CD Import

Comp.symphonies: Georgescu / George Enescu Po Etc

Beethoven (1770-1827)

User Review :5.0
★
★
★
★
★
(6)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
ERT1001
Number of Discs
:
5
:
International
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description


ベートーヴェン:交響曲全集、序曲集
ジョルジェスク&ジョルジュ・エネスコ・フィル
マスター・テープから初CD化!
エレクト・レコード創立80周年記念
東武ランドシステム共同制作
ヴァイオリン両翼配置!


ジョルジュ・ジョルジェスク(1887-1964)は、ルーマニアを代表する大指揮者。ジョルジュ・エネスコ・フィルの音楽監督を1920年から1944年までと1954から1964年まで務めました。1918年から1920年にはゲヴァントハウス管の副指揮者としてアルトゥール・ニキシュに直接師事、ニキシュに影響を受けた巨匠であり同年代のボールトとも共通するのがヴァイオリンを両翼に配置した古典的演奏スタイルです。
 ジョルジェスクの演奏は、『田園』などクライバー並の超快速で歌心に満ちたもの。リズム感も明快。どこをとってもきびきびしていて聴かせます。エネスコ・フィルも如何にも鄙びた味わいで、木管の懐かしい響きも心を打ちます。
 『合唱』はルーマニア語による歌唱となります。研究好きの方にはメンゲルベルクなどを思わせる楽譜の改訂なども興味深いところと言えましょう。
 CDは日本プレス。英語、日本語によるライナーノート付き。

【エレクト・レコード&東武ランドシステム共同制作】
エレクト・レコードは膨大なバックカタログを誇りますが中々その復刻が進まなかったため、今秋より弊社との共同制作で、重要アイテムを復刻していきます。幸いにもマスター・テープの保管状態は極上、録音データも現存しました。現役のストゥーダーのデッキで慎重に再生され、マスタリングを施しました。
 次回以降には、マンデアルのブルックナー:交響曲全集、カルロ・ゼッキのモーツァルト、シェリングの全ルーマニア・ライヴ、シルヴェストリのショスタコーヴィチ:交響曲第10番が予定されております。(東武)

【収録情報】
Disc1
・交響曲第1番ハ長調 作品21 [26:50]
 10:37 / 07:06 / 03:21 / 05:46

・交響曲第7番イ長調 作品92 [35:58]
 11:55 / 09:13 / 08:15 / 06:35

・『レオノーレ』序曲第3番 [12:47]

Disc2
・交響曲第2番ニ長調 作品36 [34:31]
 11:51 / 13:05 / 03:26 / 06:09

・交響曲第6番ヘ長調 作品68『田園』 [41:33]
 08:42 / 14:25 / 05:15 / 03:25 / 09:46

Disc3
・交響曲第8番ヘ長調 作品93 [26:13]
 09:16 / 03:58 / 05:05 / 07:54

・交響曲第3番変ホ長調 作品55『英雄』 [50:56]
 14:44 / 17:34 / 06:11 / 12:27

Disc4
・交響曲第4番変ロ長調 作品60 [34:38]
 10:15 / 11:29 / 06:05 / 06:49

・交響曲第5番ハ短調 作品67『運命』 [33:12]
 08:04 / 10:34 / 05:55 / 08:39

・『コリオラン』序曲 [8:23]

Disc5
・交響曲第9番ニ短調 作品125『合唱』 [67:01]
 14:57 / 11:11 / 15:06 / 25:47

・『エグモント』序曲 [8:20]

 エミリャ・ペトレスク(S)
 マルタ・ケスラー(Ms)
 イオン・ピソ(T)
 マリウス・リンツラー(Bs)
 ジョルジュ・エネスコ・フィル合唱団
 ヴァシリ・パンテア(合唱指揮)
 ルーマニア放送合唱団
 カロル・リトヴィン(合唱指揮)
 ブカレスト・ジョルジュ・エネスコ・フィル
 ジョルジュ・ジョルジェスク(指揮)

 録音時期:1961-62年
 録音場所:ルーマニア文化宮殿ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 エンジニア:ベン・ベルンフェルト

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
真面目だけど一癖あって渋いねちっこく真相...

投稿日:2018/03/10 (土)

真面目だけど一癖あって渋いねちっこく真相に迫ろうとする演奏。 俳優なら、木村拓哉というより森繁久弥やコロンボのピーターフォーク。

トラトラトラ さん | 佐賀県 | 不明

0
★
★
★
★
★
 名前も知らない指揮者だったが、ニキッシ...

投稿日:2017/06/19 (月)

 名前も知らない指揮者だったが、ニキッシュに師事した当時の大指揮者との説明をみて購入。1961年の録音としては、かなりいい。リマスターはあまり大きくいじってないようで、音に輝きはないが響きは充実している。  当時の演奏家としては、おおむね早めのテンポで進め、大きくテンポを変化させることはない。第5の1,3楽章のみたっぷり目の表現だ。全体を通し出来栄えにむらがない、しかも高水準の演奏だ。声部の浮き上がらせ方、細部の工夫された表現にひきつけられる。第9の声楽はルーマニア語でやられていて違和感はあるが、非常な名演と思う。国際的名声の獲得は、政治的要因などもあるのだと知らされた。

プリン さん | 奈良県 | 不明

0
★
★
★
★
★
とても懐かしい感じの演奏。素朴ではあるが...

投稿日:2016/09/08 (木)

とても懐かしい感じの演奏。素朴ではあるが、そこに深い味わいがある。録音も申し分なく、これは手元に置いておきたいアルバムだ。

KURO さん | 福岡県 | 不明

0

Beethoven (1770-1827) Items Information

  • Furtwangler / Bayreuth 1951 German Edition. In 1951 Wilhelm Furtwangler twice demonstrated his inspired approach to Beethoven’s Ninth Symphony within... HMV&BOOKS online|2008/02/01

Recommend Items