CD

Sweetnighter

Weather Report (ウエザー・リポート)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SRCS9142
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

いまから20年以上も前の録音にも関わらず、この時代のウェザーは極めて今日的なサウンドを有していた。複雑なビートにシンプルなメロディ・ラインという、このグループお得意のスタイルがここでも理想的な形で認められる。ヒットした(1)も最高だ。(隆)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. ブギ・ウギ・ワルツ
  • 02. マノレート (05:58)
  • 03. アディオス (03:02)
  • 04. 125丁目の出来事
  • 05. ノン・ストップ・ホーム (06:22)
  • 06. ウィル (03:52)

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
何で皆さんの評価が低いのでしょうか。この...

投稿日:2017/01/13 (金)

何で皆さんの評価が低いのでしょうか。このアルバムは最高ですよ!1曲目の「ブギ・ウギ・ワルツ」、そして4曲目の「125丁目の出来事」の、ジャズ・ファンク・グルーヴ感の素晴らしさ! みなさんご存知のようにザヴィヌルは、マイルスのアルバム「イン・ア・サイレント・ウェイ」や「ビッチェズ・ブリュー」に参加しています。この時期のマイルスは「スライ&ザ・ファミリー・ストーン」に傾倒していました。よって、ザヴィヌルもスライの「ファンク・グルーヴ」音楽の影響を受けていたということは容易に推測できます。 みなさん、「ZAWINUL」というCDをお聴きになったことはありますか。ここでザヴィヌルは「イン・ア・サイレント・ウェイ」を演奏しており、この演奏の方がマイルスの演奏よりも評価が高いとされています。ここでのBassはヴィトウスです。W・Rを「フュージョン」と考えていらっしゃる方にとっては、やっぱり「ヘヴィー・ウェザー」が最高傑作であるということになりますね。しかし、ベーシストが「ジャコ」でなでれば、この後のW・Rは無かったとは私は思っていません。ザヴィヌルは天才ですから、ジャコが来なくても素晴らしい才能を発揮して、現在の我々のために最高の音楽を残してくれただろう、と思っています。 3曲目の「アディオス」を聴いて「イン・ア・サイレント・ウェイ」を思い浮かべた人は私だけではないでしょう。 これと同じレベルの「ジャズ−ファンク−グルーヴ」を聴きたいという方は、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの「Stand!」または「暴動」を聴くことをお薦めします。       

nk さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
ウェザー・リポートをザヴィヌルとショータ...

投稿日:2011/05/12 (木)

ウェザー・リポートをザヴィヌルとショーターの双頭バンドだと思ったことはありません。ザヴィヌルがやりたいことをやるためのバンドでしょう。やりたいことがどんどん進化したため、メンバー・チェンジは必然だったと云うこと。で、このアルバム。何といっても冒頭のブギウギ・ワルツ!え〜い、なんだよこの展開、はっきりしてくれよ、と盛り上がりのポイントが判らない内に終盤になってやっとテーマが出てくる。で、身体が自然に動いてしまう。病みつきになります。この一曲でザヴィヌルは天才だと確信しました。この1曲のためだけにでも入手すべきアルバム。若いリスナーにはスピリチュアルだけでなく、ここいらの音も再評価して欲しい。

oklahomatoad さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
音楽性の違いか、性格の不一致か? ザビヌル...

投稿日:2003/10/02 (木)

音楽性の違いか、性格の不一致か? ザビヌルに村八分状態のビトウス・・。ショーター作『マノレート』でビトウスの本領発揮するも、ザビヌルは本格的にリズミカルな曲で成功できなければバンド活動を諦める覚悟でいたとか。他のグループがロックを導入したのに対し、この辺りから民族音楽的な要素が加わってきた。これがメンバーチェンジと共に民族音楽が多国籍音楽に、さらに無国籍に変化していく。 過渡期ながらもアンドリューの最高にファンキーなベースが聞けるアルバムで、ザビヌル曰く多くのDJが無断でサンプリングしているらしい。

真悟 さん | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Weather Report

 『ブラック・マーケット』『ヘヴィー・ウエザー』の連続ヒットによってついにWRは押しも押されぬジャズ界の大物にのし上がった。このグループの進撃は『ナイト・パッセ−ジ』まで続き、ジャコ在籍時代がスリリングという意味ではWRの黄金時代といっていいだろう。ジャコ=ピーター・アースキンを中心線にウエインとジョーが左右でグループを引っ張るというこの時期のWRの形を最後に体現したのがこの作品だった。

プロフィール詳細へ

Weather Reportに関連する商品情報

  • ジャコ在籍の最後期 ウェザーリポート『Night Passage』ハイブリッドSACD復刻 ジャコ・パストリアス在籍の最後期となるウェザーリポート1980年の傑作『Night Passage』が英VOCALION社よりハイブリッドSACDで復刻。本来、翌年のソロアルバム『Word of Mouth』に収録される予定だったジャコ畢生の名バラード「Three Views of A Secret」の初演も収録。 HMV&BOOKS online|2018年7月11日(水)
  • ウェザー・リポートColumbiaアルバム24枚組コンプリートボックス ウェザー・リポートのColumbiaアルバム全18作品を完全網羅したボックスセットが登場。1971年衝撃のデビュー作『Weather Report』から86年の最終作『This is This』、さらには『Live&Unreleased』『The Legendary Live Tapes 1978-1981』の未発表ライヴ音源集までをパッケージ! HMV&BOOKS online|2018年4月19日(木)
  • ウェザー・リポート大ヒットアルバム『Heavy Weather』がハイブリッドSACD化  ウェザー・リポート1977年発表の大ベストセラーアルバム『Heavy Weather』がAudio Fidelity社よりハイブリッドSACDで登場。彼らをスタジアム級の人気バンドへと躍進させたあまりにもミラクルな1枚。 HMV&BOOKS online|2017年6月22日(木)
  • ウェザー・リポート『Tale Spinnin'』がハイブリッドSACD化 サンタナ・バンドで活動していたレオン”ンドゥグ”チャンクラーを新ドラマーに迎えたウェザー・リポート、1975年発表の通算6作目『Tale Spinnin'』がハイブリッドSACDでAudio Fidelity社より登場。 HMV&BOOKS online|2016年8月22日(月)
  • ジャコ在籍期ウェザー・リポート未発表ライヴ4枚組 ジャコ・パストリアス在籍時のウェザー・リポート未発表ライヴ4枚組がついに登場!黄金期の1978年〜81年に日本、アメリカ、イギリスで行なわれたライヴ音源から厳選。ピーター・アースキンとウェザーのドキュメンタリー映画『Calm Before the Storm』の製作指揮も執っているジョー・ザヴィヌルの息子トニーが共同プロデュース/リマスタリングした世界初CD化作品。 HMV&BOOKS online|2016年4月24日(日)
  • 史上初?!世界初?!ウェザー・リポート本が登場! 波瀾万丈の歴史を総括しつつ、作品レビュー、彼らが受けた影響や与えた影響、インタビューや名言、渡辺香津美、櫻井哲夫、ピーター・バラカンらが語った「私の好きな一枚」他、貴重な写真も掲載! HMV&BOOKS online|2014年5月29日(木)

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品