CD Import

Silvestri: Complete Emi Recordings

User Review :4.5
★
★
★
★
★
(9)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
7233472
Number of Discs
:
15
Label
:
Format
:
CD
Other
:
Limited,Import

Product Description


シルヴェストリ・ボックス(15CD)
EMIでの全録音を収録!


かつては賛否両論渦巻いていたという個性的な芸風で知られたルーマニアの巨匠、コンスタンティン・シルヴェストリ[1913-1969]は、西側で活躍し始めたのが40代なかばで、しかも55歳の若さで亡くなってしまったため、残された録音はあまり多くありません。
 中ではEMIにおこなったセッション録音が、演奏内容・音質状態ともに際だって優れているため、シルヴェストリの音楽を味わうには欠かせないものとなっています。
 今回登場するセットはそのEMI音源をすべて集めたもので、迫力満点の『新世界』から、色彩美の極致を聴かせる『幻想交響曲』まで、幅広い魅力にあふれたシルヴェストリの音楽を、一気にコレクションして味わうことができます。(HMV)

【収録情報】
Disc1
● グリンカ:歌劇『ルスランとリュドミラ』序曲
● ボロディン:歌劇『イーゴリ公』序曲
 フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1959年4月1日 キングズウェイ・ホール (ロンドン)、ステレオ

● ボロディン:歌劇『イーゴリ公』〜「だったん人の踊り」
 パリ音楽院管弦楽団
 録音:1961年1月30日、31日 サル・ワグラム (パリ)、ステレオ

● ボロディン:交響詩『中央アジアの平原にて』
● チャイコフスキー:歌劇『エフゲーニ・オネーギン』 op. 24 〜「ポロネーズ」
● チャイコフスキー:イタリア奇想曲 op. 45
● チャイコフスキー:祝典序曲『1812年』 op. 49
 英国王立海軍楽団 (1812年)
 ボーンマス交響楽団
 録音:1966年7月15日(チャイコフスキー)、1968年1月5-7日 ウィンター・ガーデンズ・パヴィリオン (ボーンマス)、ステレオ

Disc2
● チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調 Op. 36
● チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 Op. 64〜第1・2楽章

Disc3
● チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 Op. 64〜第3・4楽章
● チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 『悲愴』 Op. 74
 フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1957年2月15-18日(Op. 36)、1957年2月21-22日(Op. 64)、1957年2月19-20日(Op. 74) キングズウェイ・ホール (ロンドン)、ステレオ

● リムスキー=コルサコフ:歌劇『五月の夜』序曲
 フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1959年3月31日 キングズウェイ・ホール (ロンドン)、ステレオ

Disc4
● チャイコフスキー:交響曲『マンフレッド』
 フランス国立放送管弦楽団
 録音:1957年11月13-16,21日 サル・ワグラム (パリ)、モノラル

● リムスキー=コルサコフ:『スペイン奇想曲』 Op. 34
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1959年2月17、18、20-23日 ムジークフェラインザール (ウィーン)、ステレオ

Disc5
● ムソルグスキー:『はげ山の一夜』 (リムスキー=コルサコフ編)
● リムスキー=コルサコフ:交響組曲『シェヘラザード』 op. 35
 ジェラルド・ジャーヴィス (ヴァイオリン)
 ボーンマス交響楽団
 録音:1966年12月30-31日(2-5)、1968年1月5-7日 ウィンター・ガーデンズ・パヴィリオン (ボーンマス)、ステレオ

● ストラヴィンスキー:交響詩『夜鳴きうぐいすの歌』
 フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1960年6月14-17日 キングズウェイ・ホール (ロンドン)、ステレオ

Disc6
● ストラヴィンスキー:3楽章の交響曲
 フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1960年5月4-6日 キングズウェイ・ホール (ロンドン)、ステレオ

● バルトーク:弦楽のためのディヴェルティメント
● ヒンデミット:交響曲『画家マティス』
 フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1958年2月4-5日(7-9)、1958年2月5-6日(4-6) キングズウェイ・ホール (ロンドン)、ステレオ

Disc7
● プロコフィエフ:組曲『三つのオレンジへの恋』 Op. 33bis
● ハチャトゥリアン:組曲『ガイーヌ』第1番
● ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調 Op. 47
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1960年2月、12月 ムジークフェラインザール (ウィーン)、ステレオ

Disc8
● ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 『新世界より』 Op. 95
 フランス国立放送管弦楽団
 録音:1959年20-23日 サル・ワグラム (パリ)、ステレオ

