CD

Domino Theory

Weather Report (ウエザー・リポート)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SRCS9153
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Carl Anderson(Vocals),  Joe Zawinul(Keyboards),  Jose Rossy(Percussion),  Omar Hakim(Drums),  Victor Bailey(Bass),  Victor Bailey(Guitar (Bass)),  Wayne Shorter(Sax (Soprano)),  Wayne Shorter(Sax (Tenor)),  Wayne Shorter(Saxophone),  Bernie Fromm(Engineer),  Joe Zawinul(Producer),  Mitch Gibson(Engineer),  Omar Hakim(Producer),  Tamoo Suzuki(Engineer),  Tom Suzuki(Engineer),  Wayne Shorter(Producer),  Zawinul(Arranger),  Bernie Grundman(Mastering),  Larry Fergusson(Assistant Engineer),  Mark Wilder(Mastering),  Willie Tee(Lyricist)

商品説明

Here's more proof that Weather Report actually became a more potent, life-affirming musical force after the departures of its best-known sidemen. Things begin on an oddly commercial note with a pop song Can It Be Done, sung by Carl Anderson, that actually lays out Weather Report's credo, searching for sounds never heard before. Then Joe Zawinul and company get down to business with the funky D-Flat Waltz, marked by Omar Hakim's flamboyantly complex drumming. Zawinul's synthesizer textures become thicker and more flexible with the help of newly-introduced digital instruments, and the funk element in general becomes more pronounced than on any record since Tale Spinnin'. Victor Bailey (bass), who spins his wheels on the title track, and Jose Rossy (percussion) remain on board (though Rossy left shortly thereafter) and Wayne Shorter's tenor sax has a rawer, tougher edge than it has in awhile. Though not quite as triumphant as Procession, a triumph nonetheless. ~ Richard S. Ginell, Rovi

収録曲   

  • 01. キャン・イット・ビー・ダン
  • 02. Dbワルツ
  • 03. ペザント
  • 04. プレデター
  • 05. ブルー・サウンド ノート3
  • 06. スワンプ・キャベッジ
  • 07. ドミノ・セオリー

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
このアルバムのサウンドは多少ニューウェー...

投稿日:2003/04/26 (土)

このアルバムのサウンドは多少ニューウェーブ辺りの影響があるのかな?と思ったりする。ショーターがなんとなく目立ってない気もするからか無気質な感じも受けます。ジャズ的な匂いはしなくなってきてますね。 お勧めはまず3曲目で直訳すると「小作農」、ザビヌルのボコーダーが効果的な曲、今聞くと新鮮で良い。そして4曲目、訳すと「肉食獣」6曲目と共に後期ウェザーを代表するグルーブを持った曲で好きです。7曲目では既にドラムンベースを先取りしてましたね。後期ウェザーのコンセプチュアルな部分を聞いてみたい人はこのアルバムを。

ヨシ さん | 不明

0
★
★
★
☆
☆
日本に来たのは、このアルバムでのライブツ...

投稿日:2003/04/20 (日)

日本に来たのは、このアルバムでのライブツアーが最後らしいです。このアルバムのサウンドは多少ニューウェーブ辺りの影響があるのかな?と思ったりする。ショーターがなんとなく目立ってない気もするからか無気質な感じも受けます。ジャズ的な匂いはしなくなってきてますね。 お勧めはまず3曲目で直訳すると「小作農」、ザビヌルのボコーダーが効果的な曲、今聞くと新鮮で良い。そして4曲目、訳すと「肉食獣」後期ウェザーを代表するグルーブを持った曲で好きです。後期ウェザーのコンセプチュアルな部分を聞いてみたい人はこのアルバムを。

ヨシ さん | 不明

0
★
★
★
☆
☆
後期新生ウェザーでのセカンドで真価が問わ...

投稿日:2002/08/18 (日)

後期新生ウェザーでのセカンドで真価が問われたアルバム。
全体的に前の作品よりも腰が座りまとまってはいる物の、逆に突出した部分が無くなった印象がするのも確か。1曲目から2曲目に入ってのイントロでのハキムのドラムとのユニゾンまでは格好良いのだが・・。最後の曲でのベイリーは特有のたたみかけるベースで独自性を出している。
ポップさとクールさの中間にあるアルバムか。

シゲ さん | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Weather Report

 『ブラック・マーケット』『ヘヴィー・ウエザー』の連続ヒットによってついにWRは押しも押されぬジャズ界の大物にのし上がった。このグループの進撃は『ナイト・パッセ−ジ』まで続き、ジャコ在籍時代がスリリングという意味ではWRの黄金時代といっていいだろう。ジャコ=ピーター・アースキンを中心線にウエインとジョーが左右でグループを引っ張るというこの時期のWRの形を最後に体現したのがこの作品だった。

