CD 輸入盤

Piano

Wynton Kelly (ウイントン・ケリー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
401
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1958
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
クレジット
:

Burrell(Guitar),  Kenny Burrell(Guitar),  Paul Chambers(Bass),  Philly Joe Jones(Drums),  Wynton Kelly(Piano),  Aaron Nathanson(Engineer),  Orrin Keepnews(Producer),  Alan Yoshida(Mastering),  Orrin Keepnews(Liner Notes),  Paul Bacon(Cover Design),  Akira Taguchi(Mastering Supervisor),  Kenny Burrell,  Paul Chambers,  Philly Joe Jones

商品説明

In January 1958, producer Orrin Keepnews brought pianist Wynton Kelly and guitarist Kenny Burrell into the studio. Although he had for years been a highly regarded sideman with the likes of Dizzy Gillespie, Lester Young and Dinah Washington, Kelly had only cut one date as a leader prior to this -- and that had been seven years earlier. Whisper Not showcases Kelly and Burrell in a trio setting with bassist Paul Chambers, and for one side adds drummer Philly Joe Jones. The tunes include Harold Arlen's Ill Wind, Billie Holiday's Don't Explain, and the title track, penned for the Gillespie band by Benny Golson. Unfortunately, Kelly is not given an opportunity to shine in the conventional piano trio setting -- with only bass and drums -- a format in which he excelled. His distinctive drive and buoyant swing feel is in evidence, however, and despite a less than perfect audio mix (a bit dry), Whisper Not is recommended as an important recording in the oeuvre of Wynton Kelly. ~ Lee Bloom, Rovi

収録曲   

  • 01. Whisper Not (07:12)
  • 02. Action (07:12)
  • 03. Dark Eyes (05:59)
  • 04. Strong Man (05:17)
  • 05. Ill Wind (04:25)
  • 06. Don't Explain (05:36)
  • 07. You Can't Get Away (06:24)
  • 08. Dark Eyes [Take 2] (05:19)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ケリーの弾むようなピアノタッチが好きで良...

投稿日:2014/07/26 (土)

ケリーの弾むようなピアノタッチが好きで良く聴きます。 ケニー・バレルとの絡みが気持ち良い!

徳さん さん | 青森県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ウィントン・ケリー(Wynton Kelly 1931年1...

投稿日:2012/07/17 (火)

ウィントン・ケリー(Wynton Kelly 1931年12月2日〜1971年4月12日)は西インド諸島のジャマイカ生まれのアメリカ合衆国のジャズピアニスト。アルバムは1958年の録音で意外に少ないリーダー作の逸品。共演者はギターがケニー・バレル、ベースがポール・チェンバース、ドラムのフィリー・ジョー・ジョーンズ。演目の半分はドラムのフィリー・ジョー・ジョーンズ抜きのトリオで今となってはこれが貴重。ドラムレスでいい味が出たケニー・バレルが光る。情報ではフィリー・ジョー・ジョーンズは当日の録音に遅刻したといわれている。

青木高見 さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Wynton Kelly

A superb accompanist loved by Miles Davis and Cannonball Adderley, Wynton Kelly was also a distinctive soloist who decades later would be a strong influence on Benny Green. He grew up in Brooklyn and early on played in R&B bands led by Eddie Cleanhead Vinson, Hal Singer, and Eddie Lockjaw Davis. Kelly, who recorded 14 titles for Blue Note in a trio (1951), worked with Dinah Washington, Dizzy Gille

プロフィール詳細へ

Wynton Kellyに関連する商品情報

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド