CD 輸入盤

World Is A Ghetto

War (ウォー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8122710432
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1972
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
クレジット
:

B.B. Dickerson(Bass),  B.B. Dickerson(Percussion),  B.B. Dickerson(Vocals),  Charles Miller(Clarinet),  Charles Miller(Sax (Alto)),  Charles Miller(Sax (Baritone)),  Charles Miller(Sax (Tenor)),  Charles Miller(Vocals),  Harold Brown(Drums),  Harold Brown(Percussion),  Harold Brown(Vocals),  Howard Scott(Guitar),  Howard Scott(Percussion),  Howard Scott(Vocals),  Lee Oskar(Percussion),  Lee Oskar(Vocals),  Lonnie Jordan(Organ),  Lonnie Jordan(Percussion),  Lonnie Jordan(Piano),  Lonnie Jordan(Vocals),  Papa Dee Allen(Percussion),  Papa Dee Allen(Vocals),  Lee Oskar(Harmonica),  Lonnie Jordan(Timbales),  Papa Dee Allen(Bongos),  Papa Dee Allen(Conga),  Chris Huston(Engineer),  Howard Scott(Producer),  Jerry Goldstein(Producer),  Lonnie Jordan(Producer),  Bill Inglot(Remastering),  Bob Gordon(Photography),  Howard Miller(Design),  Joe Gastwirt(Mastering),  Ken Perry(Remastering),  Abbey Anna(Coordination),  Lee Oskar(Concept),  Art Slave

商品説明

"Why Can't We Be Friend"のヒットで知られるWarの3枚目のアルバムでゴールド・アルバムにも輝いている名アルバム。シングル・カットされた"World Is A Ghetto"、"Cisco Kid"は大ヒットを記録、当時の世相を反映したメッセージ色の強い歌詞も特徴だ。ラテンやロック、ジャズの要素をうまく取り入れた独特のストリート感溢れるサウンドは唯一無二。

収録曲   

  • 01. Cisco Kid, The (04:35)
  • 02. Where Was You At (03:25)
  • 03. City, Country, City
  • 04. Four Cornered Room (08:30)
  • 05. World Is a Ghetto, The
  • 06. Beetles in the Bog (03:51)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
↓ウォーはジャムバンドです。ジャムッた音...

投稿日:2009/12/18 (金)

↓ウォーはジャムバンドです。ジャムッた音源を切り貼りして曲にしているのです。ヴォーカリストもいません。だから、ジャミングをあまり入れ込まずに気長に楽しんでください。

haru さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
そんなに…イイ?

投稿日:2008/09/02 (火)

そんなに…イイ?

hot chiken さん | とぅきょ | 不明

0
★
★
★
★
★
タイトルが踊る、スライよりポップよりなんて、でも...

投稿日:2008/04/18 (金)

タイトルが踊る、スライよりポップよりなんて、でもスライと比べるべきではない、スライだけが目指す指標ではない・・・・・・・・日本語でおk

余り祭り上げるとろくな事になら さん | のがバカンブル | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

War

One of the most popular funk groups of the '70s, War were also one of the most eclectic, freely melding soul, Latin, jazz, blues, reggae, and rock influences into an effortlessly funky whole. Although War's lyrics were sometimes political in nature (in keeping with their racially integrated lineup), their music almost always had a sunny, laid-back vibe emblematic of their Southern California roots

プロフィール詳細へ

Warに関連する商品情報

  • WARが20年ぶりにニューアルバムをリリース! 西海岸ロングビーチが生んだゴキゲンなソウル/ファンク・バンド、WARが新作を引っさげ復活!ベスト盤のリマスターバージョンを収録した2CD仕様!タワー・オブ・パワー、ジョー・ウォルシュらゲスト参加。 HMV&BOOKS online|2014年5月14日(水)

ソウル/ファンク に関連する商品情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品