CD-R 輸入盤

Symphony: The Lost Session 1972 -With Tony Lee Trio

Tubby Hayes (タビーヘイズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ACMCD4383
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD-R
その他
:
輸入盤
クレジット
:

Tony Archer(Bass),  Tubby Hayes(Flute),  Tubby Hayes(Sax (Tenor)),  Alex Alstone(Composer),  Andre Tabet(Composer),  Jack Lawrence(Composer),  Jacques Prevert(Composer),  Jimmy Van Heusen(Composer),  Johnny Mercer(Composer),  Joseph Kosma(Composer),  Paul Francis Webster(Composer),  Roger Bernstein(Composer),  Sammy Fain(Composer),  Simon Spillett(Liner Notes),  Sonny Rollins(Composer),  Tommy Whittle(Quotation Author)

商品説明

英国ハードバップ・テナーの雄タビー・ヘイズが、亡くなる1年前の1972年に行なった未発表セッション音源がCD化。Storyville盤『Quartet in Scandinavia』をストックホルムで吹き込む10日前、72年2月8日、ノース・ウェンブリーでのライヴ録音。英国ジャズ界の名ピアニスト、トニー・リーのスウィンギーなプレイも聴きどころ。

Recorded Live at The Hopbine, North Wembley February 8th 1972

収録曲   

  • 01. Symphony
  • 02. Autumn Leaves
  • 03. A Certain Smile
  • 04. I Thought About You
  • 05. Sonnymoon For Two

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Tubby Hayes

One of England's top jazz musicians of the 1950s and '60s, Tubby Hayes was a fine hard bop stylist on tenor and occasionally vibes and flute. A professional at 15, Hayes played with Kenny Baker and in the big bands of Ambrose, Vic Lewis, and Jack Parnell during 1951-1955. He led his own group after that, and started doubling on vibes in 1956. Hayes co-led the Jazz Couriers with Ronnie Scott (1957-

プロフィール詳細へ

Tubby Hayesに関連する商品情報

  • ヘイズのロニースコッツ・セッション集 タビー・ヘイズのロニースコッツ・セッションをまとめた一枚。60年代半ばの英国ジャズ・シーンを牽引したジャイアント・テナーのノリにノッたアドリブを堪能。長らく入手困難でしたが嬉しい再CD化! HMV&BOOKS online|2013年9月10日(火)

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品