CD 輸入盤

Tommy Flanagan Trio

Tommy Flanagan (トミー・フラナガン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
182
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1960
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Billy Byers(Trombone),  Charlie Persip(Drums),  Eddie Costa(Piano),  Hal Mckusick(Clarinet),  Hal Mckusick(Sax (Alto)),  Hal Mckusick(Sax (Tenor)),  Paul Chambers(Bass),  Roy Haynes(Drums),  Tommy Flanagan(Piano),  Tommy Potter(Bass),  Rudy Van Gelder(Engineer),  Andre De Lange(Composer),  Duke Ellington(Composer),  Haven Gillespie(Composer),  Irving Mills(Composer),  Manny Kurtz(Composer),  Mel Torme(Composer),  Tom Adair(Composer),  Tommy Flanagan(Composer),  Tommy Flanagan(Performer),  Tommy Flanagan Trio(Performer),  Kazue Sugimoto(Supervisor),  Esmond Edwards,  Roy Haynes,  Tommy Potter

商品説明

誤解を承知で言えば、本来のトミフラの持ち味は、『Overseas』や『Eclypso』にあるのではなく、本作にこそある。淡々とメロディを敷き詰め、そこから珠玉のソロラインを曳きだし、慈しむように昇華させていく、これこそはエラの下で多くの歌モノをこなしてきたトミーの最も優れた特色だ。
 後年に至るまでそうした特長は変わらない。
 「Enja」への諸作はそうした意味では、ハード・トミーの資質を見事に引き出したプロデューサー冥利に尽きる作品だった。
Tommy Flanagan(p) Tommy Potter(b) Roy Haynes(ds)
recorded 5/18/1960

収録曲   

  • 01. In The Blue Of The Evening
  • 02. You Go To My Head
  • 03. Velvet Moon
  • 04. Come Sunday
  • 05. Born To Be Blue
  • 06. Jes' Fine
  • 07. In A Sentimental Mood

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
歌伴のうまさからつむぎだされたフレーズや...

投稿日:2006/04/04 (火)

歌伴のうまさからつむぎだされたフレーズや旋律が奇麗だし、トミーフラナガンの本当の力と凄さが判る演奏の数々が詰まった一枚でこれを聴かずしてトミーフラナガンは語れない!素晴らしい!!

古今亭 さん | | 不明

0
★
★
★
★
☆
WEB上のジャケット、曲順まったく同じで以...

投稿日:2004/11/07 (日)

WEB上のジャケット、曲順まったく同じで以前LPが出ていました。勿論持っています。演奏は最高!!録音の せいでしょうが音質がクリアでないのが残念!特に In a sentimenntal moodは珠玉という言葉が当てはまります。CDで買いなおそうか思案中。 まだお持ちでない方には絶対お奨め!!!

Tommy's Fun さん | JPN | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Tommy Flanagan

Known for his flawless and tasteful playing, Tommy Flanagan received long overdue recognition for his talents in the 1980s. He played clarinet when he was six and switched to piano five years later. Flanagan was an important part of the fertile Detroit jazz scene (other than 1951-1953 when he was in the Army) until he moved to New York in 1956. He was used for many recordings after his arrival dur

プロフィール詳細へ

Tommy Flanaganに関連する商品情報

  • フラナガン円熟の80sライヴ音源 ジャッキー・バイアードとのデュオ音源発掘も記憶に新しいトミー・フラナガン、こちらも円熟の80年代未発表音源。トリオによるイタリア、ソロによるモントルー、いずれも初出ライヴ音源! HMV&BOOKS online|2013年10月2日(水)

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品