Books

貝と文明 螺旋の科学、新薬開発から足糸で織った絹の話まで

ヘレン・スケールズ

Product Details

Genre
ISBN/Catalogue Number
ISBN 13 : 9784806715276
ISBN 10 : 4806715271
Format
Books
Publisher
Release Date
November/2016
Japan
Co-Writer, Translator, Featured Individuals/organizations
:

Content Description

数千年にわたって貝は、宝飾品、貨幣、権力と戦争、食材など、さまざまなことに利用されてきた。人間の命が貝殻と交換され、幻覚を起こす薬物としても使われ、医学や工学の発展のきっかけもつくる。気鋭の海洋生物学者が、古代から現代までの貝と人間とのかかわり、軟体動物の生物史、そして今、海の世界で起こっていることを鮮やかに描き出す。

目次 : 1 誰が貝殻をつくるのか?/ 2 貝殻を読み解く―形・模様・巻き/ 3 貝殻と交易―性と死と宝石/ 4 貝を食べる/ 5 貝の故郷・貝殻の家/ 6 貝の物語を紡ぐ―貝の足糸で織った布/ 7 アオイガイの飛翔/ 8 新種の貝を求めて―科学的探検の幕あけ/ 9 魚を狩る巻貝と新薬開発/ 10 海の蝶がたてる波紋―気候変動と海の酸性化

【著者紹介】
ヘレン・スケールズ : イギリス生まれ。海洋生物学者。ケンブリッジを拠点に活動している。学位論文は、巨大な絶滅危惧種の魚をボルネオで探すこと。BBCラジオにたびたび出演し、サーフィンの科学、サメの頭脳の複雑さなどをテーマに、ドキュメンタリー番組を放送している。王立地理学会の会員。ケンブリッジ大学で教鞭をとっている

林裕美子 : 兵庫県生まれ。信州大学理学部生物学科卒業。同大学院理学専攻科修士課程修了。おもに生命科学分野の英日・日英の技術翻訳を得意とする、HAYASHI英語サポート事務所を運営。大学で学んだ生物学・生態学の知識を生かすために、さまざまな団体に所属して環境保全活動にも携わる。宮崎野生動物研究会(アカウミガメ保護)、ひむかの砂浜復元ネットワーク(砂浜保全)、てるはの森の会(照葉樹林の保全)、信州ツキノワグマ研究会など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • 北澤 繁太

    【噛めば噛むほど味わい深い、ホタテ貝柱のような一冊。】

    「貝と文明」というタイトルまでは良し。しかしながら「螺旋の科学、新薬開発から足糸で織った絹の話まで」という副題からマニアック臭(またの名を変態臭)がプンプンと漂ってきます。さて、お味のほうはいかほど?

    変態臭が蔓延しているもののどうも入ってきませんでした。著者もしくは訳者との相性の良し悪しは読書には付きもの。致し方ないことですがなぜなのか。おそらく原因はこれでしょう。やや盛り込み過ぎかもしれません。

    「数千年にわたって貝は、宝飾品、貨幣、権力と戦争、食材など、さまざまなことに利用されてきた。人間の命が貝殻と交換され、幻覚を起こす薬物としても使われ、医学や工学の発展のきっかけもつくる。気鋭の海洋生物学者が、古代から現代までの貝と人間とのかかわり、軟体動物の生物史、そして今、海の世界で起こっていることを鮮やかに描き出す。」

    この紹介文を見てもらえれば、興味深い記述にあふれていることがわかると思います。面白くないわけがない。ないのですが、なぜかのめり込めない。例えば「海の蝶がたてる波紋ー気候変動と海の酸性化」など垂涎もの。

    巻頭にカラー写真が掲載されており、この神秘的な「海の蝶」の姿を知ることもできます。彼らは翼足類と呼ばれる「翼のような足」を持つ生き物。なお、殻を捨てて裸になった裸殻翼足類と呼ばれる仲間(?)がいます。

    これ、クリオネです。皆さんご存知ですよね。よく「海の天使」なんて呼ばれるクリオネですが、なんと親戚筋にあたるクリオネは海の蝶にとって恐るべき獰猛な捕食者なのです。海の天使とは名ばかりの悪魔っぷりです。

    海の蝶は酸性化する海の「坑道のカナリア」に例えられます。デリケートな彼らは酸性化をいち早く察知する。二酸化炭素の三分の一は海に吸収されるので、気候変動による諸問題は海水のお陰でまだましな状態なのです。

    「二酸化炭素を吹きこんだ水の中だと、若いクマノミという魚はにおいがわからなくなり、音も聞こえなくなる。」

    『ファインディング・ニモ』の設定が未来だったら、ニモは見つけられることなくずっと迷子のままだったかもしれない。そんな恐ろしい例えを出しています。自然のことで知らないことはまだまだたくさんあものですね。

    この手の本は多少相性が良くなくても、咀嚼の仕方によっていくらでも美味しくなります。レビューを書きながらそう反省しましたが、やや散漫な印象が否めないのは事実です。少し範囲を絞ったほうが良いと思いました。

Recommend Items