CD 輸入盤

Wildflowers

Tom Petty (トム・ペティ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
45759
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1994
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
クレジット
:

Benmont Tench(Organ),  Benmont Tench(Piano),  Benmont Tench(Piano (Electric)),  Benmont Tench(Piano (Grand)),  Brandon Fields(Saxophone),  Carl Wilson(Vocals),  Gary Herbig(Saxophone),  Howie Epstein(Bass),  Howie Epstein(Guitar (Bass)),  Howie Epstein(Vocals),  Jim Horn(Saxophone),  John Pierce(Bass),  Kim Hutchcroft(Saxophone),  Lenny Castro(Percussion),  Marty Rifkin(Guitar (Steel)),  Mike Campbell(Bass),  Mike Campbell(Guitar (Acoustic)),  Mike Campbell(Guitar (Electric)),  Phil Jones(Percussion),  Ringo Starr(Drums),  Steve Ferrone(Drums),  Tom Petty(Bass),  Tom Petty(Guitar (Acoustic)),  Tom Petty(Guitar (Electric)),  Tom Petty(Vocals),  Carl Wilson(Vocals (Background)),  Howie Epstein(Vocals (Background)),  Marty Rifkin(Pedal Steel),  Mike Campbell(Slide Guitar),  Tom Petty(Harmonica),  Benmont Tench(Harmonium),  Benmont Tench(Mellotron),  Howie Epstein(Vocal Harmony),  Mike Campbell(Harpsichord),  Tom Petty(Vocal Harmony),  Benmont Tench(Tack Piano),  Mike Campbell(Coral Sitar),  David Bianco(Engineer),  Jim Scott(Engineer),  Mike Campbell(Producer),  Richard Dodd(Engineer),  Rick Rubin(Producer),  Stephen McLaughlin(Engineer),  Tom Petty(Producer),  Benmont Tench(Orchestration),  Jeff Sheehan(Assistant Engineer),  Joe Barresi(Assistant Engineer),  Kenji Nakai(Assistant Engineer),  Martyn Atkins(Art Direction),  Martyn Atkins(Design),  Martyn Atkins(Photography),  マイケル・ケイメン(Conductor),  マイケル・ケイメン(Orchestration),  Richard Dodd(Mixing),  Robert Sebree(Photography),  Stephen Marcussen(Mastering),  Steve Holroyd(Assistant Engineer),  George Drakoulias(Consultant),  Alan Weidel(Equipment Manager),  Alan Weidel(Logistics),  George Drakoulias

商品説明

ワーナーに移籍しての第一弾となる、トム・ペティの1994年度作。ソロ名義としては『フル・ムーン・フィーヴァー』に続く二作目となるが、バックの大半はハートブレイカーズの面々。ボブ・ディランを始めとするさまざまな米ロック・ミュージシャンとの交流が深く、ひとの良さが音にもうまく醸し出される彼の味は、ここでもいぶし銀のような渋さを持つ。リンゴ・スターやカール・ウィルソンがゲスト参加。またトム・ペティ&マイク・キャンベルというお馴染みのプロデュース・クレジットに、新機軸のリック・ルービン・プロデュースも加わる。

収録曲   

  • 01. Wildflowers (03:11)
  • 02. You Don't Know How It Feels (04:49)
  • 03. Time To Move On (03:15)
  • 04. You Wreck Me (03:22)
  • 05. It's Good To Be King (05:10)
  • 06. Only A Broken Heart (04:30)
  • 07. Honey Bee (04:58)
  • 08. Don't Fade On Me (03:32)
  • 09. Hard On Me (03:48)
  • 10. Cabin Down Below (02:51)
  • 11. To Find A Friend (03:23)
  • 12. Higher Place, A (03:56)
  • 13. House In The Woods (05:32)
  • 14. Crawling Back To You (05:05)
  • 15. Wake Up Time (05:19)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
 聴いてるとやっぱりディランっぽいな、と...

投稿日:2002/11/22 (金)

 聴いてるとやっぱりディランっぽいな、とかフォーク時代のバーズっぽい曲だな、とか“ワイルド・ホーシズ”を演奏するストーンズみたいだな、とか思ってしまいます。Bまではゆったりしたフォーク・ソングが続くが、Cはノリの良いロック・ナンバー。かつての不自然なほどのハイトーン・ヴォイスはここにはないけど、こういう穏やかなトムもまた魅力的。乾いた中に適度な湿り気と言うか、ナイーヴさと言うか、普通のアメリカン・ロックとはどことなく違う雰囲気。なんとなくノスタルジーまで感じてしまう、一種の“郷愁感”が含まれている。

かじ さん | 東京 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Tom Petty

Upon the release of their first album in the late '70s, Tom Petty & the Heartbreakers were shoehorned into the punk/new wave movement by some observers who picked up on the tough, vibrant energy of the group's blend of Byrds riffs and Stonesy swagger. In a way, the categorization made sense. Compared to the heavy metal and art rock that dominated mid-'70s guitar rock, the Heartbreakers' bracing re

プロフィール詳細へ

Tom Pettyに関連する商品情報

  • 【追悼特集】トム・ペティ アメリカを代表するミュージシャン、シンガーソングライターであるトム・ペティが心臓発作により10/2に亡くなった事が伝えられました。享年66歳。心よりご冥福をお祈り申し上げます。 HMV&BOOKS online|2017年10月3日(火)
  • トム・ペティ名盤8タイトルがアナログ・ディスクで復活 大ヒットとなった79年リリースのサードアルバム『Damn The Torpedoes』から91年リリースの『INTO THE GREAT WIDE OPEN』の8タイトルが、アナログ・ディスクで再登場。 HMV&BOOKS online|2017年5月25日(木)

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品