CD 輸入盤

Oblivion With Bells

Underworld (アンダーワールド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
21581
組み枚数
:
1
レーベル
:
Ato
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
クレジット
:

Paul Clarvis(Drums),  Paul Clarvis(Percussion),  Andrew Dudman(Engineer),  Darren Price(Engineer),  Rick Smith(Producer),  Danielle Short(Group Member),  Darren Price(Group Member),  Darren Price(Programming),  Haydn Cruickshank(Group Member),  John Newsham(Group Member),  JOHN WARWICKER(Art Direction),  Karl Hyde(Composer),  Karl Hyde(Group Member),  Miles Showell(Mastering),  Pete Kalopsidiotis(Group Member),  Rick Smith(Composer),  Rick Smith(Group Member),  Scrap Marshall(Assistant Engineer),  Steven Hall(Executive Producer),  Toby Lovegrove(Group Member),  Toby Vogel(Group Member),  Underworld(Performer),  Colette Barber(Studio Manager)

商品説明

Like their heroes Kraftwerk, Underworld's Karl Hyde and Rick Smith appear to work in a completely sterile environment, unbothered by charts or sales projections or label concerns about their marketing abilities. They simply reemerge periodically with another full-length of precise but swinging techno, with vocals that somehow create a rather plaintive sense of detachment (Radiohead's similarity in this area should not be overlooked). More than 2002's A Hundred Days Off or 1998's Beaucoup Fish, Oblivion with Bells harks back to Underworld's 1993 rebirth with the epic Dubnobasswithmyheadman. (Even the cover design and accordion-style liner notes are similar.) The acid techno is firmly in place, with little or no regard for developments in the form after the '80s. Still, unlike other electronica mainstays who have occasionally revealed a little weariness -- either from trying to change or trying to stay the same -- Underworld never sound particularly tired on Oblivion with Bells. Granted, the music is less innovative than before, and also more quiet, which makes Hyde's vocals more critical than they've ever been. Unfortunately, however, they don't benefit from the scrutiny. Ring Road and Holding the Moth are particularly odd, utilizing Underworld's usual cut-and-paste phraseology, but with productions and performances that never come together like their classics Dark & Long or Pearls Girl. ~ John Bush, Rovi

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
8
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
2
★
★
★
★
☆
今までのアンダーワールド作品とは微妙に作...

投稿日:2008/01/21 (月)

今までのアンダーワールド作品とは微妙に作風が違う。もちろんいい意味で。聴いて損はしないでしょう。

Burroughs さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
冒頭の三曲だけ良かった。あとの残りの曲は...

投稿日:2007/12/09 (日)

冒頭の三曲だけ良かった。あとの残りの曲は自分的には微妙かも・・ 今回のこのアルバムは、決して万人ウケする内容ではないと思う。 DVDの方は、まぁまぁ良かったかな↑

YOU さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
派手に盛り上がれる曲はなくなったけど渋く...

投稿日:2007/11/30 (金)

派手に盛り上がれる曲はなくなったけど渋くて超サイコーの曲が何曲かあった。大人のテクノって感じ。

スリーピー さん | 東京 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Underworld

カール・ハイド(Vo, G)、リック・スミス(Key)、そして現在はソロ・アーティストとして旅立ったDarren Emerson(DJ)。この三人によって結成されたUnderworldは、 93年にでアルバム・デビューを飾る。モンスター・アルバム「Beaucoup Fish」、CD/DVDフォーマットの「Evrything Everything」の大ヒットでダンス・シーンからロック・シーンまで巻き

プロフィール詳細へ

Underworldに関連する商品情報

ハウス/クラブミュージック に関連する商品情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品