プロフィール詳細へ

Weather Reportに関連する商品情報

  • 【特価】ウェザー・リポートColumbiaアルバム24枚組コンプリートボックス ウェザー・リポートのColumbiaアルバム全18作品を完全網羅したボックスセットが登場。1971年衝撃のデビュー作『Weather Report』から86年の最終作『This is This』、さらには『Live&Unreleased』『The Legendary Live Tapes 1978-1981』の未発表ライヴ音源集までをパッケージ! HMV&BOOKS online|4時間前
  • ウェザー・リポート大ヒットアルバム『Heavy Weather』がハイブリッドSACD化  ウェザー・リポート1977年発表の大ベストセラーアルバム『Heavy Weather』がAudio Fidelity社よりハイブリッドSACDで登場。彼らをスタジアム級の人気バンドへと躍進させたあまりにもミラクルな1枚。 HMV&BOOKS online|2017年6月22日(木)
  • ウェザー・リポート『Tale Spinnin'』がハイブリッドSACD化 サンタナ・バンドで活動していたレオン”ンドゥグ”チャンクラーを新ドラマーに迎えたウェザー・リポート、1975年発表の通算6作目『Tale Spinnin'』がハイブリッドSACDでAudio Fidelity社より登場。 HMV&BOOKS online|2016年8月22日(月)
  • ジャコ在籍期ウェザー・リポート未発表ライヴ4枚組 ジャコ・パストリアス在籍時のウェザー・リポート未発表ライヴ4枚組がついに登場!黄金期の1978年〜81年に日本、アメリカ、イギリスで行なわれたライヴ音源から厳選。ピーター・アースキンとウェザーのドキュメンタリー映画『Calm Before the Storm』の製作指揮も執っているジョー・ザヴィヌルの息子トニーが共同プロデュース/リマスタリングした世界初CD化作品。 HMV&BOOKS online|2016年4月24日(日)
  • 史上初?!世界初?!ウェザー・リポート本が登場! 波瀾万丈の歴史を総括しつつ、作品レビュー、彼らが受けた影響や与えた影響、インタビューや名言、渡辺香津美、櫻井哲夫、ピーター・バラカンらが語った「私の好きな一枚」他、貴重な写真も掲載! HMV&BOOKS online|2014年5月29日(木)

フュージョン に関連する商品情報

  • BETTER DAYS40周年 高音質UHQCDリイシュー第2弾 1977年に日本コロムビアレコード内に立ち上げられたBETTER DAYSレーベルの設立40周年を迎えた高音質UHQCD再発の第2弾。24丁目バンド、ステップス、坂田明など1/31発売の10タイトルはこちら。 HMV&BOOKS online|1時間前
  • 業界最注目の新世代フュージョンバンド DEZOLVE ついにメジャーデビュー 2014年に結成された平均年齢23歳の新世代インストルゥメンタルフュージョンバンド DEZOLVE(ディゾルブ)がキングレコードより満を持してメジャーデビュー。硬派かつ正統派なフュージョンサウンド&テクニックを基盤としながら、メンバー各自のしなやかな感性が随所に光る”ビヨンド”フュージョンアルバム! HMV&BOOKS online|1時間前
  • J-FUSION 40th ANNIVERSARY SHM-CD COLLECTION 1300 [第2期] 2017年はJ-FUSION 40周年アニバーサリーイヤー。ワーナーミュージックが所有するJ-FUSIONのカタログを高音質SHM-CD&廉価1,300円(+税)にて限定再発。こちらは松岡直也『ハートカクテル』『日曜島へ』など第2期の17タイトル。 HMV&BOOKS online|4時間前
  • マライア名盤3タイトルも!NEXUS ROCK LEGEND ARCHIVE COLLECTION 第4弾 ジャパニーズロック伝説の名門レーベル NEXUSなどに残されたプログレッシヴロック、ハードロック、ヘヴィメタルの名盤・貴重盤・稀少盤を高音質Blu-spec CD仕様で再発。第4弾には、マライアの『YENトリックス』『アウシュビッツ・ドリーム』『レッド・パーティ』も登場! HMV&BOOKS online|4時間前
  • アドリブpresentsビクター和フュージョン [第2弾] 好評を博したビクター”和フュージョン”UHQCD復刻シリーズの第2弾が登場。渡辺貞夫、菊地雅章、鈴木勲、松原正樹、中本マリ、ギター・ワークショップなど10タイトル。 HMV&BOOKS online|4時間前
  • 【特価】ジャコ・パストリアス没後30年〜1984年ベース・ギター・ワークショップ@マルティニーク音源 2017年に没後30年を迎えた天才ベーシスト、ジャコ・パストリアス。命日にあたる9/21に、1984年12月仏領マルティニークで行なわれたラシッド・アリとのデュオによる「ジャコ・パストリアス・ベース・ギター・ワークショップ」パフォーマンスが登場。 HMV&BOOKS online|4時間前

おすすめの商品