CD

Clear

To overflow evidence

基本情報

カタログNo
:
UBKR010
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

福島県いわき市が輩出した、ポスト叙情派インディーローカルヒーロー
To overflow evidence
約4年ぶりの新作となる2ndフルアルバム発表!

2002年の結成から今年で15周年を迎える、福島県いわき市が日本に誇るローカルヒーロー、To overflow evidence。
単独作としては約4年ぶり、フルアルバムとしては約6年ぶりとなる、待望の2ndアルバムが遂に解禁!

激情ハードコアを基盤とした音楽性からスタートした彼等。よく比較に上がるバンドだと、envy / heaven in her arms等があげられるが、激音/壮音系のバンドとは似て非なる深化を遂げており、作品を増す毎に独自の暖かみのあるメロディーラインと【静】と【動】が交差したエモーショナルかつキャッチーな楽曲に磨きをかけてきた。
ボーカル・後藤の叫び声を主とした歌唱は、所謂絶叫系とは異なり、言葉の響きを大切にした歌の延長にあるエモーショナルな声を聞かせる。楽曲面でも、感情を揺さぶる激情的なアプローチを随所残しつつ、より2本のギターの奏でる旋律の繊細さと耳に残るキャッチーさに磨きがかかり、インディーロックともハードコアとも異なる楽しみ方ができる。どこにも属さないその音色は、彼等にしか鳴らせないまさに唯一無二のもの。

2017年3月にリリースされたKEEP AND WALK 10周年コンピ作品へ収録した「足跡」、2013年にリリースした、京都のnimとのスプリット作品『Suggesting the possibility』へ収録した「跡に幻」「舟を編む」の2曲も収録。
ジャケットは、yuvikiri zukei (向達郎 / kamomekamome)がデザインを手掛ける。

2012年から続く地元で彼等が主催する野外フェス"ONAFES"は今年も8月末に開催が決定しており、結成15周年、待望の2ndフルアルバム発売と、今年は彼等から目が離せない!

(メーカーインフォメーションより)

収録曲   

  • 01. 足跡
  • 02. back to back
  • 03. たられば
  • 04. rev
  • 05. 跡に幻
  • 06. リピート
  • 07. エンドロール
  • 08. ただそれだけ
  • 09. 舟を編む
  • 10. Clear

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

パンク/ハードコア に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品