CD 輸入盤

『うたうだけ・・・』 村田厚生(トロンボーン)、河村泰子(ピアノ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
EZCD10020
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

日本トロンボーン界最後の大物
村田厚生、ついにCDデビュー。話題性絶大!
ピアノは吉松作品をライフワークとする河村泰子


中世の頃にはメロディ楽器として活躍し、「天使の声」と呼ばれて愛されたトロンボーン。現代音楽のスペシャリスト村田厚生が、その美しい音に回帰して、古今東西の名歌を存分に歌ったアルバムです。
 歌詞という束縛から解き放たれた旋律たちが、自由な息づかいで飛翔します。(ENZO Recordings)

【収録情報】
・パーセル:もっとも美しい島〜オペラ『アーサー王』より
・グルック:エウリディーチェを失って〜オペラ『オルフェオとエウリディーチェ』より
・メンデルスゾーン:春の歌〜『無言歌集』より Op.62-6
・ビゼー:おまえの投げたこの花は(花の歌)〜オペラ『カルメン』より
・ワーグナー:優しい夕星よ(夕星の歌)〜オペラ『タンホイザー』より
・ジーツィンスキー:ウィーンわが夢の街
・レハール:ヴィリアの歌〜オペレッタ『メリー・ウィドウ』より
・プーランク:愛の小径
・ヴァイル:情夫のバラード〜音楽劇『三文オペラ』より
・ゲーゼ:ジェラシー
・オットー・ハインル:愛しのトロンボーン
・モーツァルト:バターつきパン
・アンドルー・ロイド・ウェッバー:シンク・オブ・ミー〜ミュージカル『オペラ座の怪人』より
・バート・ハワード/野澤美香編曲:フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン
・バルトーク: ルーマニア民俗舞曲 Sz.56
・武満徹/野澤美香編曲:うたうだけ
・武満徹/野澤美香編曲:小さな空

 村田厚生(トロンボーン)
 河村泰子(ピアノ)

 録音時期:2012年2月28日〜3月1日
 録音場所:相模湖交流センター
 録音方式:デジタル(セッション)

内容詳細

タイトルのように、トロンボーンがメロディ楽器でもあるとアピールした一枚。現代音楽のフィールドで活躍する村田が、“天使の声”と呼ばれたトロンボーンの原点をあらためて見つめ直し、柔らかく表情豊かなこの楽器の音色を聴かせてくれる。共に“歌う”河村のピアノも楽しい。(堀)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

器楽曲 に関連する商品・チケット情報

  • バヴゼのハイドンのピアノ・ソナタ全集第6弾 世界屈指のフレンチ・ピアニズムの体現者、ジャン=エフラム・バヴゼ。フランス印象派からウィーン古典派へと舞台を移した、ハイドンのピアノ・ソナタ全曲録音プロジェクト。 ローチケHMV|21時間前
  • 小川典子のサティ第2弾 SACDハイブリッド盤。各誌で絶賛された第1弾に続き早くも第2弾が登場します。1890年製エラールによる演奏で当時の響きを追求。 ローチケHMV|2日前
  • ヴォロドス・プレイズ・ブラームス 超絶技巧の持ち主として知られるロシアのピアニスト、アルカディ・ヴォロドスの4年ぶりとなる最新作は何と完全無編集のブラームスの小品集。 ローチケHMV|3日前
  • ラローチャ・プレイズ・グラナドス(3CD) 20世紀スペインを代表する名ピアニスト、アリシア・デ・ラローチャがその晩年にRCAに録音したスペイン音楽の名演の中から、CD3枚分のグラナドスの作品をボックス化。 ローチケHMV|4日前
  • ペライア・プレイス・シューマン(6CD) ペライアのソニー・クラシカルへの初録音は1972年の「ダヴィッド同盟舞曲集」と「幻想小曲集」であり、それ以来折りに触れてシューマンのアルバムを録音しています。 ローチケHMV|4日前
  • ベヒシュタインのピアノを用いたダルベルトのフォーレ 洒脱な感性、作品と作曲家への深い考察、そしてそれらを音で表現するテクニックを併せ持つダルベルトが、美しい横の線(メロディ)と密度の濃い和声が織りなすフォーレ作品の世界を見事に解き明かします。 ローチケHMV|2017年3月22日(水)

おすすめの商品