CD 輸入盤

Red Letter Days

Wallflowers (ウォールフラワーズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
493491
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
2002
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Greg Richling(Bass),  Jakob Dylan(Guitar),  Jakob Dylan(Vocals),  Lenny Castro(Percussion),  Mario Calire(Drums),  Mike Mccready(Guitar),  Mike McCready(Guitar),  Rami Jaffee(Keyboards),  Rusty Anderson(Guitar),  Val Mccallum(Guitar),  Courtney Kaiser(Vocals (Background)),  Jakob Dylan(Vocals (Background)),  Mario Calire(Vocals (Background)),  Mike Mccready(Voices),  Mike McCready(Voices),  Moe Z M.D.(Vocals (Background)),  Rami Jaffee(Vibraphone),  Ben Peeler(Lap Steel Guitar),  Greg Richling(Mini Moog),  Bill Appleberry(Engineer),  Bill Appleberry(Producer),  Bill Lane(Engineer),  Bob Salcedo(Engineer),  Dave Reed(Engineer),  David Reed(Engineer),  Tobias Miller(Engineer),  Tobias Miller(Producer),  Bill Appleberry(Programming),  Darrell Thorp(Assistant Engineer),  David Campbell(String Arrangements),  Ed Cherney(Mixing),  Femio Hernandez(Assistant Engineer),  Greg Richling(Group Member),  Jakob Dylan(Group Member),  Jamie Caliri(Art Direction),  Jamie Caliri(Photography),  Louie Teran(Editing),  Marina Chavez(Cover Photo),  Mario Calire(Group Member),  Miles Wilson(Assistant Engineer),  Rami Jaffee(Group Member),  Rich Tosi(Assistant Engineer),  Robert Vosgien(Mastering),  Stephen Marcussen(Mastering),  Tom Lord-Alge(Mixing),  Bill Lane(Engineering Consultant),  Ed Wong(Studio Technician),  Jamie Caliri(Packaging),  Ken Kraus(Legal Advisor),  Mark Anthony Williams(A&R),  Mark Williams(A&R),  Wallflowers,  Tim Durfey(Tour Manager)

商品説明

もうディランの息子率いるという枕詞は不必要でしょう!ウォールフラワーズ、前作『ブリーチ』より2年ぶりの4thアルバム!脱退したマイケル・ワードの代わりに、パール・ジャムのマイク・マックレディがギターで参加。一部では「親父超え」を果たしたとまで言われるジェイコブの才能はまだまだ未知数です!

収録曲   

  • 01. When You're on Top (03:54)
  • 02. How Good It Can Get (04:11)
  • 03. Closer to You (03:17)
  • 04. Everybody Out of the Water (03:42)
  • 05. Three Ways (04:19)
  • 06. Too Late to Quit (03:54)
  • 07. If You Never Got Sick (03:44)
  • 08. Health and Happiness (04:03)
  • 09. See You When I Get There (03:09)
  • 10. Feels Like Summer Again (03:48)
  • 11. Everything I Need (03:37)
  • 12. Here in Pleasantville (04:10)
  • 13. [Untitled Hidden Track] (03:31)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
打ち込みを導入したからか前作より少し軽く...

投稿日:2006/06/28 (水)

打ち込みを導入したからか前作より少し軽く、ポップに仕上がっててる感じ。リリースは秋でしたが、ラストのHere In Pleasantvilleのようにさわやかな曲が多い。夏にこのアルバムを聴くと、清涼感を運んできてくれて心地よく過ごせそうな感じがします。

じぇい さん | 岡山県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
ジャケのせいでしょうか、全体的にダークな...

投稿日:2006/04/17 (月)

ジャケのせいでしょうか、全体的にダークな雰囲気が漂っています。曲はいいのですが、打ち込みを使っている曲もあったりするので、なんとなく他のアルバムと比べて実験的な感じがします。

WISH さん | 東京 | 不明

0
★
★
★
★
★
彼らのアルバムでは群を抜いてると思う。変...

投稿日:2005/08/30 (火)

彼らのアルバムでは群を抜いてると思う。変に媚びてないしいい。秀作。

せばす さん | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Wallflowers

As part of the mid-'90s revival of roots-rock, the Wallflowers held a special connection to one of the original inspirations: vocalist/songwriter/guitarist Jakob Dylan. Though he is the son of a legend, Jakob's similarities to his father are occasional -- in fact, the Wallflowers are more influenced by Tom Petty & the Heartbreakers than original '60s folk-rock, though lyrically, Jakob remains a cl

プロフィール詳細へ

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品