚えないのは、知性を含んだ冷静な視点の優秀さに感服しちゃうからだな。

madman さん | 東京都 | 不明

0

Introduction Individuals/organizations

Individuals/organizations Page

Big Pink

London residents Robbie Furze and Milo Cordell formed the Big Pink in their home studio, where the two musicians began mixing the droning soundscapes of Spacemen 3 and My Bloody Valentine with the lush electronics of M83. Furze had previously cut his teeth as the guitarist for Panic DHH and Alec Empire, while Cordell's day job (founder and owner of Merok Records) saw him nurturing the talents of t

See More Detailed Profile

Similar Individuals/organizations

Recommend Items