この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD

Back To The Tracks

Tina Brooks (ティナブルックス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCJ4052
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Art Taylor(Drums),  Blue Mitchell(Trumpet),  Jackie Mclean(Sax (Alto)),  Kenny Drew(Piano),  Paul Chambers(Bass),  Tina Brooks(Sax (Tenor)),  Alfred Lion(Producer),  Rudy Van Gelder(Engineer),  Don Meyer(Composer),  Jay Livingston(Composer),  Ray Evans(Composer),  Sherman Edwards(Composer),  Michael Cuscuna(Reissue Producer)

商品説明

The music that comprises Back to the Tracks was recorded in September 1960, months after the sessions for True Blue, but it sat on the shelves until Mosaic reissued it as part of their Complete Blue Note Recordings box, even though it was penciled in for release. Like Minor Move, Tina Brooks first session that stayed unreleased for over 20 years, Back to the Tracks is an excellent hard bop set, and it's hard to understand why it wasn't released at the time. Brooks leads a fantastic band featuring alto saxophonist Jackie McLean, trumpeter Blue Mitchell, pianist Kenny Drew, bassist Paul Chambers and drummer Art Taylor through three originals and two standards. Each musician has opportunity to shine, but Brooks remains the center of attention. His style is remarkably fluid, capable of graceful, elegant turns on the ballads and clean, speedy improvisations on the up-tempo bop. Each of the five songs have breathtaking moments, confirming Brooks talents as a saxophonist, composer and leader. Listening to Back to the Tracks, it's impossible to figure out why the record wasn't released at the time, but it's a hard bop gem from the early '60s to cherish. ~ Stephen Thomas Erlewine, Rovi

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
”ハードバップとは曲の面白さにある”とは名...

投稿日:2012/12/16 (日)

”ハードバップとは曲の面白さにある”とは名言であり、T.ブルックスにもGypsie Blueなどの名曲はある。ただし、本盤は少し違う。@、B、Dは単なるリフ曲であるが、ブルックスのソロのパートに入ると、にわかに、音楽が躍動し、聴く者を悦ばせる。B〜Dが良く、体にブルースが染み込んでくる。K.ドリューが曲に合った良いソロをとる。J.マクリーンの参加はAのみ。

sapphire さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
LP時代は幻の名盤の究極だったらしいが、CD...

投稿日:2011/06/21 (火)

LP時代は幻の名盤の究極だったらしいが、CDでは簡単に手に入るようになった。 スロー〜ミディアムテンポ主体でなかなか良い雰囲気。典型的なハードバップ。

もんきい さん | 秋田県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ブルックスも勿論良いですが、ここでのB・...

投稿日:2004/10/30 (土)

ブルックスも勿論良いですが、ここでのB・ミッチェルがまた最高です。別に派手なプレイでもないんですけどね。。Cはスタンダードですが、この演奏が一番好きです。Dのエキゾチックなメロディとその後のソロはいうことなしです。

ゆ さん | 宮城県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Tina Brooks

1932年アメリカ・ノースカロライナ州フェイエッテビル生まれ。ピアニストの父親の元に生まれ、12歳の時にN.Y.のブロンクスに移住。一時故郷に戻るものの、イースト・ハーレムのスクールで音楽を専攻し級友と演奏活動を開始。51年にレコード・デビューを果たし、50年代前半はN.Y.のラテン・バンドやR&Bのグループに加わって

プロフィール詳細へ

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品