CD Import

Matthaus-Passion : K.Richter / Muncih Bach Orchestra & Choir, Haefliger, Engen, Seefried, F-Dieskau, etc (1958)(3CD)

Bach (1685-1750)

User Review :4.0
★
★
★
★
☆

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
PH12008
Number of Discs
:
3
Label
:
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description

2012年新マスタリングで
不滅の傑作がいっそう感銘深いものに!
リヒター「1958年のマタイ受難曲」


「バッハの権威」カール・リヒターが遺した不朽の名盤「1958年録音のマタイ受難曲」が、2012年の最新マスタリングで「Profil」より登場。
 いくつかあるリヒターが指揮した『マタイ受難曲』のなかでも、とりわけ1958年盤は、バッハの音楽に全身全霊を捧げたリヒターの求道者にも似た表現意欲と、その意図を十全に汲み取るソリスト、アンサンブルとが生み出す厳しくも共感にあふれた造形がスタイル・時代を超越し、マタイ演奏のひとつの頂点を築いた内容として普遍的な魅力を湛えたものです。
 「Profil」の社主ギュンター・ヘンスラー氏によれば、「ホルガー・ジードラーによるマスタリングの仕上がりも申し分ない」とのことですので、その出来ばえに期待したいところです。ちなみにジードラーは、「エディション・シュターツカペレ・ドレスデン」のシリーズのマスタリングなども受け持ち、ドイツのエコー賞やカンヌのミデム賞なども受賞していた人物です。
 ブックレットには独語によるトラックと独語歌詞のみ掲載してあります。

【収録情報】
・J.S.バッハ:マタイ受難曲 BWV244

 エルンスト・ヘフリガー(テノール:福音史家)
 キート・エンゲン(バス:イエス)
 イルムガルト・ゼーフリート(ソプラノ)
 アントニー・ファーベルク(ソプラノ)
 ヘルタ・テッパー(アルト)
 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
 マックス・プレープストル(バス)
 エッケハルト・ティーツェ(オルガン)
 ヘトヴィヒ・ビルグラム(オルガン)
 ミュンヘン少年合唱団
 ミュンヘン・バッハ合唱団
 ミュンヘン・バッハ管弦楽団
 カール・リヒター(指揮)

 録音時期:1958年6月-8月
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(セッション)
 DGG音源
 マスタリング:2012年、ホルガー・ジードラー (THS-Studio)

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
 音質のみのレビューです。一応OIBP盤を持...

投稿日:2015/10/23 (金)

 音質のみのレビューです。一応OIBP盤を持っていましたが,評価の分かれるProfil盤を買ってみました。  Profil盤を書斎のブックシェルフスピーカの中級機で聴いたところ,何となくぼやけて生き生きとは聞こえませんでした。しかし,広いピアノ室の割と上等な大型装置で聴いたところ,音場が自然に広がり,空間における解像力と実在感のある非常に上質な音になり,心に迫ります。  一方,OIBP盤は大型装置の大音量で聴くと歪みが目立ち,音像がスピーカーから離れず気分が良くありませんが,書斎の中級機だと明瞭で音が前に出ていい音に聞こえます。  そこで,OIBP盤とProfil盤それぞれの第1曲の合唱が入ってくるところから切りのいい31秒後のフレーズの終わりまでの周波数特性を数回程度測って比べてみました。結果,2種類のCDに大きな違いがありました。  OIBP盤は80Hz以下をかなり減衰させていて,小型装置に負担がかからないように配慮されていますが,Profil盤には25Hzまで遠慮なく入っています。大型装置でしか聞こえないオルガンのペダルの基音も身体で感じることができた理由が分かりました。この重低音は臨場感のある再生音を聴く上で重要です。しかし,小型装置で大音量にすると,もともと再生できない帯域のエネルギーのせいで全体の音が濁ってしまいます。  OIBP盤は5kHzからかなり高音を持ち上げているようで,くっきりと切れ味良く聞こえる効果があるようですが,歪みも目立ちます。15kHzから上が急に持ち上がるのはディザー処理のためのノイズ成分です。Profil盤はなだらかに下がっているので,不自然な高音域強調はありませんし,歪みも目立ちませんが,小型や中型の装置で聴くとあまりにも地味だと思います。エソテリックのリマスターSACDと似た特性です。あくまで大型装置用でしょう。ポップスのCDではあり得ない特性です。  つまり,自分の再生装置と再生音量によって選ぶことがよいのではないでしょうか。

NHK さん | 東京都 | 不明

7
★
☆
☆
☆
☆
音質の変化だけをチェックするためにProfil...

投稿日:2015/04/23 (木)

音質の変化だけをチェックするためにProfil盤を購入した。結果はダメ。鮮度が大幅に劣化し、分離も悪くて混濁気味である。かつてLPで聞いたこの録音は、こんなぼやけたものではなかった。こういうナマクラな音をアナログ的と喜ぶのは見当違いである。これから買う人にはアルヒーフレーベルのOIBP盤を勧める。

ROYCE さん | 神奈川県 | 不明

2
★
★
☆
☆
☆
profilレーベルのリマスタリング盤.使った...

投稿日:2015/04/01 (水)

profilレーベルのリマスタリング盤.使ったマスターが何世代もダビングされた後のものなのか,リマスタリングのエンジニアのなせる業なのか,厚いカーテンを被ったような明晰度の極めて低い音で仕上がっており,とても聞きとおす気になれない.演奏はいうまでもなく最高なのだが.

工房の音 さん | 神奈川県 | 不明

5

Introduction Individuals/organizations

Individuals/organizations Page

Bach (1685-1750)

Johann Sebastian Bach was better known as a virtuoso organist than as a composer in his day. His sacred music, organ and choral works, and other instrumental music had an enthusiasm and seeming freedom that concealed immense rigor. Bach's use of counterpoint was brilliant and innovative, and the immense complexities of his compositional style -- which often included religious and numerological sym

See More Detailed Profile

Early Music Items / Tickets Information

  • Nathalie Stutzmann / Bach: Imaginary cantata Nathalie Stutzmann sings and conducts her 'cantate imaginaire' (Imaginary Cantata)... After attracting attention at the French 'Victoires de la Musique Classique' Awards in 2012, the contralto and conductor Nathalie Stutzmann is back with her Orfeo 55 ensemble. ローチケHMV|2012/10/29
  • Le Poeme Harmonique / Firenze 1616 French Edition. One single ideal inspired the toils of learned Florentine societies at the end of the 16th century : to discover... ローチケHMV|2008/01/29

Recommend Items