● ドヴォルザーク:交響曲第8番 ト長調 Op. 88
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1957年6月24、25日 7月1日 キングズウェイ・ホール (ロンドン)、ステレオ

Disc9
● ドヴォルザーク:交響曲第7番 ニ短調 Op. 70
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1960年2月22、23日 ムジークフェラインザール (ウィーン)、ステレオ

● ドヴォルザーク:序曲『謝肉祭』 Op. 92
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1958年7月2日 キングズウェイ・ホール (ロンドン)、ステレオ

● ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第1番 ハ短調
● ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第2番 ホ短調
● ブラームス:ハンガリー舞曲第5番 嬰ヘ短調
● ブラームス:ハンガリー舞曲第6番 変ニ長調
 パリ音楽院管弦楽団
 録音:1961年2月1-2日、2月2日 サル・ワグラム (パリ)、ステレオ

Disc10
● ベルリオーズ:幻想交響曲 Op. 14
● ファリャ:バレエ『愛は魔術師』〜「火祭りの踊り」
● ファリャ:歌劇『はかない人生』〜間奏曲、スペイン舞曲 第1番
 パリ音楽院管弦楽団
 録音:1961年2月6-8、11日(1-5)、1961年1月31日、2月1日 (6-7) サル・ワグラム (パリ)、ステレオ

Disc11
● フランク:交響曲 ニ短調
 フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1959年1月8日、3月5日 キングズウェイ・ホール (ロンドン)、ステレオ

● サン=サーンス:『死の舞踏』 Op. 40
● デュカス:『魔法使いの弟子』
● ラヴェル:『亡き王女のためのパヴァ―ヌ』
 ジェラルド・ジャーヴィス (ヴァイオリン、死の舞踏)
 ボーンマス交響楽団
 録音:1968年5-7日 ウィンター・ガーデンズ・パヴィリオン (ボーンマス)、ステレオ

● ラヴェル:『スペイン狂詩曲』
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音: 1959年1月26、27日 ムジークフェラインザール (ウィーン)、ステレオ

Disc12
● ドビュッシー:『牧神の午後への前奏曲』
● ドビュッシー:『夜想曲』
● ドビュッシー:『海』
● ラヴェル:ボレロ
 エリザベット・グラッスール合唱団
 パリ音楽院管弦楽団
 録音:1958年2月21(8)、1958年4月3日(1)、1958年3月15、17日(2-7) サル・ワグラム (パリ)、モノラル

Disc13
● ウェーバー:歌劇『魔弾の射手』序曲
● メンデルスゾーン:序曲『夏の夜の夢』 Op. 21
● リスト:交響詩『前奏曲』
● リスト:交響詩『タッソー、悲哀と勝利』
 フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1959年5月3日(1)、4月1日(2)、1957年4月28-29日、1958年2月8日(4) キングズウェイ・ホール (ロンドン)、ステレオ

● リスト:ハンガリー狂詩曲 第4番 変ホ長調
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1959年1月29日 ムジークフェラインザール (ウィーン)、ステレオ

● フンパーディンク:歌劇『ヘンゼルとグレーテル』序曲
 フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1959年3月31日、4月1日 キングズウェイ・ホール (ロンドン)、ステレオ

Disc14
● エネスク:ルーマニア狂詩曲 第1番 イ長調
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1959年1月27-28日 ムジークフェラインザール (ウィーン)、ステレオ

● シベリウス:フィンランディア Op. 26
● エルガー:序曲『南国で』
 ボーンマス交響楽団
 録音:1968年1月5-7日(2)、1967年9月7日(3) ウィンター・ガーデンズ (ボーンマス)、ステレオ

● ヴォーン・ウィリアムズ:トマス・タリスの主題による幻想曲
● ヴォーン・ウィリアムズ:『ワスプ』序曲
 ボーンマス交響楽団
 録音:1967年9月5-6日 ウィンチェスター教会、ステレオ

Disc15
● ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 『新世界より』 Op. 95
 フランス国立放送管弦楽団
 録音:1957年12月9-11日 パリ、モノラル

● サン=サーンス:『死の舞踏』 Op 40
● デュカス:『魔法使いの弟子』
 パリ音楽院管弦楽団
 録音:1958年5月22日 サル・ワグラム (パリ)、モノラル

 コンスタンティン・シルヴェストリ(指揮)

