Within Temptation

Within Temptation (ウィズイン・テンプテーション)

Within Temptation | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【ローチケHMV】では、2,500円以上(税込)で送料無料!(一部商品を除く) 本・雑誌・コミックは1000円以上(税込)のご購入で送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

Within Temptation (ウィズイン・テンプテーション) のプロフィール

ウィズイン・テンプテーション (Within Temptation) は、オランダのシンフォニックメタル・ゴシックメタルバンド。

来歴

1996年に結成され、ヨーロッパを中心にシンフォニック・ゴシックメタルの中心的存在となっている。199...

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

Within Temptation (ウィズイン・テンプテーション) のチケット情報

現在、Within Temptation (ウィズイン・テンプテーション) のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

Within Temptation (ウィズイン・テンプテーション) の代表作/ベストセラー

Within Temptation (ウィズイン・テンプテーション) の商品一覧

商品一覧

商品を絞り込む

Within Temptation (ウィズイン・テンプテーション) の商品をフォーマットで絞り込む

39件中1-10件を表示

すべての商品を見る

Within Temptation (ウィズイン・テンプテーション) に関する商品・チケット情報

商品・チケット情報一覧

Within Temptation (ウィズイン・テンプテーション) の商品ユーザーレビュー

79件

すべてのユーザーレビューを見る(79件)

  • インパクトのあるゲスト参加曲#2,3,4,10ばかりに注目...

    投稿日:2014/07/11

    インパクトのあるゲスト参加曲#2,3,4,10ばかりに注目が集まりがちだが、残り6/10もたいへん聴き応えのある6th(カバーアルバムは含まず)。 地味なミドルテンポながら見事にらしさを体現する#1で始まり、怒涛の#2-4による緊張を解きほぐす#5。#6-8はブギー、ポップ、ゴシックと多彩で、先ほどのゲスト参加三連曲に決して劣らないポテンシャルを秘めている。なかでも#7 ”Covered by Roses”は前作収録の”Sinead”を思わせる哀愁ポップ的さじ加減がたまらない。ヘヴィな#9でのチェンジ・オブ・ペース後にアーシーなデュエットで幕を閉じる展開は、まったくもって隙がない。 デラックス・エディションには、昨年リリースされたカバーアルバム”Q Sessions”から抜粋された4曲(国内盤は+2曲)と#3,6,7,9のエヴォリューショントラック(楽曲の体をなしていないので、資料的な価値はあるものの諦めることに)を収録したボーナスディスクがついている。権利関係なのか後々小出しにするつもりなのか、選に漏れた残り5/11が名曲揃いなだけに、通常盤と”Q Sessions”のセット購入がおすすめ。

    build2destroy さん |40代

    0
  • キリがないのでふだんはシングルCDには手を出さないの...

    投稿日:2012/10/08

    キリがないのでふだんはシングルCDには手を出さないのだけれど、” Sinead” が My Best Tune 2011 に輝いた記念として購入。Remix 曲は…旅行から我が家に戻ってホッとする気持ちさながらに、原曲の良さを改めて実感させてくれた。結局、佳曲である ”Empty Eyes” を最もよく聴いている。ジャケ写は、この曲が1980年代のディスコシーンを彷彿とさせるが故のケバさでやむを得ないのかもしれないが、”Faster” の方が素敵だ。なおこのシングル、フォーマットが5〜7種類存在するらしい。 

    build2destroy さん |40代

    0
  • アメコミと連動するコンセプトアルバムとなった今作は...

    投稿日:2012/10/08

    アメコミと連動するコンセプトアルバムとなった今作はその影響なのか、レイドバックした 1980年代風スタイルを感じさせる。断片的なプロモからは全体像がつかみにくいのだけれど、「一度死んだけど特殊な能力を得て生き返り、邪悪な存在に相対する」みたいなコンセプトなのだろうか。WT は実にクレバーなバンドで、アルバムリリースの度に前作の問題点を修正し、確実にステップアップしている。ゴシックやシンフォといったジャンルを超えた自分たちのアイデンテティをほぼ確立した現在、最高傑作を予想させる次作が待ち遠しい。個人的には聴き惚れさせてくれる展開を期待している。Best Tune はMy Best Tune 2011 にもなった ”Sinead”。

    build2destroy さん |40代

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%