DVD

Sym.7: Abbado / Lucerne Festivalo

Mahler (1860-1911)

User Review :4.0
★
★
★
★
☆
(8)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
GNBC1016
Number of Discs
:
1
:
2 (Japan)
Aspect
:
WideScreen
Color
:
Colour
Format
:
DVD
Other
:
Live Recording

Product Description

アバド&ルツェルン / マーラー:交響曲第7番

ブルックナーとマーラーの『第7交響曲』を取り上げて話題を呼んだ、アバド&ルツェルン祝祭管弦楽団によるルツェルン音楽祭2005年ライヴ。
 アバドが活動の初期から積極的に取り組んできたマーラーは、ルツェルンでもプログラムの柱となっています。テナーホルン、マンドリン、ギターが加わる交響曲第7番は、マーラー頻繁に演奏されるようになった今でも、演奏至難なことで知られる大曲。新生ルツェルンの3年目に取り上げるアバドの自信は、自ら設立に関わったオーケストラへの信頼があればこそでしょう。

・マーラー:交響曲第7番ホ短調『夜の歌』

 ルツェルン祝祭管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 収録:2005年8月17-18日、ルツェルン音楽祭ホール[ライヴ]

 画面:NTSC、カラー(16:9)
 音声:PCMステレオ 2ch / ドルビー・デジタル 5.1ch / DTS 5.1ch
 NTSC
 Region 2

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
アバド&ルツェルンのマーラーはどれも名演...

投稿日:2008/03/17 (月)

アバド&ルツェルンのマーラーはどれも名演揃いだが、この7番だけは受ける感銘は少ない。それはアバドのテンポ設定にあると思われる。おまりにも全曲のテンポが速すぎて、曲の構造を楽しむ余裕もなく、ここで充分歌って欲しい所でも、流暢に曲が流れてしまう。クレンペラーとは対極にある7番だ。それでも良いという人は、オケの機能が素晴らしいので楽しめると思うが、私には合わなかった。

マラ3マニア さん | 東京西麻布 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
アバドのマーラーDVDを集中して観た。基...

投稿日:2007/12/21 (金)

アバドのマーラーDVDを集中して観た。基本的に多くの観客を意識し、聞きやすい音響を目指している。若い頃の録音よりその傾向は強くなっていると思う。軽い涼しい音響でスッキリ聞かせてくれる。「復活」や「6番」では良い結果が出ていると思うけど、7番ではどうだろうか?「夜の歌」というより「納涼・夜涼みの歌」になっている。細部の描きこみも、MTTやマツァールの名演に較べるともう一つだが、気軽にマーラーを楽しみたい人にはとても良いチョイスだと思う。

お茶漬けの味 さん | 東京物語 | 不明

1
★
★
★
★
★
マーラー交響曲第7番「夜の歌」の素晴らし...

投稿日:2007/09/11 (火)

マーラー交響曲第7番「夜の歌」の素晴らしさを体験するための最高のDVDの一つである。特に録音の見事さは特筆もので、マーラーの凄さが、肌に粟粒が生じるほど実感できる。この曲の数多くのCDで聴くより本DVDのほうが圧倒的な感銘があることを保証する。なお、最近出たばかりのアバド・ルツェルンのマーラー6番は演奏会場が同じなのに、その録音の迫力の無さが信じられないほどである。

聴楽斎 さん | 神奈川県茅ヶ崎市 | 不明

1

Introduction Individuals/organizations

Individuals/organizations Page

Mahler (1860-1911)

Imagine the universe beginning to sing and resound, Mahler wrote of his Symphony No. 8, the Symphony of a Thousand. It is no longer human voices; it is planets and suns revolving. Mahler was late Romantic music's ultimate big thinker. In his own lifetime he was generally regarded as a conductor who composed on the side, producing huge, bizarre symphonies accepted only by a cult following.Born in 1

See More Detailed Profile

Symphonies Items / Tickets Information

  • Edo de Waart / Mahler: Symphony No. 1 Gustav Mahler came of age in the late 1880s as the long and storied tradition of Austro German Romanticism reached its peak. ローチケHMV|2013/01/09
  • Sandor Vegh / Vegh in Hungary For the concerts on 23 March 1993 and 20 March 1995 Sandor Vegh brought his own orchestra, the Camerata Academica Salzburg to Hungary. ローチケHMV|2012/11/07
  • Markus Stenz / Mahler: Symphony No. 8 I have just finished my Eighth. It is the greatest thing I have done so far, Gustav Mahler wrote euphorically to the conductor Willem Mengelberg in 1906. ローチケHMV|2012/10/29
  • Bruno Weil / Beethoven: Symphony No. 3 Tafelmusik presents Beethoven's landmark Symphony No. 3 in E-flat Major, Eroica - a heroic and monumental symphony originally dedicated to Napoleon, and Mendelssohn's Symphony No. 4 in A Major, Italian. ローチケHMV|2012/09/27
  • Furtwangler / Bayreuth 1951 German Edition. In 1951 Wilhelm Furtwangler twice demonstrated his inspired approach to Beethoven’s Ninth Symphony within... ローチケHMV|2008/02/01

Recommend Items