Track List   

Disc   1

  • 01. Overture - Philharmonia Orchestra/Constantin Silvestri
  • 02. Overture - Philharmonia Orchestra/Constantin Silvestri
  • 03. Polovtsian Dances - Constantin Silvestri
  • 04. In the Steppes of Central Asia - Bournemouth Symphony Orchestra/Constantin Silvestri
  • 05. Polonaise - Bournemouth Symphony Orchestra/Brian B. Culverhouse/Stuart Eltham
  • 06. Capriccio Italien, Op. 45 - Bournemouth Symphony Orchestra/Constantin Silvestri
  • 07. Overture: 1812, Op. 49 - Bournemouth Symphony Orchestra/The Band of H.M. Royal Marines/Constantin Silvestri

Disc   2

  • 01. I. Andante Sostenuto - Moderato Con Anima - Philharmonia Orchestra/Constantin Silvestri
  • 02. II. Andantino in Modo Di Canzone - Philharmonia Orchestra/Constantin Silvestri
  • 03. III. Scherzo: Pizzicato Ostinato, Allegro - Philharmonia Orchestra/Constantin Silvestri
  • 04. IV. Allegro Con Fuoco - Philharmonia Orchestra/Constantin Silvestri
  • 05. I. Andante - Allegro Con Anima - Philharmonia Orchestra/Constantin Silvestri
  • 06. II. Andante Cantabile, Con Alcuna Licenza - Philharmonia Orchestra/Constantin Silvestri

SEE ALL TRACKS >

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
 演奏は素晴らしいのだが、音的に聞くに耐...

投稿日:2015/10/17 (土)

 演奏は素晴らしいのだが、音的に聞くに耐えない盤が少なからずある。veniasでリマスターして貰えないものか。。。

湖畔のクラオタ さん | 千葉県 | 不明

4
★
★
★
★
★
NMVレビューアーに癖のある人が減ったので...

投稿日:2015/04/11 (土)

NMVレビューアーに癖のある人が減ったのでコメントが少ないと思います。廃盤になるでしょうから「北の火薬庫」としての推薦の言葉を書きます。  2001のDisky10枚組から10年を経てEMI ICONからの復活です。  リマスターと音源について、チャイコの4.5.6は2012のリマスター。バルトークの弦ディベとヒンデミットのマティスはステレオ初出。ステレオのドヴォ7.謝肉祭.8.9も2012と2013のリマスター。ベルリオーズの幻想も2013リマスター。ひっそり魔弾の射手序曲がステレオ初出。リストの前奏曲とタッソが2005リマスターでステレオ。モノのドヴォ9も2013リマスター。以上のようにこれまでの印象を変える内容もあり期待が膨らみます。  チャイコはDIsky版との比較、Disky版では音場の拡がりの作りに無理があり音揺れを多く拾っていましたが、今回のマスタリングはおついていて聴きやすくなっています。ドヴォは、日本のHS2088との比較、今回は元テープが異なるのかヒス感が大きく異なります。拡がりも十分ですが強奏で音が潰れ気味なのは1959年の録音なので・・でも鑑賞には問題ないと思います。手持ちのものと一番大きく印象が異なったのが、「幻想」です。これは、山野楽器企画の1996年もの、テープのヒス感、音場、音の潤いともに全く違う印象で、幻想交響曲のもち異常さを十分に表しています。小品での手堅い演奏はもちろんですが、今回初出ステレオの弦ディベは、リズムのツボを得たなかなかの名演。  画一的な演奏に飽きた貴方、一聴あれ!?ただ、彼は爆演指揮者ではありませんよ。最大の演奏効果を得るために演奏家としての努力を惜しまなかっただけです。

北の火薬庫 さん | 北海道 | 不明

6
★
★
★
★
★
シルヴェストリのEMI録音集は、リマスタリ...

投稿日:2014/08/02 (土)

シルヴェストリのEMI録音集は、リマスタリングのせいか、非常に音質が生々しく、とても40年以上前の録音とは思えない。シルヴェストリの持ち味は、オーケストラを自由に操り、聴き手を飽きさせないような、時には度肝を抜くような演奏を行うのだが、それが一向に嫌味とならないところである。ウィーン・フィルとの録音が大人しく聴こえてしまうのは、オーケストラに遠慮したのだろうか。良い音質でシルヴェストリの演奏に浸れるという点でこのボックスは価格以上の価値がある。ワーナーから再発されるのかどうか不明であり、在庫のあるうちに購入をお勧めしたい。

ドンナー さん | 神奈川県 | 不明

3

Recommend Items