デイビッド・r.モントゴメリー

Individuals/organizations Page

Tags related to this item

Books

土と内臓 微生物がつくる世界

デイビッド・r.モントゴメリー

Product Details

Genre
ISBN/Catalogue Number
ISBN 13 : 9784806715245
ISBN 10 : 4806715247
Format
Books
Publisher
Release Date
November/2016
Japan

Content Description

マイクロバイオーム研究で明かされた人体での驚くべき微生物の働きと、土壌での微生物相の働きによる豊かな農業とガーデニング。農地と私たちの体内にすむ微生物への、医学、農学による無差別攻撃を疑い、地質学者と生物学者が、微生物研究と人間の歴史を振り返る。微生物理解によって食べ物、医療と私たち自身の体への見方が変わる本。

目次 : 庭から見えた、生命の車輪を回す小宇宙/ 高層大気から胃の中まで―どこにでもいる微生物/ 生命の探究―生物のほとんどは微生物/ 協力しあう微生物―なぜ「種」という概念が疑わしくなるのか/ 土との戦争/ 地下の協力者の複雑なはたらき/ ヒトの大腸―微生物と免疫系の中心地/ 体内の自然/ 見えない敵―細菌、ウイルス、原生生物と伝染病/ 反目する救世主―コッホとパスツール/ 大腸の微生物相を変える実験/ 体内の庭/ ヒトの消化管をひっくり返すと植物の根と同じ働き/ 土壌の健康と人間の健康―おわりにかえて

【著者紹介】
デイビッド・モントゴメリー : ワシントン大学地形学教授。地形の発達、および地質学的プロセスが生態系と人間社会に及ぼす影響の研究で、国際的に認められた地質学者である。天才賞と呼ばれるマッカーサーフェローに2008年に選ばれる

アン・ビクレー : 流域再生、環境計画、公衆衛生などに幅広く関心を持つ生物学者。公衆衛生と都市環境および自然環境について魅力的に語る一方、環境スチュワードシップや都市の住環境向上事業に取り組むさまざまな住民団体、非営利団体と共同している。本書は初の著書になる。モントゴメリーとビクレー夫妻は、ワシントン州シアトル在住

片岡夏実 : 1964年神奈川県生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • 北澤 繁太

    【やや散漫な印象が残りました】

    原題はThe Hidden Half of Nature(隠された自然の半分)。小さ過ぎて見えない微生物に著者二名が与えた名前。そんな微生物が土壌の健康と人間の健康の両方に果たす重要な役割を明らかにする一冊。

    生命があるところには必ず存在する微生物。邦題の「土と内蔵」は上手く付けたものだと感心しました。本書の内容を的確に表現するしています。土と微生物と植物の三角関係がどれだけ人間の身体に恩恵を与えているか。

    この本は著者夫婦の個人的な体験がベースになっています。新居の庭が植物に適さないことに気付いて、土壌改良のために有機物を投入する。一方、妻がガンと診断されて、これまでの食生活と向かい合うことになります。

    生活習慣と食生活は気になるところ。そして気にはなっても改善に一歩二歩と踏み込めない。踏み込めないにも拘らずどうしても目に付いてしまう。このような記述(「地下の経済」)はとても興味深く気になるのですが。

    「植物の根を取り巻く根圏は、植物と土壌微生物のあいだで無数の取引が行なわれる場所だ。菌類と細菌は植物の滲出液を消費し、見返りとして植物の生長と健康に必要な栄養および代謝産物を与える。」

    どうしても具体的な食生活の改善指導に目がいってしまいます。カフェインは自然な食欲を妨げると。え〜!?そんな殺生な・・・二度とコーヒーを飲めないという意味ではないとは言うけれども、これは厳しいですねぇ。

    「変える必要があるのは、カフェイン、アルコール、精白した炭水化物と糖分を毎日摂る習慣だけだ。」

    炭水化物と糖分はさて置き、カフェインとアルコールは難しそうですね。野菜と豆と果物を増やし、精白した穀類と肉と乳製品を減らす。これも前半までは問題ありませんが、肉と乳製品を減らすのはハードルが高いなぁ。

    とは言っても、相対的に減らすことは難しいことではありません。美味しい野菜がたくさんあれば、制限しなければいけないものを自然と減らすことができる。妻のガンと向き合うため夫も変わざるを得なかったわけです。

    「食生活を変えて腸内の微生物の庭園を耕すことで健康がこんなに改善されるのかと、私は今でも驚いている。」

    隠された自然の半分、微生物が土と内蔵にどれほどの影響を及ぼす力があるのか。地下の経済といった記述が本書の読みどころなのですが、どうしても食生活の改善に目が奪われてしまって、やや散漫な印象が残りました。

Recommend Items