カテゴリーから探す

文芸

  • 川村元気 2年ぶりの最新小説『四月になれば彼女は』 恋も愛も、なぜ、やがて過ぎ去っていってしまうのか――。『世界から猫が消えたなら』『億男』の著者、2年ぶりの最新刊が11/5に発売。 ローチケHMV|2016年10月28日(金)
    川村元気 2年ぶりの最新小説『四月になれば彼女は』
  • 直木賞受賞の就活エンタメ『何者』公開中 平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した、朝井リョウによるベストセラー『何者』が映画化。原作、出演者の関連アイテムをご紹介いたします。 ローチケHMV|2016年11月15日(火)
    直木賞受賞の就活エンタメ『何者』公開中
  • 村上春樹 7年ぶりの本格長編が発売 『1Q84』以来、7年振りの本格長編小説が2017年2月に新潮社から発売されることが発表されました。書き下ろし2000枚の分量で全2冊。タイトルや発売日は今後発表されるとのことです。 ローチケHMV|6日前
    村上春樹 7年ぶりの本格長編が発売
  • 吉田修一、凄絶で哀しい5つの物語。 人間の深奥に潜む、弱く、歪んだ心。どうしようもなく罪を犯してしまった人間と、それを取り巻く人々の業と哀しみを描ききった珠玉の5篇。 ローチケHMV|2016年10月18日(火)
    吉田修一、凄絶で哀しい5つの物語。
  • 東野圭吾最新刊『危険なビーナス』 弟が失踪した。失踪した弟の嫁に協力するうちに、時が経てば経つほど、彼女に惹かれていく。解けない謎が、出逢うはずのなかった二人を近づける。 ローチケHMV|2016年8月22日(月)
    東野圭吾最新刊『危険なビーナス』
  • 【特集】 おすすめ文庫 持ち歩きにも邪魔にならず、家でごろ〜んとリラックスして開くにもぴったりの文庫本。読んだことのない作家の作品にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 ローチケHMV|2016年6月29日(水)
    【特集】 おすすめ文庫
  • 又吉直樹 初の新書 芸人で、芥川賞作家の又吉直樹が、少年期からこれまで読んできた数々の小説を通して、「なぜ本を読むのか」「文学の何がおもしろいのか」「人間とは何か」を考える。 ローチケHMV|2016年5月31日(火)
    又吉直樹 初の新書
  • トーン・テレヘン新刊『ハリネズミの願い』 2000年刊行当時、大きな話題となった『だれも死なない』のトーン・テレヘン(作)×長山さき(訳)による新刊が発売。オランダでもっとも敬愛される作家による、深い孤独によりそう本。 ローチケHMV|2016年7月29日(金)
    トーン・テレヘン新刊『ハリネズミの願い』
  • 大野智主演で映画化決定『忍びの国』 「のぼうの城」「村上海賊の娘」を生み出した和田竜の小説を、嵐・大野智主演で実写映画化。史上最強の忍びを演じる。 ローチケHMV|2016年6月1日(水)
    大野智主演で映画化決定『忍びの国』

もっと見る +

売れ筋ランキング

※商品はセールスランキングで集計しています。

発売前の予約商品&今週発売の新刊

予約商品一覧を見る