CD 輸入盤

Transplants

Transplants

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
804482
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
2002
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Brody Armstrong(Vocals),  Danny Diablo(Vocals),  Dave Carlock(Bass),  Dave Carlock(Guitar),  Dave Carlock(Piano),  Dave Carlock(Synthesizer),  Davey Havok(Vocals),  Eric Ozenne(Vocals),  Matt Freeman(Bass),  Rob "SR" Aston(Vocals),  Son Doobie(Vocals),  Tim Armstrong(Bass),  Tim Armstrong(Bass),  Tim Armstrong(Guitar),  Tim Armstrong(Guitar),  Tim Armstrong(Percussion),  Tim Armstrong(Percussion),  Tim Armstrong(Synthesizer),  Tim Armstrong(Synthesizer),  Tim Armstrong(Vocals),  Tim Armstrong(Vocals),  Travis Barker(Drums),  Travis Barker(Drums),  Victor Ruggiero(Piano),  Dave Carlock(Vocals (Background)),  Lars Frederiksen(Vocals (Background)),  Victor Ruggiero(Organ (Hammond)),  Rob "SR" Aston(Scratching),  Tim Armstrong(Loops),  Tim Armstrong(Loops),  Dave Carlock(Engineer),  Dave Carlock(Producer),  Tim Armstrong(Engineer),  Tim Armstrong(Engineer),  Tim Armstrong(Producer),  Tim Armstrong(Producer),  Estavan Oriol(Artwork),  Estavan Oriol(Design),  Estavan Oriol(Photography),  Gene Grimaldi(Mastering),  Mister Cartoon(Artwork),  Mister Cartoon(Design),  Brody Armstrong

商品説明

ランシドのティム・アームストロングとブリンク182のトラヴィスによる噂のプロジェクト、トランスプランツ!意外な組み合わせとも思えるこの2人にさらにロブ“SR”アストンというスキンヘッドのいかつい兄ちゃんを加えパンク、ハードコア、スカ、ヒップホップ、打ち込み、ピアノetc...なんでもありで突っ走る!ランシドやブリンクを期待すると「ちょっと違うかも…」と思うかもしれないが、このひねくれ具合こそがティムってやっぱパンクスだなあと、逆に思う。

収録曲   

  • 01. Romper Stomper (03:18)
  • 02. Tall Cans in the Air (03:43)
  • 03. D.J. D.J. (04:01)
  • 04. Diamonds and Guns (04:01)
  • 05. Quick Death (03:36)
  • 06. Sad But True (04:26)
  • 07. Weigh on My Mind (03:22)
  • 08. One Seventeen (02:01)
  • 09. California Babylon (04:05)
  • 10. We Trusted You (04:35)
  • 11. D.R.E.A.M. (04:42)
  • 12. Down in Oakland (03:22)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
21
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ストリートで奏でるダンサブルな パンクサウンド! パンク...

投稿日:2007/06/03 (日)

ストリートで奏でるダンサブルな パンクサウンド! パンクやメタルのハードなサウンドとヒップホップのリズムとの調和加減が絶妙ですね。 Rancid、ティムの硬派なVoと Blink-182、トラビィスの ドラミングとの絡みにも注目です!!

Brite さん | 不明

0
★
★
★
★
★
”歌詞がないのはアメリカの文化らしい。あ...

投稿日:2006/03/03 (金)

”歌詞がないのはアメリカの文化らしい。あっちは日本と違ってカラオケが浸透していないから歌詞にこだわりは持っていないそうです。つまり雰囲気で楽しむ。まさにパンク!DIY精神だね!”

灰小僧 さん | 桜島 | 不明

0
★
★
★
★
★
ダークな曲もあるかと思えば、ティムのあの...

投稿日:2005/06/20 (月)

ダークな曲もあるかと思えば、ティムのあの独特のぺたぺたとした気持ちいいラップも聴ける。かといいつつブリブリのラップもゲストを招いてちゃんとやってる。おまけにベースはマット・フリーマン。ティムのOPIV時代、いやもっと前からの盟友だ。なんだかんだいって、いろんな意味で皆仲がいいのが伺えて面白い。 そういえば皆「ロブって誰?」って感じだけど、彼ってランシドのローディーだったスキンヘッド・ロブ じゃね?ランシドやサイプレス・ヒルのPVにも出てるよ。

SATANIC SURFERS PARADISE さん | ダ・フイの集会所 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Transplants

Punk rock veterans Tim Armstrong, Travis Barker, and Rob Aston formed Transplants in 2002. This supergroup was a friendly experiment, for Armstrong made a name for himself with Rancid and Barker was enjoying success with blink-182. Aston was a friend of theirs who moved to Los Angeles, but eventually music was at the center of their bond. Armstrong and Aston jammed for fun for the next two years,

プロフィール詳細へ

Transplantsに関連する商品情報

  • トランスプランツ、8年ぶりの新作! RANCIDのティム・アームストロングとBLINK182のトラヴィス・バーカーによるスーパー・サイド・プロジェクトTransplantsがなんと8年ぶりとなる3rdアルバムを発表! HMV&BOOKS online|2013年4月30日(火)

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品